※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第2章

<親友>

作者:ガートン


ある日、授業が終わり家に帰る途中に思った
「正直学校や家の周りはあきたなぁ~~・・・・何か楽しいことないかな~?」
すると後ろの方から突然声がした
「ハーレイくーん」
ゲイトの隣まできたジールは一度呼吸を整えてから再び話し掛けてきた
「ハーレイ君も家がこっちの方なの??」
「あぁ、ゲイトでいいよ。・・・そうだよ、俺の家はこっちだよ」
「そうなんだ!じゃあ途中まで一緒に帰ろう・・・ついでに僕の事はジールでいいよ。ちょっと質問してもいいかな?」
「いいよ」
「ハイラー星ってどんなとこ?」
「んーっと・・・一番似ているとこは・・・あ!そうだ!地球っていう星に似てるかな、地球には高層ビルがいっぱいあって車もいっぱい通ってるんだよ・・・でも少し空気が汚れてる・・・それに変わってラース星は緑が多くて自動車は排気ガスを出さないし動物が沢山いる・・・最高だね」
「そうなんだぁ~~ありがとう」
そんな楽しい会話が続き、ゲイトが家の前に着きジールに別れを告げた、するとジールはそこから7歩程歩いたとこでいきなり止まった。そして
「家、隣どうしやんけ!」
思いもよらない事実にびっくりした2人だが、しばらくすると笑いがこみあげてきて、家の前で大爆笑した
「こんなに近いんだったら最初から言ってくれればいいのに~」
「僕だってゲイトの家がこんなに近いとは思ってなかったから・・・」
「まぁいいや!また明日な!」
「うん!じゃあね」
ゲイトが家に入り2階の自分の部屋に入って窓を開けたら、そこにはジールの家の2階の窓があり、ジールがその窓を開けてこっちを見ていた・・・
「ゲイト、久しぶり」
「さっき会ったばっかじゃん!」
するとまたもや大爆笑。それからもそんなくだらない話を続けていた。2人はいつしか親友になっていた、2人がお互いに親友だ!といったのではなく、2人ともこいつといるのが1番楽しい!等を色々思っていたのだ。
「・・・・・ってか・・・彼女欲し~~~~い!!!!」
「ゲイト・・・そんなに大きい声を出したら近所迷惑だよ」
「あ・・・すまん」
「じゃあ今日はもう寝るか!」
「そうだね・・・もう眠いや・・」
「おやすみ~~」
「おやすみ」

第2章 END