※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

全日本プロレス<実在のプロレス団体>


1972年にジャイアント馬場が創立した老舗プロレス団体。
初期は馬場がアメリカ時代に培った人脈を生かし、海外スター選手を招聘。力道山の日本プロレス時代伝統の
「日本人レスラーVS外国人レスラー」の系譜を受け継いだ、純プロレスを行う。
その後、天龍源一郎、ジャンボ鶴田の台頭、長州力等ジャパンプロレスの参戦もあり、
「明るく、楽しく、激しいプロレス」をメインコンセプトに掲げ、日本人選手同士の対決をメインにシフトし、
馬場は高年齢等の理由もあってじょじょに、前座試合やフロント業に専念する。

1990年に、天龍を初めとする多くの選手の大量離脱により、存続危機となるが絶対エースと君臨していた鶴田に、
2代目タイガーマスクから素顔に戻った三沢光晴率いる「超世代軍」が挑む形となり、大きなムーヴメントとなる。
後、鶴田が病気のため一線を退くと、三沢小橋健太・川田利明・田上明ら「四天王」が中心となり、
「相手の全ての技を受けきり、その上で勝つ」という馬場「受けの美学」 が底流にあると言われる、
王道プロレス・四天王プロレスと呼ばれる危険度の高い技の応酬や激しい消耗戦が主流スタイルとなった。

だが、1999年に創立者である馬場が逝去。2000年5月には鶴田も逝く。
同月には三沢が社長に就任していたが、フロント等との対立があり再度選手の大量離脱が発生。
三沢プロレスリング・ノアを創立し、移籍。川田等、一部のレスラーのみが残留した。

その後、天龍の復帰やフリーランスの選手、馬場時代からの外国人レスラー達の参戦により運営していたが、
今まで対極と言われ続けた新日本プロレスへと参戦。新日との対決が行われる。
その後、武藤敬司が三冠ヘビー級王者となり、2002年には新日を退団した選手達と共に入団、社長となる。
「明るく、楽しく、激しく、新しいプロレス」をメインコンセプトに、今までのプロレスを踏襲しつつ、新しいカラーとして、
ヒールユニットとの対決・他団体との交流戦、物真似芸能人とのコラボレーションによる、コミカルさをメインに打ち出した
興行等を行い、武藤が提唱する「パッケージプロレス」が行われている。

また、若手選手育成を目的とした若手VSベテランの「試練の○番勝負」シリーズを何度か行い、
鶴田を初め、多くのトップレスラーはこの戦いをくぐり抜けている。

東方プロレスでの紅美鈴美鈴五番勝負魂魄妖夢魂魄妖夢の斬撃五番勝負!
これがモデルと思われる。