最終話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ま:テーマのない邪霊は作りにくい!まぁいいや……
ひめ:それ今日もシナリオできてないってこと?
ま:いや、シナリオはある。データがない。
ねー:いいよ。ご飯食べてるし
ま:よーし、データがんばるぞ

Mc、O:(なんかパソコンいじってる)

ま:未知4?3?……よし、しらん。僕はデータを見ませんでした。
全員:ちょw見るからってwikiにデータあげさせたんでしょww
ま:うん、前回のはみた(酷
ま:流水って書こうかなあ
お:流水ぃ?
M:レベルいくつかにもよる
ひめ:にーさんあたらなくなるじゃん
ま:こうへきとどっちがいい?
M:レベルによる
お:どっちでも……
ま:こうへきなら5ランクって言うんだよなー
ねー:それでここの気力がどんどん減っていくんだよね

ま:あ゛ーーーーーーーーーーーーーーー!!!

全員:どしたの?

ま:インペイルわすれてたーーーー
ねー:いまの発言で気づいたのww
ま:あれ12点くらいでるよね……
ね:ん?10点くらいじゃない?
お:(データ見て計算を始める)
ひめ:今回ダイス一個増えるよね
ね:いっちゃだめー
ま:計算しなおし……
お:ん……前回のインペイル実績値は12.25
ま:やっぱそのくらいでてるじゃん

GMが黙々とデータ作る中、マリ見てとかマリホリとレギオスの話題で盛り上がる

ま:三時こえたーーーーーーー
M:予定時刻越えたね
ま:あ、エンディング考えておいてね
ひめ:いつもどおり、地上にいきたい
M:ってか今考えられないよ
お:この状態で言われてもw
ま:まあ、何やりたいか考えとけってこと
ねー:あたし今行きたいエンディングにいく条件厳しいから……できるかなー
お:ライヤも地上かなー……

最近のアニソンの話で盛り上がる

ま:とくしゅのうりょくのなまえー
お:(ぼそ)うーろんちゃー
ま:よし、そうかこー
ね:まてww何が起こるwww
ま:精神抵抗は……
M:だから何が起こってるんだww
ま:精神抵抗くらいしたいよねー
ひめ:そりゃしたいよw
ま:よーしそろそろだ

===========================================

ギャムゾムの対抗策を二つゲットしました。ってところから。

ギャムゾムは爵位は男爵。だけど世界意思の雫があるから強い。とると所詮ヴァーシャニス。
ね:それって前回のキャンペーンのラスボスじゃん。
M:何人か飛んでった奴

ま:で、みなさんタベルにもどってきました。

3にん(ころころ…あ、これA評価くらいだ。~ころころS、ころころS、ころころA)
ま:おまえは空中庭園に吹き飛ばしてやろうかw
お:すいませんww

ま:で、意思の雫、壁掛け程度の絵画だけど
M:ずいぶんカオスな風景なんだけど。火山と山と氷山w
ま:いまなら望めば結構な風景見えるよ。組み合わせで場所も変わったり。で、いま、雫が明確に
「こら、おまえ、集めんかい」という雰囲気が伝わってくる……かは意思疎通
ぱ:(ころ)2.
ま:……の、ような気がするw

ま:で、どうする。ぶっちゃけもうNPCからの依頼は、そうない。
あ:行くしかないんじゃないんですか。
ら:そうね。
ぱ:天使の遺跡まで。四行詩をみに。

ま:竜巻はきえたまま。
ぱ:みなさん、準備はいいですか。
あに:えりくさもったしー…
ら:(おもむろにダイスを振りまくる)
ま:なんじゃ、じゃらじゃらいってる
ら:鎧3つと、皆に天空体制と、パラに姿勢制御つけたのww
ま:うっとおしーなーw
ら:心の準備は大丈夫?
ひ:自我も増えたしなー
あ:こくんとうなづく……って、今はロールプレイ的に聞いたと思ったんだけどなーw
ひ:だってー

