※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『JUSTICE is MINE』第一裁判(第15回大会第2試合)

注意!!

本イベント試合は東方プロレス前後大会に重大な影響を与えた一戦になっており

未視聴の方、ネタバレを嫌う方、各選手へ強い思い入れのある方は

また魔理沙,アリスはそれぞれ別の誰々の嫁と信じて止まない方は

安易な気持ちで閲覧されないよう十分な心持ちをお願いします。


如何なる不具合・不満が発生しようとも

当Wiki及び東方プロレス運営サイドでは一切の責任を負いません。

くれぐれもご注意ください。




第一裁判 判決内文


青コーナー 試合形式 赤コーナー
アリス・マーガトロイド(博麗神社) シングルマッチ 霧雨魔理沙(紅魔館)

元タッグマリアリ同士であり、かつ分裂後は抗争相手として何度か手合わせをしていた二人であったが
完全シングルでの勝負は初めて。
『プロレスはブレイン』が信条のアリスと、『プロレスはパワー』が信条の魔理沙
正面からぶつかるというカードは、ノンタイトルマッチで査定試合でありながらもそれを意識できる要素はどこにもなく
ただ、『遺恨試合』の一言で全てが表現される幕開けとなる。

魔理沙のパワーによる打撃はブレインでグレイズで対応できる、と踏んでいたのか
終始アリスは腕潰しのために極めに走り、時折見せる投げをうまく組み入れた試合を運ぶ。
アリスペースだと誰もが思っていた試合終盤に放たれた一発のスターダストレヴァリエがそのアリスのブレインを完全に粉砕してしまう。
即座のフォール。カウントは2.9。
何とか耐えて手数の減った打撃よりも、一撃で致命傷になる投げ技を封殺するために腕破壊を続けるアリス
しかしその為には超至近距離まで接近せねばならず、それが逆に仇となり掴み返されフェイスクラッシャー。
意識を飛ばしてしまったアリスに対し、追撃のドラゴンスープレックス。そのまま試合を決められてしまう。
試合を有利に展開していると誰もが思っており、当人も警戒し続けていたために、数少ない魔理沙の攻撃による逆転封殺での敗北に
アリスはゴング直後呆然として立ち上がることができなかった。


試合結果 ●アリス 13分22秒 フェイスクラッシャーからのドラゴンスープレックス 魔理沙○


判決結果

試合後会場を揺らす程の大ブーイングが起こる中、青コーナーに背をよりかけ、未だ立ち上がる事の出来ないアリスはマイクを受け取り
ただ『完敗よ』と述べた。それに対し赤コーナーサイドの魔理沙はゆっくりと近づきながら健闘を称え、
紅魔館での『目的』があるとはいえ、ライバルの善戦にノーサイドの握手を差し出した。
応じたアリスだったが、これは魔理沙の罠だった。
差し出された腕を掴み上げコーナーに押し付け、立ち上がる事も出来ないアリスの眼前数センチの所でアリスを罵倒。
そしてセコンドにいた上海人形を奪った。
ただ涙を流すしかないアリスに対し、魔理沙は次回大会で上海を賭けたシングル再戦を掲示。
飲み込むしかないアリスはこれを受諾。
その上魔理沙アリスにも賭けるものを提示。アリスが次回敗れた場合はコスチューム没収とし、
以降青と白だけのコスチュームでリングへ上がれと命令。

しかしここで次回戦の賭けが『私物を賭けて』おらず、平等ではないと本部長が介入。
魔理沙敗北の際には上海返還だけでなく、私物として同様にコスチューム没収かつ紫だけのコスチュームへの変更を命じた。
これを『団体公認試合』と判断した魔理沙は承諾。次回『上海人形+新コス・コントラ・新コスマッチ』が決定した。

翌第16回大会『上海人形+新コス・コントラ・新コスマッチ』第二裁判へ続く