※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

タッグ<基本用語>
<用語集トップへ戻る>

基本的には「2人組」の事を指すが、一部プロレス試合放送では3対3のタッグマッチは「6人タッグ」、
4対4の場合は「8人タッグ」等、試合を行う総人数を名称の前に付ける事もある。
普段固定のタッグチームに属さないレスラーがタッグチームを組み試合に臨むこともあるが、
東方プロレスではユニット内での組み合わせが多い。

シングル戦とはまた異なった醍醐味があり、2人合わせての合体技やコンビネーション等で魅せる事により
2人揃って輝きを増すレスラーもいる。
ギミックも数多く、「師弟」「兄弟(本来の兄弟でなくギミック上の兄弟や精神的結びつきな兄弟もある)」「大物への共闘」等あり。タッグを解消する際は「仲間割れ」が多く、遺恨発生から次への戦いへと結びつけるシナリオとして多く使われている。

著名なタッグとしては古くはドリー・ファンクJr.&テリーファンクによる「ザ・ファンクス」、
ホーク・ウォリアー&アニマル・ウォリアーの「ザ・ロードウォリアーズ(リージョン・オブ・ドゥーム)」。
日本では邪道&外道のコンビや橋本真也&小川直也の「ON砲」、天山広吉&小島聡の「天コジ」等。

東方プロレスでは代表的なタッグユニットとしてもこけーねがある。
また、あやこまのようなコミカルなタッグや、ゆうさなの様に敵同士のタッグユニットも発生しているため
今後また、どのようなタッグユニットが出てくるかも見ものである。

1+1は2じゃないぞ。
オレたちは1+1で200だ!10倍だぞ10倍!!