※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ミスティア・ローレライ

能力:『歌で人を惑わす程度の能力』
所属:フリー(第10回~第22回大会)
   白玉楼(第23回大会~)
   チルノ軍(当人の自覚なし)

ファイトスタイル

試合の名料理長

一方的なパワープレイをするでもなく、グラウンド主体でテクニックをみせるでもなく
相手の技を受けながら自身の技を冷静に組み込んでいく試合展開を見せられる
U3級でも貴重な知性派レスリングを見せる。
そのために参加試合が非常に盛り上がり、シングル・タッグ・ユニットと
何を任せても良い試合を展開する素晴らしいスタイルの持ち主。

焼鳥スプラッシュ

「YAKITORI」とも呼ばれる、ミスティアのフィニッシュ・ホールド。
本人がネーミングに強い嫌悪感を示しているが
代わりの技名も述べず、実況、解説及びファンからの愛称として定着してしまっている。
トップロープからの450°前方回転ボディプレス。
夜雀鳥人族の性能を如何なく発揮した美しい技であり、
飛翔系の技としては、の「飛翔毘沙門天」と双璧として数えられる。
ミスティア自身も絶対の自信を持つフィニッシュ技で、負け試合でもファンや
時には本人からも、「焼き鳥さえ出れば・・・」という声が上がることが
少なくない。事実、現在のところ全てのピンは、この技であげている。
元はハヤブサの跳び技ファイヤーバードスプラッシュ。

旋回式スタナー

小柄な身体ながら重心移動を利用する事により
自分よりも大柄な相手にも敢行できるファイアーマンズキャリーからのスタナー。
ミスティアの優れた身体能力ならではの大技。

KFC(Knightbird Flying Cutter)

ナイトバード・フライング・カッター。略称はKFC。間違っても、某カーネルおじさんのチェーン店ではない。
抱え上げる形までは旋回式スタナーと同じ
ここから落とす際に相手の身体を反転させ、正面からマットに叩きつける。
オリジナルはWWEのマーク・メロ(現在はTNAでジョニー・B・バッドの名で活躍中)のTKO(Total Knock Out)。全日の太陽ケアの使うハワイアン・スマッシャーも同型の技である。
技名は東方永夜抄で使用したラストスペル『「ブラインドナイトバード」』より。
(ただし、こちらの「ナイトバード」の綴りは"night bird"である。また、余談ながらルーミアも夜符「ナイトバード」および夜符「ミッドナイトバード」というスペルカードを持っている。)

手羽先スープレックス

スタンディングでの手羽先固め(チキンウイングフェイスロック)の体勢から後方に反り投げる危険な技。
相手は手と頭部が完全に固定された状態で叩き付けられるため受け身が全く取れない。
オリジナルは4代目タイガーマスクが使うミレニアムスープレックス。

ヒナイドリ・イズ・トリカワ

通称「トリカワ」。元技は所属する白玉楼主人西行寺幽々子から伝授された「リポジトリ・オブ・ヒロカワ」。
第33回大会LU3Wタイトルマッチで解禁した新技の一つ。
しかし、例によってにとんでもないネーミングをされてしまうことになる。
主従関係が成立していること、技を伝授されるほど信頼されていることなど
様々な両者の関係を象徴する技として認識されることとなった。
ただ、ヒロカワから亡霊クラッチにつなげてフォールするのが決めパターンの一つになっている幽々子と異なり、
ミスティアには、まだトリカワからつなげられる絶対的なフォール技がないのが欠点といえよう。
オリジナルはWWEクリスチャンが使うアンプリティアー(キル・スイッチ)。

その他使用技

零戦キック、ヘッドシザース、爪ひっかき(と2人のみ、種族的特徴として運営本部より使用が許されている)、胴締めせせりロック(フロントネックロック)、背肝スライド(逆さ押さえ込み)など

戦績

+ 全戦績 -ネタバレを含むので注意-

タイトル歴

なし

人間関係

(白玉楼主人。ミスティアを白玉楼に従者としてスカウト。純粋に選手としてのスカウトか、他意があるのかは不明で、ミスティアは元々の関係から怯えている。)
(妖夢五番勝負での最終戦対戦相手。ある意味白玉楼追放と引退を決定した。)
(M.Dデビュー以降一方的に狙われている)
(チルノ軍としても活躍している彼女だが、バカ呼ばわりされるのは不本意だとか。)


入場曲

もう歌しか聞こえない


- 

みすちー暁に斃れる 第10回大会~

ファンからの愛称『みすちー』
元々は団体協賛企業『夜雀八目鰻屋』の責任者として大会に帯同・出店していたが
本部長スカウトにより第10回大会のLU3W初代王者トーナメントに参加。
なかなかの頭脳戦をみせあと一歩の所で王座戴冠だったが破れる。

その翌第11回大会第1試合。霧の湖特設リング興行のトップカードとしては
『どうみても悪意のあるカードだった』として評判の
リグルをタッグパートナー、対戦相手がトップランカー幽々子との
1vs2変則マッチを組まれる。
変則になった理由も『シングルカードだと食事カードになる』という本部側からも
露骨に悪意のある事前コメントがなされており、試合内容は見事なまでの完敗。
しかしながら興行第一試合役としては十分に会場を盛り上げた評価は高い試合だった。
試合直後に泣きながらリグルと共にリングを後にしたが
残された幽々子がリング上で『挨拶を兼ねて控え室に向かう』と発言。
その後しばらく試合出場がなかった事から 『食されて死亡説』 が蔓延した。
+ 人気女将として 第18回大会~
+ U3級の顔として 第33回大会~

+ 新たなる飛翔へ 第40回大会~

+ タイトル一歩手前の歌姫

+ みすちーの悩み