アリス・マーガトロイド

能力:『魔法を扱う程度の能力』『人形を扱う程度の能力』
所属:正規軍(旗揚げ戦~第10回大会)、
   博麗神社(第11回大会~第31回大会、正規軍を改名)
   ARMS(第32回大会合流、第33回大会より始動)

ファイト・スタイル

七色のサブミッション使い

元来の階級はU3級。しかし無差別級の厳しい戦いに身をおいている。
そのため『プロレスはブレイン』を信条に置いてのテクニカルな戦い方をみせる。
初期では投極を中心として、特にサブミッションや締め技に関しては東プロきっての鋭さを誇る。
反面格上の場に身を置いている関係で純粋なパワー戦に脆く
相手のパワーを受ける前に極めることが求められている頭脳的なレスラーである。
しかしめまぐるしい無差別級戦線に置いて、最前線に立つ為にその頭脳が導き出した答えは
『パワーも組み入れたブレインレスリング』であり、最近では全身を使った打撃技も披露している。
無差別級の選手と対等に渡り合う、U3超級と称される選手の一人である。

首吊り蓬莱人形

アリスのフィニッシュホールド。
旗揚げ当初から締め技をフェイバリットとする選手が少ない中、貫かれてきた技の一つ。
スタンドの肩固めから巻き投げるようにグラウンドに移行。
仰向けにダウンした相手の首の関節を極めると同時に、相手の肩も利用し頚動脈を絞める。
相手の胸の上に乗る態勢になるので、肺が膨らまず呼吸もできなくなる。
たとえタップアウトはなくとも確実に相手へのダメージを通す。
オリジナルは本田多聞(NOAH)の回転地獄五輪パート0(ゼロ)。
技名は、東方妖々夢で用いた『咒詛「首吊り蓬莱人形」』より。

ドールミラセティ

フォールまで繋がる投げのフィニッシュホールド。
デスバレーの要領で担いだ相手を開脚ドライバーで落とす。
オリジナルはミラクルマン(大阪プロレス)が素顔時代に開発したハリケーン・ドライバー。
(ミラクルマンとしては「ミラクル・ハリケーン」の名称で使用)
また太陽ケア(全日本)のTKO(Taiyo Kea Original)も同型である。
技名は、東方文花帖で用いた『赤符「ドールミラセティ」』

ジャンピングビッグブート

俗称蹴リス砲。
『パワーを組み入れたブレインレスリング』のために開発された。
相手をロープに振り、自らもロープを利用したカウンター気味の顎へのキック。
的確に当たると同性能の相手なら沈んでしまうくらいの威力がある
ブレインレスラーとは思えないパワー技。

ロイヤルストレッチ(仮)

うつぶせにダウンした相手にかけるもう1種類の複合サブミッション。顔・背・足の3点へのダメージを狙う技。
オリジナルはWWEのウィリアム・リーガル卿。
解説の言葉ではロイヤルストレッチ。
これは"ロード"スティーブン・リーガルのリングネームで新日本に参戦した頃の技名で、
今ではリーガルストレッチの名で知られている。
大分類はSTF(Stepover Toehold with Facelock)で、数少ないグラウンドで盛り上がる技。

捕われの魔理沙人形

魔理沙相手限定の必殺サブミッション、との触れ込みだが、
実際に魔理沙に対して使ったことがないのはアリスらしいというかなんと言うか。
その威力は某イケメンのサンダーデスキックに匹敵するらしい。
簡潔に説明するとハンマーロック+河津掛けの体勢から入る変形のグラウンド卍固め。
日本ではドクトル・ワグナーJr.によって認知された技で、オリジナルはリンゴ・メンドーサのリンギーナ。
ちなみにファイプロでは何故かシリーズを通して「メキシカンストレッチ」と呼ばれている。

