※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第04回大会詳報



前大会と引き続き、東プロ披露巡業。
にも関わらず前大会締めに本部長が新たなタイトルを発表した事から
会場は即座に満員札止め。発表されたタイトルはLTW
無差別級タッグ王座設立となった。

第1試合からLTW初代王者決定戦トーナメントが展開。
しかも緒戦から前大会に決定したばかりのLSW王者霊夢
同じ正規軍魔理沙,アリスと全面衝突させるという
タイトルに関わる一戦かつ、巡業興行にも関わらず
全く観客に引かず媚びずに常に全力で東プロは試合を編成するという姿勢と
カード編成に否応が無しに盛り上がる。

LTWトーナメントは主としてM-1グランプリタッグで編成され
LSW王者擁する結界少女が優勢だと思われていたが
対するウィッチドールも善戦。試合は長期戦ながら
最後は霊夢が貫禄の勝利。アリスに対し
正統なる腋巫女にのみ許される『腋固め』でタップアウトを奪う。
しかし試合後ウィッチドール組がリング上で口論を始めてしまい
不穏な空気を匂わせてしまう。

第2試合は『美鈴五番勝負』3回目。
ここまで2戦を2連続失神KO負けという姿を晒してしまい
勝ち星を上げないと沽券にも居場所にも関わる美鈴の相手は
西行寺幽々子。三度の超大物相手となってしまう。
誰もが美鈴幽々子においしく食されてしまうかと思われたが
試合は予想外の方向へ。
これに負けたら勝ち越せない美鈴が怒涛の粘りを見せ
何度踏まれようが殴りとばされようが必死で這い上がり
最後には怒涛の彩雨3連打。今までに見せたことのないような
強烈な逆転劇に会場は大喝采の嵐に包まれた。
本人も試合後感極まってしまうが、五番勝負はまだ1勝2敗。
次に繋ぎたい大金星となった。

第3試合は再びLTWトーナメント。
フラン,レミリア姉妹によるスカーレット家
てゐ,鈴仙永遠亭組によるてゐレーセン
スカーレット家組は旗揚げ大会より東プロマット制覇を狙っており
その実力は先のLSW選手権でも発揮されており
一方のてゐレーセンの実力は未知数。
特に後日U3級相当とされたてゐは初参戦であり動向が注目された。
試合内容はてゐの身体に外界に実在し、誰もがその突然の死を惜しんだ偉大なレスラー
が降臨したかのようなアクションにファンは歓喜。
試合内容は一方的な展開ではあり順当にスカーレット家が勝利したが
東プロの隠された楽しみ方がまだある事を証明した貴重な一戦となった。

本大会最終第4試合は更にそれに増して非常に楽しい試合となった。
放送席に座る『メインアナウンサー決定戦』と題され
前大会より放送にうだうだと口論が乗ってしまった小町への
白黒つけさせる一戦として本部長が当人達の許可を取らずその場で決定。
前大会では一方的に攻撃されたもこの日は自分の時間を作ることができ
また小町も初試合ながら自身のスタイルをアピール。
放送席には臨時として正規軍から魔理沙が代理で座ったが
まるでNTV所属Yアナウンサーの様な異様な密度の実況兼解説に
特に大会の放送視聴ファン人気の一戦となった。
試合自体は不毛の争いで双方の査定試合であった事が試合後発覚。
当人達の意思を完全に無視して今後も参戦させることを本部長が宣言した。

長い巡業の旅もまだ折り返し。
次回にも引き続くLTWトーナメントへの期待感を維持しながらも
東プロの新しい扉を開いた興行は無事終了した。
2008年3月11日

次興行『第05回大会詳報へ