JUSTICE is MINE抗争 (第15,16,17回大会)

注意!!

本イベント試合は東方プロレス前後大会に

重大な影響を与えた一戦になっており

未視聴の方、ネタバレを嫌う方、各選手へ強い思い入れのある方は

また魔理沙,アリスはそれぞれ別の誰々の嫁と信じて止まない方は

安易な気持ちで閲覧されないよう十分な心持ちをお願いします。


如何なる不具合・不満が発生しようとも

当Wiki及び東方プロレス運営サイドでは一切の責任を負いません。

くれぐれもご注意ください。


事の始まり

『マリアリはジャスティス』-射命丸 文,実況中のコメントにて

東プロ創立当初から進行し続けてる本筋ギミックの1つで、
全ての起点は第4回大会のマリアリタッグ不和。
以降第10回大会の魔理沙正規軍脱退及び紅魔館移籍へと引き継がれ
更には第12回大会紅魔館抗争
以降の第二期紅魔館反紅魔館抗争と常に共にある重要なラインであった。

イベントとして展開される口火は第13回大会第3試合。
紅魔館から追放されたレミリア,咲夜組が紅魔館永琳,魔理沙組と
紅魔館イリミネーションを経て衝突。
しかし結果は団体創設からトップにい続け、元LSW初代王者決定戦準優勝で、先日までLTW初代王者でもあったレミリア
前試合までの累積的なダメージと永琳による破壊でまさかの瞬殺。これを不服として屈辱の再戦要求。
再戦では辛くもその永琳咲夜が押さえたものの判定に異を唱えた紅魔館
その場で相手を破壊しようと動くが、これを阻止したのが博麗神社霊夢
魔理沙に因縁があるアリスであった。

翌第14回大会第3試合。
反紅魔館連合衝突戦として博麗神社霊夢,アリスがそれまでの関係を超えレミリア,咲夜と合体。
迎え撃つ紅魔館フラン,魔理沙,永琳と、
先日LU3Wで王者と好勝負を繰り広げたそれまでフリーであったX=雛紅魔館入りしての4vs4マッチが行われ、
試合は全軍入り混じる大混戦の中、アリスをタップアウトさせ試合には勝利した。
試合後にLU3W,LSWへの挑戦意欲を見せるアリスに食ってかかる魔理沙
セコンドにをつける要求を出すも,永遠亭組がリングインし、
次回大会で紅魔館との対戦を要求、この一戦は紅魔館vs永遠亭全面抗争第二章として別進行となる。

結果,魔理沙は単独でのアリスとのシングルマッチが決定し
第15回大会においてLSW挑戦者査定試合,後に『伝統のマリアリ戦』として本筋に影響し続ける一戦が行われ
それによって連続展開された一連の抗争を『JUSTICE is MINE』抗争として射命丸文が新聞出版の際に勝手に書き換えたとされている。

試合内容・展開

  • 第一裁判『マリアリシングル全面戦』(第15回大会)
  • 第二裁判『上海人形+新コス・コントラ・新コスマッチ』(第16回大会)
  • 第三裁判『新コス+上海人形・コントラ・新コス+命名権利マッチ』(第17回大会)


イベント結果

+一連の抗争後
この特徴的な三試合をもって長期に渡るアリス,魔理沙の個人抗争はここで一区切りとなる。
その後一連の試合を評価されたアリスLU3W挑戦へと進んだ事と、
魔理沙紅魔館抗争に関わるO.D.S発足と各軍団との全面抗争アングルとの関係により
タッグ・ユニット戦中心で組まれる事が増え、シングル直接対決はなかなか組まれないでいる。
それぞれの個人が抱える背景との兼ね合いもあってか、正面からのアングルを組みにくい状態であるとも言えるし
何よりGM軍参入による経営権争いがメインラインになった今日では
双方が参加するカードは貴重な『伝統のマリアリ戦』として期待されており、
またそれに答えるかのように毎回試合内容の密度が上がっていく事ことも人気の理由だろう。

そして何より、団体創立から今日まで『一度として途切れた事のないブック』としてあり続ける事から
この二人の動向を読む事で東プロの動向を読めるかもしれないという重要な存在にまで
魔理沙,アリス両人は評価されているとも言える。

この二人の存在そのものこそが『東プロの正義』なのである。