※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

蓬莱山 輝夜

(ほうらいさん・かぐや)
能力:『永遠と須臾を操る程度の能力』
所属:永遠亭(第02回大会~第26回大会)、GM軍(第27回大会~)


ファイト・スタイル

難題者

勝つためには手段を選ばない戦い方で、相手への反則スレスレの攻撃、凶器攻撃、
急所攻撃何でもありである。
同じ傾向のてゐとは異なりこちらは自身の手を汚さない為に相手へ仕掛けている。
しかしながら基本技や受けへの対応は非常に優れており
ある意味試合を盛り上げる重要なヒールである。
不死身であるため耐久力はトップクラスの物を持っているが、お姫様育ち故か根性無しのため、
案外コロっとやられやすい。

難題シリーズ

輝夜の持つ技反則・凶器・急所攻撃シリーズを総称してこう述べる。
反則ではなく『難題』なので大会ルール的にもOKです。

難題「ルナティックデューパー」

パイプ椅子を使った難題。初披露時はてゐと同じく反則裁定誘引技だったが
後に審判を使う事すら止め、直接攻撃要素に使っている。
技名は、東方永夜抄にててゐが使うラストワード『「エンシェントデューパー」』から?

難題「蓬莱の玉砕き」

『急所に近いところへの』攻撃。スタンド、ダウン追撃等
どんな状況でも織り交ぜられる万能な難題。
ダメージは深刻でこれを受けた相手がしばらく立ち上がれなくなる程。
連続して放つこともあり、の実況的にはお下劣なことになり、スキマ送り。
技名は、東方永夜抄にて使う『神宝「蓬莱の玉の枝 -夢色の郷-」』と『難題「蓬莱の弾の枝 -虹色の弾幕-」』より。

難題「仏の御石の鉢割り」(仮)

有刺鉄線バット。ハードコアデスマッチ以降愛用している難題。
ブツがブツなので試合前にリングに持ち込む事ができないため
大会開催前に『いつの間にかリング下に隠し置いてある』
技名は、東方永夜抄にて使う『難題「仏の御石の鉢 -砕けぬ意思-」』

難題「金閣寺の一枚天井」

厚いベニア板もしくは床板もしくは木板。
会場次第で扱う素材は異なるが形状は同じなので統一して呼ばれる。
技名は、東方文花帖にて使う『新難題「金閣寺の一枚天井」』

難題「食いしん坊難題」

フォーク。試合前ボディチェックの際には発見されないのに
隠し持っている難題。この難題が出る際、
該当試合のレフェリーがパチュリーの事が多いのは偶然か。

握手(仮)

試合の序盤で用いる、挨拶代わりの難題とでもいうべきもの。
いきなり握手を求め、応じた相手の腕を取って腕十字固めに極める。
大抵の場合バレバレだったり、戦闘に夢中で気づかれなかったりして成功せず、観客席から笑いが起こる。
このムーブの第一人者として有名な実在選手といえばケンドー・カシンこと石澤常光。
キン肉マンの悪魔将軍も印象的なシチュエーションで放っている。

目潰し(仮)

握手と同じく試合序盤で用いられる難題。人差し指と中指を使って相手の目の近くを攻撃し怯ませる。いわゆるサミング。
ダメージはあまりないが相手の集中力をかき乱し、他の難題を成立させやすくする効果があるらしい。
第16回大会では、37回大会では、フランにパワーボムの体勢に持ち込まれたところで、
サミングを使って脱出するという頭脳プレイも見せ、ファンを驚かせた。

永夜返し

難題以外で試合展開を握るために敢行する連続ジャーマンスープレックス。
現状までの最大連続数は3。
本人にやる気がないのであまり使わないが、フォール率が結構高かったりする。
技名は、東方永夜抄にて使う『「永夜返し」』シリーズより。プレイすると判るが、全難度で5パターンずつあり、
繰り返し使ってくるところを連続技として反映させている。