ぱ:雫を出す。

扉が音を立てて開く。スライドドア。
ピラミッドの上だから、下にさがっていくよ。

みんな:ぴらみっどだったっけw
ま:おれ最初にいったよw マヤ文明のピラミッドみたい。中は暗い。
ら:秋星 付けるよ
ま:第一話であるいた迷宮や、前回のポリゴンに近い。階段を下って、途中の踊り場は分岐があったりもするけど。
シャ:最深部目指すだけさ
ま:まあ、そんな魔物の気配もない。下っていくと、前回見たような扉が。上であったのとおなじ文様が。
ぱ:ここでも雫を。

ま:ひらく。と……魔術知識!
あ:4!
ら:5!
ま:そこにはワープが……ワープって行っちゃった。地底世界の辺境に繋がる通路が続いてる。うめき声とかもいっぱい。
しゃ:獄っぽいな。
ぱ:行きましょう。
あ:…ずっとこくりと頷くばっかりww台詞がないよーw

ま:そこには邪霊律が……!
しゃ:無効化できる?っていうか気づけるの?そうじゃないと仲間はずれでやだw
ぱ:兄さんが無効化できるなら首領級じゃないね

Lv1:徒労の議論
魂が議論を続けている。たったり座ったり。ある意味優雅。
ぱ:国会答弁みたいw
あ:徒労……。
ひたすらしゃべり続けてる。
ある意味拷問だねー。
精神力に関する判定の達成数が1点減少します。

兄が、「あっちだ」(視覚10で瘴気の濃いところが見える
ぱ:もちろん真ん中突っ切るんだよね
ま:もちろん!

ま:地上があるとかないとか……
兄:はいはいはいはい!地上はあるー!
妹:兄さんが邪霊に取り込まれたのかと

ジャハンナムの成り立ちとか、父の行方とか……
自我で3!
あるだけ0成功!

ら:うわー、めちゃきになるw
兄:ある、こっちだから!
あ:えー。でも、お父さんの行方……
兄:ほら、行くよある!
あ:ずるずる引きずられてく。
ら:ここで話してるのまやかしだからw
あるは足りない数×10てんの気力を食らう。

徐々にうるさくなってくるよ
妹:切りたくなってきた。
兄:やりたかったら素振りしてきてもいいんだよ。うん。
あ:優しいんだかなんだかw
ら:にしてもうっとうしいわねー

兄さんの耳に蓋する幽霊

一部で指差して近寄ってくる魂が。それにつられてたくさん。
「お前たち、雫をもってるな!それをよこせー」
妹が刀で散らす「いまのうちに!」
こくりとするある
ら:急ぎましょう

見渡すかぎり人のうみ…のなかに、頭5つ分くらい抜けた人がいる。巨人。
それも「雫をよこせー」って

妹:それからじゃ霊の気配する?
ばりばり。
ていうか、雫めっちゃくっついてる。
ぱ:前くらい隠しなさいw
ら:ていうか、雫が隠してるんじゃないの?
ぱ:モザイクみたいに??そんな雫ほしくないwwwww

ギャムゾムが動くと、足元でぷちぷちつぶれてく。

2Lv邪霊律追加!「欲望の枷」
その辺の魂が雫の保持者によってくる。まとわりつかれている間、手を使った動作ができません。
戦闘中は準備行動使えば、標準できるけど。
もしくは別キャラが、標準使えば、次の1Rははなれる。

============================================
ギャム様がでてきたので魔物知識。
兄…7行く必要ある?
妹いや、他見てからw
ライヤ8!

