※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「NPC紹介」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

NPC紹介」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *スィフルの街
 ***ガリーブ・アルアトワール
   男性 人間 38歳 暗殺士
   小都市連立地帯にある凌渦の支部が置かれる都市スィフルの支部長を務める。珈琲と化粧が好き。
   かなり頻繁に自分の爪の手入れをしているようだ。
   その為か、基本的に足技で戦っているようだ。
   「私の依頼(はなし)は一杯の珈琲から始まる」
 
 ***バフラーム
   男性 獣人(肉食獣) 40歳 愧拳闘士
   スィフルに住む凌渦所属の愧拳闘士。2mを超える獅子面の獣人。かなりの高レベル。
   弟子とか取る人間にいは見えないが、なぜかソルーシュは受け入れたうえに、親代わりになって育ててくれた。
   ソルーシュの言動から察するに、非常に大雑把で豪放で野疎で体罰上等な優しい人間であったと思われる。(←何か矛盾してない?
   ガリーブとは既知の間柄。もしかして、元冒険仲間か?あと、ソルーシュの両親とも知り合いだった。
 
 ***サーリヤ
   女性 人間 20歳前後 幻鏡術師
   スィフルが邪霊たちに取り囲まれ危機的状況の時、支部にかくまわれていた女性。
   邪霊たちが狙っていたと思われる「太陽の証」とされる日時計の部品の一つを持っていた。
   日時計は今も地上からの太陽の光を浴び、はっきりとした"影"を作り出す。
   サーリヤは他の部品の一つを持っていたソルーシュに自分のものも託し、ソルーシュが地上を目指す事を願い散っていった。
 
 
 *ワーヒドの街
 ***シャーヒーン
   男性 28歳 刀士
   黒髪に鍛え抜かれた体躯をしており、腰には銘獄刀を佩いている。
   ワーヒドを治める王。ジャハンナムだと若いとは言えない程度だが、比較的若いと言えなくもないくらい。
   若き頃はその銘獄刀により数々の武勇を馳せ、浴びるような名声を得ていたとも。
   現在独身。
 
 ***カミル
   男性 25歳 樹芸使い?
   うすい青色の長いまっすぐな髪をおろし、一部を結っている。長衣を身につけ、杖を持つ。
   シャーヒーン王の右腕として、仕えている。
   元は聖樹教会の司祭の一人だったが、シャーヒーンが王に立つときに教会を抜けた。
 
 ***ケット・シー
   女性 獣人(小動物) ?歳 ?
   ネズミの獣人のバーちゃん。ワーヒドの街にある凌渦支部唯一の享受者で支部長。
   たくさんのネコを飼ってる。
 
 ***アラヴァーン
   男性 人間 15歳? 鷹匠?(まだ享受者ではないらしい)
   ラザックの帰りを、ベットの上で全裸待機して待つ変態少年。
   そういえば、一応鐘杏だった。
   あと、歌が上手い。
 
 
 *ウァス
 ***ザイン
   ラバーカとラザックの元上司。元は小都市連立地帯の1都市の支部長だったが、現在では鐘杏の本部で働いている。
   紫杯連を抜けた事を許す代わりに、ラザックには湖の底のフィサールの迷宮の攻略を、ラバーカには魔具〈衷疑(ちゅうぎ)〉を科した。
   何か他にも色々とアラヴァーンと一緒に企んでいそう。
 
 ***ツァディ
   女性 妖霊 ? 使役妖霊
   ラバーカの母ユディの姉。ラバーカに魔具を施した技師に従う妖霊。
   妹がまだどこかで生きているかもしれないと思うも、裏切り者である為探す気はない。
 
 ***ヌン
   元祖凌渦ラーメンのオヤジ。凌渦のウァス支部長。
 
 
 *ディーグ山脈
 ***“緋熊”のヨッド
-
+  男性 獣人(肉食獣) 40代
+  白熊の獣人だが、敵を殴り殺すその凄まじい戦いの様から“緋熊”と称される。
+  ディーグ山脈に隠居しつつも、今なお自らを鍛え続けている。
+  食事はイスナーンの村人と狩った獣の皮との物々交換で手に入れる。たまに幻鏡術で出すこともあるが失敗もままある。
+  ガリーブやバフラームの仇に目がくらんでいたソルーシュの目を覚まさした。
 
 *イスナーン
 ***おばば
   女性 人間 ?歳 邪眼術使師
   村の生き字引的な存在で、村の者たちからの信頼は篤い。
   イシュタルの故郷であるティファレトを追われた一族の末裔。
   里から追われるも、里を守る役目も負っていたようである。
 
 *ティファレト
 ***“ゼラキエルの巫女”シン
   女性 人間 故人 聖眼術師
   イシュタルの母。ティファレトで一番崇拝されていた巫女。
   “輝く”シャムスの祝福?によりイシュタルを身ごもったと思われる。
   2年前里が襲われた際にイシュタルとともに連れ去られ、数ヶ月前に死去。
   彼女の遺体は、イスナーン近くの洞窟にあった天使の遺跡で魔術の楔として使われていたが、イシュタルたちの手によって解放され荼毘にふされた。
 
 ***“輝く”シャムス
   ティファレトで崇拝される天使。
   日食のときに神殿に現れて巫女に託宣を下す。
 
 
 *所属不明
 ***エレキシュガル
   女性 人間? ? ?
   イシュタルそっくりな女の子。
   邪霊を操っていたように見えるが……
 
 ***ラーフ
   男性 人間? ? ?
   囚われていたイシュタルを気にかけ、逃がしてくれた少年。
   イスナーンの村ではふいに現れ、つかの間の再会をした。
 
 ***ソレイゲン
-  男性 人間 生死不明 ?
+  男性 人間 生死不明? 覇杖術士
   《覇杖術》の創始者。20年前の抗争の最中行方不明になった。
   ワーヒドの北方にある湖の底にあるフィサールの迷宮にラザック宛てで手紙と《樹芸》と《蛇芸》を記した巻物を残した。
 
 ***サーゲン
-  ラザックの父。ソレイゲンと兄弟だったらしい?
+  男性 人間 故人
+  ラザックの父。ソレイゲンと兄弟だったらしい。
 
 
 *邪霊etc.
+***“炎熱将”ザアロロヌア
+  中間派の首領級邪霊。バクタヌスを従貴としている。
+  バクタヌスにスィフル攻略を命じたと考えられるが、中間派のザアロロヌアが誰から依頼を受けたのかは不明。
+
 ***“愧じること無き求道者”バクタヌス
+  ザアロロヌアの従貴。愧拳術の創始者と伝えられる。
   スィフル攻略を行った。ガリーブ、バフラーム、サーリヤを屠った。
 
-***炎熱将ザアロロヌア
-  首領級邪霊。バクタヌスを従貴としている。
-  バクタヌスにスィフル攻略を命じたと考えられるが、中立派のザアロロヌアが誰から依頼を受けたのかは不明。
+***“隔意の肯定者”ゾーライザ
+  中間派の首領級邪霊。〈世界意思の雫〉の謎に興味を持っており、集めているらしい。
+  エレキシュガルに代行分体をつけているが、目的が何かは不明。