ブリリアントドラゴン・スープレックス

難題以外で輝夜のレスラーとしての評価を著しく高めた超大技。
元々美しい長い黒髪と、相手を仕掛ける際の美しいアーチが
説得力を著しく高めており、効果もずば抜けている。
フォールまでとった際の記録としては「龍頸玉原爆固め」となる。
技名は、東方永夜抄にて使う『神宝「ブリリアントドラゴンバレッタ」』より。

アックスギロチンドライバー

相手の股下に潜り込んで両脚を掴み、上下逆さの状態にして背負った後、正座するように着地して相手の頭をマットに叩き付ける。
フランが以前使っていたビーチブレイクは尻餅をつくように落とす技で微妙に形が異なる。
全く受け身の取れない技で、さらに彼女の場合場外で使ったこともある。
使い始めたのがデスマッチの前後ということから、殺しても死なない妹紅を仕留めるために編み出したのかもしれない。
オリジナルは大森隆男。

ブディストダイアモンドカッター

GM軍入りしてから、それまで使っていたスタナーを封印した代わりに使い出したカッター。
技名は、東方永夜抄にて使う『神宝「ブディストダイアモンド」』より。

その他使用技

普通にプロレスすればいいのに、と言われる程案外多彩な技を持つが
難題ほど面白みがないのでどうしてもと思われる方、追記してください。


戦績

+ 全戦績 -ネタバレを含むので注意-

タイトル歴

なし。

人間関係

(元永遠亭。空気嫁)
(元永遠亭GM軍。共にGM天子側近。)
(元永遠亭。反抗期。)
(ありがとう・・・死ねッ!!!。仇敵同士がGM軍でまさかの結合。妹紅の離反後もまだ未練あり?)
(なに今更いい子ぶってんの・・・キモッ! GM軍の一員ではあったが、かなり冷え冷えの関係にあり、ついには妹紅共々離反される)
(守矢っ…!! 永琳LSWへの権利を争うはずだったが、突然、乱入されて締め上げられ撃沈、守矢神社とも抗争に?)
(使い走り)

入場曲

竹取飛翔 〜 Lunatic Princess

- 

反則殺法? いいえ難題です 旗揚げ~第27回大会

旗揚げ時からの登録選手。初登場は第3回大会のBRであったが、
その本領発揮は第05回大会LTW初代王座決定戦トーナメント。
永琳との蓬莱てるよとしてタッグデビュー。
試合は主に永琳に任せる、たまに出てきても難題を駆使する、
極めつけはふらふらの相手にフィニッシュへ超大技を見せてピンを取るなどして
試合展開全部を持っていくなどやりたい放題で、
永遠亭をヒール要員に押し上げた功罪もとい功労者。
同トーナメント2回戦では格下相手のばかりを狙う展開に
を激昂させマットに沈められる。

その後も永琳頼りの小悪党ぶりというべきか、ただ面倒くさいのか
リングに出た時はやりたい放題というファイトスタイルだったが、
東プロではもっとも最初の軍団間抗争である、永遠亭紅魔館
抗争に(姫の方からすれば)巻き込まれ、しかもそれを起こした張本人である
永琳が(これまた姫の方からすれば唐突に)、絶縁状を叩きつけて抗争先のはずの
紅魔館に移籍してしまう。
永琳の方からすれば、ずっと腹に据えかねていたものがついに爆発しただけなのだが)
頼りにしていた存在を失った輝夜は鈴仙てゐと共に永遠亭組として残留し、
軍団間抗争としては形は同じ永遠亭紅魔館の形を保ちつつも、実質上は
永遠亭対(裏切り者)永琳となった戦いを継続する。
しかし、当初は、未練がましく永琳に泣きついていた姫だが、次第に
制約する者が居なくなった生活が気に入ってきたのか、同じ悪戯ヒールてゐと共に
難題ヒールとしてのギミックを確立すると躍進し、ファンも得ていく。
(それは、その展開に付いていけなかった鈴仙が一人迷走する原因にもなったが)
そのままのキャラでついには鈴仙を置いててゐと共にGM軍へ移籍。
新たな力・権力を得て、更なる難題ヒールに磨きをかけていく、と思われた。

+ ルナティックプリンセスは何処へ? 第28回大会~

+ 意外と業師・輝夜