※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

藤原 妹紅

(ふじわらの・もこう)
能力:『老いる事も死ぬ事も無い程度の能力』
所属:フリー(第2回大会~第26回大会)(もこけーねとして活動するも、特定の軍団には所属していないため、フリー扱い)
   GM軍(第27回大会~第39回大会)

ファイト・スタイル

不死鳥は蘇る

パワーファイターに思われがちだが投打極のバランスファイター。
またその能力から非常に受けには強いが、過信しすぎての重要な試合を落とすケースもある。
しかし一貫して言える事はトータルレスリングを考えられたクリーンなファイトをみせる
非常に玄人好みの試合展開をするレスラーである。

フジヤマヴォルケイノ

フジヤマヴォルケイノII

フジヤマヴォルケイノイラプション

フジヤマヴォルケイノ・瞬

妹紅が愛用する投げ技のバリエーション。
本項では一式、二式、イラプション、瞬と割愛する。
初期では一式乱発による制圧試合を行いがちで、
説得力はあるものの試合展開に疑問を持たれていたが、
後に二式、そしてフィニッシュに繋げるイラプションを開発し、
織り交ぜる事によって試合進行を魅せるようになった。
基本ムーブとしては、ボディスラムの要領で相手を抱えるが、
この際相手の頭部を下ではなく自分に対して横に向け
相手を旋回して頭部側を軸として背中側からリングに叩きつける。
一式は叩きつける際サイドに落とし、またロックを外していた。
より威力を求め二式ではロックを離さずまたやや反動が強めになり
自身に対して真正面に落とすようになる。
ついにイラプションでは背後から仕掛ける形になり、ロックも外さずに垂直落下式で叩きつけるため
開発が進むにつれてダメージ量が爆増するバリエーションホールドとなっている。
瞬は唯一事前ホールド無しのカウンター技で、ロープから返ってきた相手に仕掛ける。
オリジナルは、一式と二式がディー・ロウ・ブラウンのサドンインパクト、
瞬が森嶋猛などの使うスクラップバスター、イラプションが佐々木健介のヴォルケイノイラプション。
技名は、東方永夜抄で使用した『蓬莱「凱風快晴 ‐フジヤマヴォルケイノ‐」』より。

火の鳥-鳳翼天翔

妹紅が使う、トップロープからのムーンサルトプレス。アナウンスではよく「鳳翼天翔」とだけコールされている。
別名「フェニックススプラッシュ」
灰の中から甦り、大空へ羽ばたく不死鳥のごとく、
美しい回転から相手を容赦なく押し潰す。
の飛翔毘沙門天と同型であるが、こちらの場合は痛め技気味に使用されがちである。
デビュー当初から持っている事は示唆されたものの、初公開は毘沙門天より遅くなった。
技名は、東方永夜抄で使用した『不死「火の鳥 ‐鳳翼天翔‐」』より。

火吹き

妹紅ならではのギミック技。
妹紅の場合は本当に火を吹いても不思議ではないから困る。
ちなみにこちらの世界でも火を吹いたことのあるレスラーがおり、
『アラビアの怪人』ザ・シークや『インディーの帝王』大仁田厚などが妹紅のように口から火を吹いた。
メディスンの毒霧、萃香の酒霧と並び、
東プロ三大吹き技に数えられる。
MDの毒霧? あれはまだまだ未熟者である)

竹林893キック

プロレス的に解説すると、走り込みながら体を横に倒してのフロントハイキック。
判りやすく言えば、映画やテレビドラマでちんぴらがよくやっている、手をポケットに
突っ込んだままゲシゲシと蹴るあれである。
妹紅の代表的スタイルの1つ。ロープへ相手を振って、反動で戻ってきたところにカウンターで決めるものや、
コーナーポストへの串刺し式のものなどがよく使われている。
威力重視よりは、屈辱を与える意味が強い。
オリジナルは新日の蝶野正洋選手のヤクザキック。
(テレビ放送では放送コードの関係上からか、ケンカキックと呼ばれている)。
海外ではマフィアキック、フーリガンキックなどと呼ばれる。

その他の技

DDT、ブレーンバスター、スイング式ネックブリーカー、ハーフネルソン・スープレックス、
パワーボム、刈龍怒(慧音との合体技)
スタンダードなプロレス技を多く駆使し、そのタフな耐久力とあいまって、どちらかといえば小柄ながらヘビー級のような選手である。


戦績

+ 全戦績 -ネタバレを含むので注意-

タイトル歴

LTW

  第二代王者(パートナー:上白沢慧音)、防衛1回
  第四代王者(パートナー:上白沢慧音)、防衛2回

ハードコアデスマッチ『NoMercyRoyalDeathMatch

  対輝夜戦、勝利。   

受賞歴

2008年度東方プロレス大賞

 最優秀タッグ賞(もこけーね(慧音))

人間関係

(もこけーね。親密な関係である。)
(GM軍参入時にボディガード契約。服従してはいるが関係は薄い)
(犬猿の仲。デスマッチを経た後GM軍でまさかの結託。しかし内心では納得がいっていない部分もある。衣玖への態度などを巡って再度関係悪化の兆しがある)
(エンターティナーであるこのう詐欺のやり方には内心はあまりいい印象はないが、我関せずなスタンスなので基本的にはどうでもいいらしい)

入場曲

月まで届け、不死の煙

- 

激しく燃える不死鳥時代 旗揚げ~第26回大会

タイトル争いへはタッグもこけーねとして参戦。
奇しくも混乱不和を起こしていた初代LTW王者レミリアフラン組(紅魔館)を破り
二代目LTW王者に戴冠する。その後1度の防衛を挟むが陥落。
しかし東プロでも限られた『タッグパートナーを絶対に代えないタッグ』として
相互の信頼は厚い。

妹紅は、滅多なことではシングルマッチは受けなかったが、
唯一LSWタイトルへの挑戦だけは過去に行った事がある。
それもパートナーである慧音
当時のLSW王者フランとの試合で善戦するも敗れた後、
フラン慧音を小馬鹿にして敬意を示さなかった事に対する怒りによるものであり、
二人の絆の深さを再確認する事となった。
残念ながら試合には敗北、その後は運営方針によりシングルは封印して
もこけーねとしての活動を行う。

しかし、その後LTWの王座からも陥落。
LSWLTWの2大タイトルへの挑戦が共に遠のいてしまい、
かといって3人目のパートナーがいない関係でLTUに参加する事も出来ず
積極的なマッチメイクもしてもらえない不遇の時期の中、
東プロ外での長年の因縁相手、輝夜(当時永遠亭)との関係が爆発、
リング上でお互いを『殺す』発言を交わした事により、
本部長判断でハードコアデスマッチが決定。
今日まで東プロ唯一のハードコアデスマッチ戦となった
NoMercyRoyalDeathMatch』に生き残り、
もこけーねの連携も再度高まっていった頃にLSW,LTWへの再挑戦を宣言。
そしてLTUのための3人目の存在をにおわせる発言をした。
+ 黒く甦った不死鳥時代 第27回大会~第33回大会
+ 黒炎、爆砕 第34回大会~第36回大会
+ 燻り始めた火種 第37回大会~

+ 永遠の腐れ縁・輝夜