5話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

砂漠の街に蠢く食人鬼


4日後。ライヤが日課の魔書との格闘をしているところから。魔書が突然声を変えて「近々面白い事がおこりそうだ……」「教えなさいよ!」「いや、そのうち分かるだろう……」「いいから!(じゃらじゃら)文献で4!」パラス「文献で魔書をぶんぶん振り回してる感じ?w」「こら、乱暴にするな」「普通に話さないからでしょ!このページね!」「うまそうな魂がありそうなんだ、げへへ」「あんた別に邪霊じゃないでしょーが」

  • シュマロで何か起こるらしい。シュマロは難民街。ちっこい街。
  • 兄さんが妹にいい鎧を買おうとして、結局普通の鎧を買って、文無し。
  • 支部のショレフはのんびり。
  • アルはお庭で花を眺めてる。
  • タベルでは何にも情報ないけど、魔書が自らしゃべるなんて事はじめてで、「弱きものを見捨てない」パラスに急き立てられるように準備し、黒沙船でシュマロの街へむかう。

  • 中ではすごいくさかったり寒かったり。つまり到達感覚びんびん。
  • 「あ、ルルブ見てたら、インクリースが標準の魔術にしかのらないって書いてあった」「でもインペイルは発苦つけたから出力かわんないね」
  • 街を歩いている人がなんかバカっぽい。
  • 凌渦支部に人いない。
  • 中心に無理やり作った井戸の幻鏡域と、そばにある長の屋敷に近づくにつれてバカっぽい人が増える。
  • 途中の路地裏で人が人を襲ってる!
  • アルがフィアーで人を逃げさせようとするも、半分くらいしか効かない。
  • グールグーラーグーレスト。倒す。我慢する意志のあるグールなんてライヤも聞いたことがない。
  • 助けた人は非認識の呪いにかかってるっぽい。凌渦支部に放置して原因らしき場所へ急ぐ。

  • 夜になる。
  • アルがぱた。むく。サリュがこんばんは。
  • 屋敷から節くれメイドが出てきて、ランプをともす。
  • 「アウトね」「確定でしょう」
  • 屋敷にはいる。
  • メイドと執事が5人ずつ。
  • すごい人間wがお出迎え。ラズアルグール。
  • 激しいグール無双。
  • 倒す。
  • 20万Di相当の財産発見。分ける。
  • しかし非認識の呪いを使うなんて、まさか首領級邪霊でもかかわってるのかな?非認識の呪いはオキエオドの術……。
  • 「御伽噺でしか聞いた事ないわ」

  • 兄妹が帰ってくるころに、イルカの親玉が歩いてくる。ぺったらぺったら。糸目。
  • 魔物知識成功。邪霊の拷問吏、ズ・ルヴァイスン。
  • 「やれやれ、グールが大量発生していたから様子を見に来ただけなのに。どうせ干渉派のだれかがやったんでしょうけど。人間を全滅させたらまずいじゃないですか」
  • 「おや、お嬢さん。感心しませんねえ。人の身でそのようなものを集めるなんて」
  • 「それにあなたも、そんなところで何をなさっているのですか。代行分体とはいえ人に使われるなんて」
  • !? バートンが!?
  • 「あの方の趣味にも困ったものです。……みなさん雫をたくさんお持ちですし。それを見逃したらわが主に叱られてしまいますしねえ。渡していただけませんかね」
  • ライヤ見て、それから雫を見て。
  • いまさら魔書を手放したところで、どうせいつの間にか手元に戻ってくるんでしょ!
  • 「しかたありませんね。4人殺す程度でしたら、わが主も許してくださるでしょう」
  • こんな所で地上への手がかりを失うわけにはいきません!薬をがりっとかじる。
  • 4mほどに大きくなって、目をかっと見開くイルカ。

  • 砂漠じゃないから特殊能力つかえねー!(GMの叫び)
  • 凄惨な晩餐だけ使える……これ生命力と気力にダメージを与える技ね。
  • 殴る殴る!プロテクトやバリアや暗撃や鋼壁や霊絶が乱れ飛ぶ。
  • 離脱をしたりしなかったり。兄が堕落して妹と協力してイルカを抑えたり。
  • あ!主判定数17なのに、離脱で17個振って4しか成功してない!
  • それ私3成功してるから、1堕落したら止めれちゃうじゃないですか!1堕落で標準行動1回無駄にできるんならしちゃいますよ。
  • 2回目は離脱成功してライヤに襲い掛かってくるけど、兄が撃壁する。
  • 「砂が無いと駄目ですねぇ」イルカ死亡。不滅だからそのうち帰ってくるけど。

  • 無言で魔書を開く。本当に魔書なの?返事はない。
  • 町の支部やらなにやらは全部壊滅してる。鷹で報告して、片付けて、残った人を近くの町まで護衛して、帰る事に。
  • 次の日、もう一度魔書を開く。ラックもらって、文献で達成値4成功。「なんのことかな」「雫を集めればいいだろう」「正体を知りたければ最初の遺跡の奥に行くが良い。ぬはははは」
  • うるさい!ぶんぶん(文献で振り回す音)
  • 次回はウァスへ!