※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

パチュリー・ノーレッジ

能力:『火水木金土日月を操る程度の能力』
所属:運営本部(旗揚げ戦~第26回大会)
   GM軍(第27回大会~)


レフェリング・スタイル

疑惑のルールブック

現在のところ、東プロで唯一の専任レフェリー(他のレフェリー資格者は全員レスラー兼任)。
正レフェリーである四季映姫本部長と比較すると、明らかに場外・反則カウントが遅く、
これは場外乱闘・凶器使用を厭わないヒール側に有利に働く。
またロープブレイクや反則行為に関し、誤審とも恣意的とも取れる疑惑の裁定をたびたび行っている。
そのためか、後から本部裁定で自らの判定を覆されたことがある唯一のレフェリーでもある。

ロイヤルフレア

強烈な爆発を起こすパチュリーの魔術。
東プロでは珍しく、プロレス技ではなく原型に近い形で発動したスペルである。
NoMercyRoyalDeathMatch』において、パチュリーがリングに仕掛けた。
その爆発は轟音とともにリング全体を包み、リング上にいた妹紅輝夜両選手と
パチュリー自身をダウンさせた。
技名は、東方紅魔郷などで使用した『日符「ロイヤルフレア」』より。

人間関係

(本部所属時代の上役。ジャッジを巡る対立から離反)
(当初は紅魔館から選手としてデビュー予定だった。現在は絶縁)
(現在のボス。専属レフェリーとしてGM軍を支える)
(兎詐欺における相方。妙な信頼関係ができている)
(当初は反則に甘い裁定を下すことも。GM軍加入後は対立関係に)

テーマ曲

ラクトガール ~ 少女密室

元は紅魔館の練習生であったが、人間離れした(そもそも種族:魔法使いなので人間じゃないのだが)虚弱体質ゆえ
仲間の技を受けるたびに失神を繰り返し、
マットデビューを断念して興行運営スタッフに転進することを決意。
その膨大な知識と分析力を見込まれ、レフェリーとして関わることとなる。
こうして、パチェは旗揚げ戦から、映姫と共に正レフェリーとして東プロマットを守り続けてきた。
もっとも、レフェリーという立場にスポットが当たること自体がそもそもないため、常に日陰の存在であり続けてきた。
唯一の例外とも言えるのが、竹林特設リングにおける輝夜妹紅の金網デスマッチ
NoMercyRoyalDeathMatch)を裁いた一戦だが、そこでもレフェリー技術というより、
自らが仕掛けた時限式ロイヤルフレアに巻き込まれて自爆したというお茶目さによるものだった。

そんなパチェにとって転機となったのが、第23回大会だった。その第1試合にて、てゐの仕掛けた
反則行為を誤審誘引させる技に引っかかってを反則裁定してしまい、当然ながら切れた
からは殴られたうえに、ファンからも大ブーイングを受け、さらにによってスキマツアーに
ご招待されてしまう。

それからもしばらくは大人しく試合を裁いていたものの、心に何か鬱屈するものを抱えていたのか、
第27回大会の第4試合にて、再びてゐの反則を相手(この時は穣子)によるもので反則負けとした。
さすがに見かねた映姫が割って入るも、試合を裁くレフェリーの判断が最優先されるとして
それをはね除けてしまい、これまで穏やかな姿しか見ていなかったファンを唖然とさせる。
そして、第6試合にてGM天子が登場するや、自らもGM軍に付くことを宣言し、
東プロ始まって以来の「悪のレフェリー」の誕生という驚愕の展開を見せられたファンはうろたえるばかりであった。
(ここに至るまで、魔理沙絡みの試合の判定を何度か四季映姫の本部長権限で無効にされたことで、何か思うことがあったのかもしれない)

翌、第28回大会より、露骨にGM軍贔屓の裁定を繰り返すようになり、
すっかり悪徳レフェリーの名を欲しいままとしつつ現在に至る。

なお、その第28回大会にて、レミリアに絶縁されてしまい、
現在は紅魔館から追放されてしまっている模様。

東プロには珍しく、レスラーとしてリングに上がったことは皆無。
しかし悪徳レフェリーとして4度レスラーから襲われている。(2008年12月21日現在)

一度目は29回大会のLTUタイトルマッチで露骨にGM軍寄りな裁定をした際、
魔理沙にバックを取られてドラゴンメテオをかけられそうになっただけで失神。
しかも、裁定は本部権限により破棄されてしまう。
続いて31回大会にて、GM軍団によるLTW王座陥落劇場に激怒したアリスから蹴リス砲を浴びて場外に転落、
やはりそのまま失神している。
3度目に襲撃を受けたのは第34回大会第5試合(通称Ph.D事件)。
前後の経緯からへの援護射撃という形で幽々子からチョークスラムを受けて失神。むきゅ~。
その遺恨があったのか、続く第35回大会第5試合(『SEVENSシリーズ』第2試合)ではてゐのエンシェントデューパー
(パイプ椅子による反則誤審誘導)に協力し、珍しくマジ切れした幽々子に、そのままリングの上で公開処刑され、
病院に搬送される羽目となった。

悪徳レフェリーに華麗なる転身を遂げた現在だが、なおファンの人気には根強いものがあり、
一部では「パッチェさん」「紫もやし」と親しまれて(?)いる。
また、リング上で失神すると会場のあちこちから「パチュリーーー」と悲鳴が上がるのも彼女ならでは。
間違いなく、現在でも(形はどうあれ)東プロの裁定を支えるレフェリーの一人である。

東方プロレス ファンBBS
(現行スレ)
Part1 【極悪レフェリー】パチュリースレ【紫モヤシ】
(関連スレ)
GM軍スレッド 【あいしてる】 GM軍ファンの集い その2