※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「笑った」「笑えた」の若者語。

インターネットの掲示板「2ちゃんねる」からはやりだしたといわれ
おもにインターネット上のおもしろい書き込みに対して使われる。

「笑った」が促音の「っ」を抜いて「ワラタ」と表現されるようになり
それが次第に「ワロタ」「ワロス」と変化して流行した。
また、「ワロス」の前に、どれくらいおかしいかを「メガ」や「ギガ」などの単位を表すことばをつけて、

「メガワロス」などともいう。

メガよりギガ、ギガよりテラと、単位が大きいほど「よりおかしかった」ことを表現している。

形容詞の語尾の「い」を「ス」にする表現が若者たちの間ではやっており、

「怖い」は「コワス」、「気持ち悪い」は「キモス」、「かわいい」は「カワユス」となる。

文字で書くときは、すべて片仮名表記である。

2ちゃんねるで多用されることばはメールやブログでも使われるようになり、
やがて若者たちの会話でも使われるようになる。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|