ギャム:意思の雫の意思が上位邪霊を半ばのっとってる。強さ評価13。(雫抜き)

イニシ
兄 16
妹 21
ギャム 15
あ 7
ら 5

戦闘は別紙。
============================================
ギャム倒しても獄のこってる。
鍛錬…ある6 ライヤ4 ほか2と1

お父さん見える!「シャバーズさん、お父さんがあそこにいるんです!」
兄「わかった、回収してあげるから。」
妹警戒。ライヤも警戒。みんな薬飲む。
兄魂に近づいていく。
(テリ大瓶)
ある、1,1,1,2,3、
ライヤ1,1,1,5,6、

ナースィル「おお、アルか!……こんなに大きくなって、俺のために……。」
ある「シャーディさんも、待ってるよ」
アル「ナースィルさん、お父さんの事知ってるんだよね」
ナースィル「ドゥルジの獄から一緒に連れてこられた事までは知ってるんだが。あそこには一緒にいた。気がついたらここにいた」
アル「そっか。わかった。じゃあ、今は、おつかれさま。しゃばをみる」
兄「じゃあ、ここに。しゅぽん。きちんともってかえる」
アル「(これで、おしごとおわりかな)」

ライヤと妹が警戒してると分かるけど、どこからともなく、上のほうから声が振ってくる。ため息とともに。

「まさか、ギャムゾムが、お前たち人ごときに破れるとはな」
ら:はっとして、本を一瞬開いてみる。ちらっと。
本は「おー。俺だ俺だ!」
ら:やっぱり……
上は美青年。CVはふくじゅん
あ:えー、ふくじゅん? ふくじゅん好きじゃない
兄:ふくじゅん、ゼロ声好き
ま:じゃあわかもととふくじゅんの声がシンクロ……
みんな:うわー!親子が!ビジュアルが!皇帝とゼロにw

ぱ:ビジュアルが仮面の変態に……
ま:じゃあもういいよ。黒い瘴気がマントに。ゼロ声で。「ふん、まあいいだろう。少々予定は狂ったが」
ま:「この私が直々に回収すればいいこと。コマにしては働きすぎたな」

魔物知識
兄7 アル6 ライヤ4 未知4。
ら:結果は見なかったことにして「ゾーライザ……」って呟く。
ゾーライザの代行分体。両手に瘴気をもって。無口で上品。嘘。しゃべる派手な代行分体なんだよ。
黒く冷たく、常人を凍死させる。
ゾーライザの周りは冷たい瘴気。
イニシ25。瘴気の剣。

ら:「あたしたちはこまじゃない!自分たちの意思できたのよ」
妹:「この雫はもらっていきます」
ぞ:「まったく、人と言う種族は……」
兄:「お前に、俺たちを制限する権利はない」
ぞ:「この私に権利があるかどうか、お前たちに決められる筋合いはない」
ぞ:ぱを指して、「おとなしく雫をおいていけ。命は助けてやる」
妹:「おことわりです」
ぞ:「コマのクセにまだはむかうか」
妹:「あなたに従う言われはない」
ら:「知的を装っていても結局ちからづくなのね」
ぞ;「ふん、はむかった以上、魂も私のところで苦しむが良い」
兄:「そんなのお断りだね!」

黒い剣もって降り立ってくる。
========================================
戦闘別紙。「隔意の顕れ」 自分より低い知力の人への支援は、(イニシタイミングで自我4!)に成功しないとだめ。

常時の特殊能力1
世界意思の抑制 解放できない
いてつく瘴気 ラウンド終了時に、寒冷耐性、寒冷無効を失う。もともとなければ20点。


=========================================
ぞ:ば、ばかな……!今回はお前たちに預けておこう……。ばしゃーん。
散らばっている20個拾う。そして走る。出口まで。
外はゲヘナ。
ライヤが船を作る。
あ:「ここはどこでしょうね……」
ぱ:所有宣言。20個フル。到達感覚全部6超えた!