トライアングルランサー

相手の首に足をかけ、片腕も取った状態で横に回転、相手を仰向けにテイクダウン。
そこから片膝をついて自分の上半身を起こし、相手の首を絞り上げ、更に掴んだ片腕を関節と逆方向に反り上げる。
(最終的にはストラングルホールドを極めた形になる)
オリジナルは新日本プロレスの井上亘。

コブラクラッチ・スープレックス

コブラクラッチ(相手の片腕も利用する変形スリーパー)を極めたまま、真後ろに反り投げる。
オリジナルはジョニー・エース。

スピニング・チョーク

37回大会のLU3W、対美鈴用に使用された絞め技。別名アナコンダ・チョーク。
がぶった状態から首横に腕を差し入れ相手の脇の下を通して腕を組み、差した腕と同側の足を後にひくように半回転し、裏返ったら足を相手に近づけるように動き圧力をかけ絞める。
チョークといいつつ絞めの形としては三角絞めと同じであり、裸締めと同様、徐々に意識を失わせる技である。
因みに、あらゆる頚部への絞め技は二つに分類できる。
頚動脈を絞めるスリーパー型と喉仏近辺を圧迫するチョーク型である。本技はスリーパー型といえる。
スリーパー型は頚動脈を絞める事により脳への血流を一時的に途絶えさせ、意識を失わせる。
チョーク型は喉仏近辺を圧迫する事により、一瞬でギブアップさせる。
アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラが PRIDE GP2004 で公開したことで認知された技。

