※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

リリーホワイト

能力:『春が来たことを伝える程度の能力』
所属:フリー (第37回大会~)   

ファイト・スタイル

フライングW

タッグチームの軽業担当。スプリングボード(トップロープに飛び乗って放つ飛び技=スワンダイブ)を得意とする。

『ハルデスヨー』

技ではないが、これを抜きにして彼女を語ることは出来ないという重要なギミック。
おもに入場時のマイクパフォーマンスにおいて、相方のリリーブラック吹き替え で挑発的な言葉を並べ、
そのフリに対して 吹き替え で『ハルデスヨー』と返す、というもの。
オリジナルはKAIENTAI(カイエンタイ)のTAKAみちのく&フナキ(現カンフー・ナキ)。
WWF(WWE)で「英語が話せない」ギミックが展開され、明らかに口の動きと声が合っていない吹き替えでマイクパフォーマンスを行った。
その中でフナキに与えられた台詞は「Indeed!!(ルミエール訳で“さよう”)」の一言だけであった。

春カマニア(はるかまにあ)

リング上のパフォーマンス。手を耳に当てて声援を力に変える。
ファンはそれに対し「ハルデスヨー」と言おう。
オリジナルは当然ながら、ハルク・ホーガン本人を象徴するパフォーマンスである。
※正確には、このパフォーマンスではなく、それに対して応えるファンがホーガンに対するハルカマニアであり、
リリーに対する春カマニアであるが、まぁそんな細かいこたぁどうでもいいじゃねぇか(小町談)

スプリングトーホールド

仰向けにダウンした相手の片脚を自分の足のふくらはぎに巻きつけて、
その脚を軸にしてグルグル回ることによって相手のつま先を絞り上げる。
相手の足首、膝関節を極める技。
オリジナルはもちろん、ファンク兄弟のスピニング・トーホールド。

ソバット

足裏で相手のボディを蹴る変形後ろ回し蹴り。
デビュー戦からいくつかのバリエーションを公開している。

その他の技

足掛け延髄斬り、飛びつき後方回転エビ固め、カニ挟み、DDTなど。

戦績

対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
以下は、第40回興行時点。
大会 試合 形式 対戦相手 試合動画 試合結果 備考
第37回大会 第3試合 TAG(X) ルナサ,レティ sm5817163 ●(17:56 ルナサ・クロスアームスープレックス)
第38回大会 第1試合 2vs1ハンディキャップマッチ(リリーブラック) 咲夜 sm6142794 ●(12:38 咲夜・飛びつき前方回転エビ固め
を押しつぶしてのエビ固め)
ピンを取られたのはリリーブラック
第40回大会 第1試合 3vs3(,リリーブラック) レミリア,パルスィ,ヤマメ sm9304557 ○(16:06 ジャンピングDDT()・パルスィ)

  • シングル なし
  • タッグ 1戦0勝1敗 (リリーホワイトがフォールされた負けは1回)
  • 6人タッグ 1戦1勝0敗 (リリーホワイトがフォールした勝ちはなし)
  • その他
    • 1vs2ハンディキャップマッチ 1戦1敗

タイトル歴

なし

人間関係



入場曲

天空の花の都

満を持して、第37回から登場した、春を告げる妖精。
リリーブラックとのタッグ(一応東プロにおいては別キャラです)で登場。
「ハルデスヨー」の一言で、東プロに新しい風が吹いた。
(後にやはりというか、こいつの吹き替えと発覚)
デビュー戦は敗北したが、粘れるスタミナがあるらしく、今後に注目である。

ちなみに、対戦相手はルナサレティ
レティがめずらしく鬱だったが、それもそのはず、
リリーは天敵である。春が来ると冬の妖怪は出番がなくなるのだ。
(東プロではさすがに引退とかはないと思います)