30個くらい組み合わさると、すごい綺麗な風景が。空も綺麗。青い。太陽も一つある。
ら:「こ、これは……」
雫:脳内に直接囁く。「私をここまで集めたものは久しぶりだな。お前たち、ここまで集めたからには、何か願いでもあるんだろうな。このままもっと雫を集めて、私を復活させる気はないか。」
兄:「復活?」
雫:「我の名は、ダッジャール」
ライヤ:6個。0番目の首領級邪霊!イブリスに消されたという……。
兄:(邪霊ウィキにのってなかったけれどな。)「願いは……、どの程度まで、見ていただけるんですかね」
それPC発言?
ひめ:いや?
いやってw
あ、PCだよ
雫:我が力を取り戻せれば。弟や妹など
兄:いや、そういうことじゃなくてですね。ほら。
妹:地上への道を。
アル:私は、地上より……。私の願いも聞いてもらえるんですか?
雫:まあ人の願いのひとつやふたつ。
アル:……シャバーズさん、そこにはいるのは一人なんですよね。
兄:ああ。
アル:両親の魂を、返していただきたい。
雫:少し待っておれ……。
しばらくまってから。
雫:お前の両親は、……って、アルのエンディング終わりそうにないなw
ここでD20だよw
うむ。…(ころころ)
M:アルゴルのところにあるんだろ
雫:びんご(一同大笑)
雫:まあ、直接そこにあるわけではないが、……ジュウキのライルとミニフェルが持っている。XXに。行くと言うのであれば……我が気づかれるのもめんどくさい。
ぱ:どうしたら気づかれるのですか?
雫:……アルゴルに目をつけられるだろうし、ゾーライザは気づいているかもしれないが……。
アル:ちなみにダッジャールさん。あなたと契約しているぱらすが地上に行ったら、あなたは?
雫:まあ、所詮分体だしな。ついていっても。そこの人間の娘が、地上に行きたいのであれば。

ちなみに……ダッジャールポイントが得られますw

しゃべるたびに人格変わってきたwイブリスのクソやロウとか…w

兄:保留ってできます?
雫:保留?
ら:もっと集めるって事。
雫:それは大歓迎だが。そういえばお前の目的を聞いてはいなかったな
ら:あたしは興味深い事が見たいだけだから。地上はそのうち見れるってことがわかってるし、あなたを観察するのも楽しいかなって。
アル:バートンもいなくなったしね。
ら:それもちょっと寂しかったりするし。
雫:……そいつをよみがえらせたいのか。ふむ。白炎のすごいのでぴょいっと出てきた。
アル:ナーセルおじさん……
兄:魂装協会じゃなくてごめんなさい。
な:ここは……あ、あれは太陽!?
アル:いま、ちょっと込み入っているので……。そういえばおじさんのランクは?
GM:40から50くらい
アル:鍛えれば何とかなるかな……。

兄:ジンになるんですか?
妹:アルを一人でいかせるのも……。
雫:そこの人間の男も、願いはないのか。無欲な奴だな……
兄:! 無欲! 無欲だってさ!
妹:いま、ここで決めるのは無理そうですね。それに、あなたに頼ると、何が起こるかわかりませんし。
ら:そうね
妹:もうしばらく、様子を見させていただきましょう。
雫:隠れ蓑があるのはいいしな……。集めてもらえるならば。……ぽよん!
……外見決定!パラが一瞬想像してしまったやつに。
「知的だが冷たい」性別女。スマート。外見年齢……CCくらい?
妹:……じんに趣味?と聞く
雫:おまえにあわせただけだ
兄:えぇっ!!??……ぱら!?
ら:……きっと深層意識から得たんじゃないかしら
兄:ええ!?本当はこんな格好したいとか?
妹:いえいえ、……必死に弁解w
兄:町は?
雫:あっち
ある:それって埋没都市じゃないでしょうね
雫:お、ちがったのか
兄:ジャハンナム!
雫:それはあっちだ
妹:じゃあ、帰りの船で、あなたの話を聞かせてもらいたいですね
雫:話せるものならな
兄:すこし、寝てもいいかな……。
雫:ふむ……(幻鏡でコテージを出す)。それからすげー封印具をつくる。ごてごてしたやつ。
妹:……あ、ありがと……。
雫:じゃあ、私は寝る。しゅぽん。

皆で街にかえっていく……まだまだ旅は終わらない