※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第1章

<出会い>

作者:ガートン


「早く起きなさ~~い!!」
「んだよ・・・っておい!もう8時かよ!母さんもっと早く起こしてくれよ!!」
「何回も起こしたけどゲイトが起きなかったのが悪いんでしょ!」
「ん~あぁーもう分かったから・・行ってくんね」
「え!ご飯は??」
「時間無いからいい!」
返答を聞く前に家を飛び出したゲイトは自転車に乗り、慌てて学校へ向かう。
「やっべー!初日から学校に遅れたらセンコウに怒られちまう」
そう、ゲイトはハイラー星からこの星ラース星に転校してきた高校生なのだ。そして今日が転校初日、しかも普通の登校時間よりも早く学校に行って、先生達に挨拶をしに行かなくてはいけなっかた・・・・
「学校はっけ~ん!」
ゲイトはさらに速度を上げて学校の自転車置き場に到着した。
キィーーーーッ
「いっそげー!遅刻だ遅刻!」
下駄箱で素早く上履きに履き替え素早く教室に向かった
「え~っと確か俺のクラスは~・・・あ!あったあった1-3  よし!気合入れていくぞ!」
ガラガラ
ドアを開けて中に入ったら怒ったような困ったような表情をした先生が待ち構えていた。
「こら!ゲイト君、今何時だと思ってるの!・・・・まぁいいわ、まず自己紹介をみんなにして」
「すみませんでした・・・え~っと・・ハイラー星から来ました16才のゲイト・ハーレイといいます。どうぞよろしくお願いします」
先生に指示され、窓側の席に座った。
「やぁ初めまして、僕の名前はジール・ロイヤー・・・よろしくね」
声をかけてくれたその男子は背が高く足も長くていかにもクラスのアイドルって感じの人だった。
「あぁ」――
そして授業が終わり、家に帰ってる途中でコンビニでポテチを買って帰った
「ただいまー」
「お帰り、学校はどうだった?」
「いつもどうりかな」
そういいながら自分の部屋に入り、ベットに横たわる。
「はぁ~~・・今日は・・・疲れたな~」
だんだんと目蓋が重くなっていき、ついには、その重さに耐えられず目を閉じてしまった・・・・再び目蓋が開いたのは翌朝だった、しかもまた8時。
「あ!学校!!」
急いで準備にかかるゲイト。玄関を出る直前
「何をそんなに慌てているの?今日は休日よ」
すっかり忘れていた。自分の部屋に戻り、ホッとしたのか力が抜けてその場にねっころがってしまった・・・・
「何だか冷たくて痛い・・・ん?え??何で床で寝てんだ??・・・・・そうだ!寝ちゃったんだ」
そして時計を見た
「セーフ・・まだ7時だ」
今度こそ学校に遅刻しないで行けた――

第1章 END