各種関節・絞め技

エスカルゴ、首四の字固め、胴締めスリーパー、雪崩式腕十字、雪崩式DDT、ジャストフェイスロック、ゴッチ式パイルドライバーなど引き出しが多い。

戦績

+全戦績 -ネタバレを含むので注意-
以下は、第40回大会時点。
大会 試合 形式 対戦相手 試合動画 試合結果 備考
旗揚げ大会 第1試合 SINGLE 咲夜 sm2511943 ●(17:46 ルナクロック)
第04回大会 第1試合 LTW初代王者決定トーナメント一回戦第1試合(魔理沙) 霊夢, sm2583887 ●(22:58 霊夢・腋固め)
第05回大会 第4試合(メイン) 3vs3(霊夢,魔理沙) レミリア,フラン,咲夜 sm2641272 ●(20:28 レミリア・グングニル)
第07回大会 第3試合 8wayBR 小町,萃香,永琳,,
妖夢,,慧音
sm2714952 ●(3:52 自爆OtTR) 最初の脱落者
第08回大会 第1試合 SINGLE レミリア sm2753237 ●(6:44 不夜城レッド)
第⑨回大会 第3試合 TAG(魔理沙) 妹紅,慧音 sm2809925 ●(22:40 妹紅・ブレーンバスター) ピンを取られたのは魔理沙
第11回大会 第3試合 3vs3(霊夢,萃香) ,, sm2873345 ●(17:48 ・飛びつき後方回転エビ固め) ピンを取られたのは萃香
第12回大会 第2試合 LTU暫定王者決定戦(霊夢,萃香) X1,X2,X3 sm2894657 ○(23:24 妖怪バスター(霊夢)・X3)
第13回大会 第4試合 LTU初代王者決定戦(霊夢,萃香) 早苗,神奈子,諏訪子 sm2940485 ●(18:43 早苗・神の風) ピンを取られたのは萃香
第14回大会 第3試合 4vs4『反紅魔館連合衝突戦』(レミリア,咲夜,霊夢) フラン,永琳,魔理沙,X sm2973047 ○(26:18首吊り蓬莱人形X) 自身の初ピン
第15回大会 第2試合 SINGLE『JUSTICE is MINE 魔理沙 sm3031349 ●(13:22 ドラゴンメテオスープレックス)
第16回大会 第3試合 SINGLE『JUSTICE is MINE 魔理沙 sm3107819 -(無効試合) 東プロ初の反則による無効試合裁定
第17回大会 第4試合 TAG『JUSTICE is MINE』(映姫) 魔理沙,フラン sm3180803 ○(21:15ダブルアームスープレックスホールド魔理沙)
第18回大会 第5試合 LU3W次期挑戦者決定BR 穣子,,美鈴 sm3292279 ○(24:22首吊り蓬莱人形美鈴) 勝ち残り
第19回大会 第5試合 LU3Wタイトルマッチ sm3342429 ●(16:16 飛翔毘沙門天)
第21回大会 第6試合(メイン) TAG(魔理沙) 幽香,フラン sm3512231 -(無効試合)
第23回大会 第5試合 3vs3(霊夢,萃香) ,魔理沙,X sm3657399 ○(18:35 ショートレンジ百万鬼夜行(萃香)・X)
第24回大会 第1試合 3vs3(霊夢,萃香) てゐ,鈴仙,輝夜 sm3714621 ○(16:43 百万鬼夜行→片エビ固め(萃香)・鈴仙)
第26回大会 第4試合 3vs3(メディ,萃香) 美鈴,咲夜,レミリア sm3868130 ○(17:40 百万鬼夜行(萃香)・咲夜)
第27回大会 第2試合 SINGLE 鈴仙 sm3933045 ○(11:40ジャンピングビッグブート) シングル初勝利
第28回大会 第3試合 3vs3(鈴仙,メディ) 魔理沙,,M.D sm4014033 ○(16:02ジャストフェイスロック)
第29回大会 第4試合 TAG(霊夢) 魔理沙,M.D sm4144215 ●(13:33 魔理沙・ドラゴンスープレックス) ピンを取られたのは霊夢
第30回大会 第3試合 4vs4(霊夢,萃香,鈴仙) 妹紅,慧音,てゐ,リリカ sm4228092 ●(18:25 てゐ・幸せ四つ葉のクローバー) ピンを取られたのは鈴仙
第31回大会 緊急試合 LTWタイトルマッチ(萃香) 妹紅,慧音 sn4340481 ●(21:56 慧音・日出づる国の天子) ピンを取られたのは萃香
第32回大会 第4試合 4vs4(メディ,鈴仙,萃香) 輝夜,慧音,妹紅,霊夢 sm4413129 ●(23:51 霊夢・夢想封印)
夏フェス 第4試合 8Wayマスク着用BR 最終鬼畜全員MD sm4447531 ●(15:23 紫M.D・スタンディング・ムーンサルト) 緑M.Dとして出場
最後の4人まで残る
第33回大会 第1試合 3vs3(鈴仙,萃香) 諏訪子,神奈子,早苗 sm4819679 ●(15:51 早苗・エルボーは儚き人民のために) ピンを取られたのは鈴仙
第35回大会 第3試合 TAG(鈴仙) 咲夜,美鈴 sm5479139 ●(14:15 咲夜・ジャックザリッパー) ピンを取られたのは鈴仙
第36回大会 第5試合 LU3W次期挑戦者決定戦 レティ sm5634326 ○(19:29首吊り蓬莱人形)
第37回大会 第11試合(ダブルメイン) LU3Wタイトルマッチ 美鈴 sm5885147 ●(19:06 右ハイキック)
第38回大会 第6試合 4vs4(萃香,鈴仙,メディ) 幽香,永琳,魔理沙, sm6239859 ○(17:47 百万鬼夜行(萃香)・幽香)
第39回大会 第5試合 SINGLE 魔理沙 sm6548762 ●(13:06 マスタースパーク)
第40回大会 第6試合 4vs4(鈴仙,萃香,メディ) 映姫,,小町, sm9921097 ○(22:55 インビジブルハーフムーン(鈴仙)・)

  • シングル 9戦2勝6敗1無効試合
  • タッグ 7戦1勝5敗1無効試合 (アリスがフォールした勝ちは1回・アリスがフォールされた負けは1回)
    • マリアリ魔理沙とのタッグ) 3戦0勝2敗1無効試合 (アリスがフォールされた負けは1回)
  • 6人タッグ 9戦5勝4敗 (アリスがフォールした勝ちは1回・アリスがフォールされた負けは1回)
  • 8人タッグ 5戦3勝2敗 (アリスがフォールした勝ちは1回・アリスがフォールされた負けは1回)

