※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



『サドンアタック』(SUDDEN ATTACK) は、韓国のオンラインゲーム会社GameHiが開発したオンラインマルチプレイFPS。日本でのサービスはGameHiの日本法人にあたるゲームヤロウが行っている。

1ルーム最大16人が参加でき、リスポーンありでホストが選んだフィールドで対戦できる。 チーム対抗でそれぞれ先に規定数のkill数を獲得するデスマッチと、2チームに分かれてオブジェクティブを遂行/阻止していく団体戦(爆破ミッション等)があり、それぞれのゲームモード専用のマップを使う。

日本では2007年7月26日からオープンβテストを開始した。

韓国産FPSで既に日本でサービス中のSPECIAL FORCEやWarRockと通信手段が異なり、P2P(ピアツーピア)技術ではなくクライアントサーバー方式を採用しているの(本家韓国はP2P(ピアツーピア)技術)が最大の特徴といえる。 しかし、パケットが送受信されてなくてもキル判定がでてしまうため、数秒パケットを止めることにより相手が止まっていて殺すことができるという致命的な問題がある。無線LAN等ではパケットロスが起きてしまうためこの分のラグが顕著にでてしまう。

比較的低スペックなマシンでも快適に遊ぶことができる。(必要最低動作条件はホームページで確認が可能)

他、ヘッドショット一撃でHPが即座に0になる(ダメージが4倍になる為、誤差はあるが威力が25%以上の武器なら一撃)、 ゲーム中の途中参加が可能(ルームオプションで途中参加禁止にすることも可能)などの特徴がある。

なお、この作品は過激な表現が含まれているため設定によって出血の有無や色を切り替えられるほか、年齢によって敵を倒した際の出血の演出が配慮される。(18歳未満の場合は血が白く表示される。)


wikipediaより^q^
添付ファイル
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|