  • 多いフィニッシュ技
    • 首吊り蓬莱人形 (3回)

シングル、タッグが黒星先行(どころか白星がほとんどない)なのは、アリスが本来の自分の階級であるU3級ではなく
無差別級メインで戦っていることや、マリアリ絡みなどのアングルで不利な試合を組まれることが多いため
やむを得ない部分があると考えられている。それに対して、6人タッグ、8人タッグといった、自分が「試合に出ていない」
部分で勝利に貢献できる試合では勝ち星が先行しているあたり、さすが「ブレインプロレス」の体現者と唸らされる。

タイトル歴

LTU王座

暫定王座(タッグパートナー:霊夢,萃香) 防衛回数0回


人間関係



入場曲

人形裁判 〜 人の形弄びし少女

-東プロ混迷の中心 旗揚げ大会~

東プロ混迷の中心 旗揚げ大会~

記念すべき東プロ旗揚げ興行の第1試合を任されるなど、団体初期から重宝されている選手。
本来の階級を格上げしての無差別級挑戦は本人の強い意志からだと言う。

正規軍に身を置く正義のタッグアリマリとして東プロタッグ戦線を走り抜けていくかと思われていた矢先
ふとしたはずみかタッグパートナー魔理沙と不和に陥り、修復不能に。
他の要因と重なり魔理沙はヒールターンして紅魔館に移籍。アリスは本人の思い、パートナー、そして主戦場を失ってしまう。

時を同じくしてヒールとして輝きを増してきた紅魔館に対抗すべく、正規軍博麗神社に改名。
アリスは霊夢,萃香と共にユニット戦へを身を置くが
紅魔館分裂を機会に魔理沙との個人的全面抗争を展開開始。
この時期は双方の軍団,本部まで巻き込んで発展し
JUSTICE is MINE抗争(第15~17回大会)として呼ばれている。

またその後魔理沙第二期紅魔館参入組が起こしたJudgement Day事件(第21回)の
悲劇の演出材料にされてしまい、後のO.D.S結集後も全面対決姿勢を見せている。
ある意味東プロのメインストーリー上に必ず存在する人物である。
もう一人のメイン人物である魔理沙との関係は、決裂以降今日まで一切の和解が成立していない。

当人が望む望まないを置いて、GM軍出現までの間図らずも『主役の一人』となっていた。
+ファイトスタイルの模索、実力者として 第27回大会~第32回大会

ファイトスタイルの模索、実力者として 第27回大会~第32回大会

アリスは今日までマッチメイクやパートナーに恵まれないという不遇の存在ではあるが
確固たるテクニックは貫かれており、少しでも実戦に挑むという覚悟からか本来階級のU3級戦線にも参加。
当人の意識次第では、タイトルという名の輝かしい光が当たる日は近いかもしれないといわれていた。
それが顕著に現れ始めたのは第27回大会から。
奇しくもGM軍発足による新ストーリーライン要員からは一歩外れた形となったアリスではあったが
ブレインプロレスとした関節技に固執するのではなく、遺恨のある魔理沙を自らの力で倒すためには進化が必要として
パワープロレスを織り交ぜた発展系を披露した。
以降一選手として試合に出る毎にU3級ながら無差別級選手を追い込める光景が繰り広げられる事となり
目の肥えたU3級ファン間でもU3超級選手だと評判になった。

一方で、GM軍介入による経営権争いへの対応は不明であった。
当時は博麗神社に所属しながら、霊夢萃香LTW王座防衛に忙しかったためもあり、
自身はメインアングルからは一歩引いた立場にいたのだが、当の霊夢GM軍との『業務提携』宣言。
更には第31回大会にGM軍に寝返り、パートナーだった萃香を最悪の形で裏切った腋巫女に対して反旗を翻し、
博麗神社から脱退した。
(霊夢としては追放を宣言している)
その姿に、萃香、そして博麗神社に帯同していた永遠亭鈴仙、さらにフリーだった
メディが、彼女の元に集うことを宣言し、第32回大会にて、彼女を中心とした新グループが結成され
休養明けとなる第33回大会にて、新グループの名がARMSとなることが発表された。
唯一のU3級選手ながらリーダーとして、軍団・派閥抗争よりも個人遺恨の延長線上での戦いに身を置く事となった。
+打ちのめされるたびに這い上がる不屈の闘士 第33回大会~第37回大会

打ちのめされるたびに這い上がる不屈の闘士 第33回大会~第37回大会

ARMS結成後の初試合として、守矢神社と対戦。
敗れはしたが、新団体結成後の存在を少なからずアピール。
メンバーのメンタル部分の弱さ(鈴仙萃香は特にそれが試合の結果まで左右する)
をいかにフォローできるかが、リーダーのアリスに求められている。
しかし、東プロでは対GM軍という一大抗争が繰り広げられる中、勝ち星を挙げられないARMSとアリスは
蚊帳の外に置かれる状況が続いた。

そんな中の第35回大会で、さくみりんを相手に行われたタッグマッチ。
折しもその直前の試合で、レティLU3Wへの挑戦を表明しており、そしてそのベルトを持つ美鈴
アリスはまるで1対1のシングルマッチであるかのように攻め続け、パートナーの鈴仙がフォールされているのを
無視してまで、雪崩式DDTという危険技を浴びせた。
その姿に、アリスが何を望んでいるかに気づいた鈴仙は、ARMSのことは気にせず
やりたいことをやって欲しいと涙ながらに訴え、アリスはついに、自らもLU3Wへ挑戦することを宣言。
次大会でのレティとの、『U3超級』とうたわれる者同士によるコンテンダーマッチ開催が決定したのだった。
そして、ついに実現した試合は、しつこいという言葉すら霞む腕への集中攻撃でレティ
パワーを封じたアリスが勝利。ブレインプロレスのさらなる進化形を示すと共に、ついにLU3W王者美鈴への
挑戦権を勝ち取った。
こうして迎えた第37回大会、LU3Wタイトルマッチでは、再びブレインプロレスを魅せ、美鈴の弱点である首と
武器となる足への2点攻めを執拗に続け、あとベルトに半歩まで迫るも、彼女の計算を上回った根性を見せた美鈴の前に、
惜しくも敗れてしまった。
しかし、ベルト戦には破れたが、アリスの間接攻めが執拗かつ冷酷なものか、選手達のみならずファンも思い知ることとなった。
(美鈴の頁参照)
+新団体としての躍進、同時に巡ってきたチャンス 第38回大会~

新団体としての躍進、同時に巡ってきたチャンス 第38回大会~


空けて第38回大会、相手は因縁深きO.D.SARMSフルメンバーで激突となり、
これに勝利。ARMSの躍進が始まった。
そして、アリス個人が望んだかは知る由はないが、魔理沙とのシングルが決定。
長い間くずぶっていたマリアリ戦が再び燃え上がる予感。

そして行われた伝統のマリアリ戦は、ブレインプロレスの進化形を存分に魔理沙に示したが、
魔理沙のパワーの壁はやはり厚く、初公開となった新技マスタースパークによって敗北となるも、
何度もカウント2.9まで追い詰め、あの魔理沙をして「これだけ肩で息をさせられたのも久しぶりだぜ」と
言わしめた。

+マリアリこそがジャスティス

マリアリこそがジャスティス

アリスと言えば、何かと魔理沙がついて回るのだが、これまでの東方プロレスの歴史を
紐解くと、その理由がわかるだろう。
詳細はマリアリのページを参照。

裏切られるたびに強くなり、U3級の位置ながら無差別級相手の試合が多かったこともあり
ブレイン+パワースタイルを形成できたのはある意味魔理沙がいたからかもしれない。

東方プロレス ファンBBS