それいけ白虎 第一話 「うなーっ!」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

これは投稿作品ではありません。これの副産物です




 びゃっこたんはトラである。
 猫ではない。断じて猫などではない。
 つぶらな瞳と白い体毛、シャープな黒の縞模様がその証拠だ。
 正式な名前を「十二天将軍『白虎』」というぐらい、その実力は計り知れない。
 まさに「最強」と呼ばれるにふさわしいこのビースト・ラルヴァは、今日のお昼も醒徒会長・藤神門御鈴のデスクに乗っかり、のんびりと昼寝を楽しんでいた


「白虎ちゃん。ほぅら、こんなものを持ってきましたよぉ」
 微笑を浮かべつつおっとりとした口調で近づいてきたのは、しっとりと潤う黒髪も美しい、高等部の女子生徒。
 水分理緒。十六歳。
 ぱちりと白虎は片目を開く。するとビシッと起き上がり、「んなっ!?」と鳴いた。
 理緒はにこにこしながら、ちらちらと、細い指先の真上で「エノコログサ」を揺らす。
 すかさず白虎は飛翔した。


「やんっ! びっくりしたぁ」
「んなっ! んなっ!」
 白虎はしなやかにデスクから飛び上がり、理緒の摘んでいるエノコログサに突っ込んでいった。
 しゅたっと絨毯の敷かれた床に着地すると、すぐさま振り返り、今度はその場から飛び掛る。
「うふふ。もう、やんちゃな子なんですからぁ」
「んなっ! んなーっ!」
「こっち、こっちよぉ。白虎ちゃぁん」
「んなーっ! んなぁ――ッ!!」
「ほら、ほらぁ。ちろちろちろー。うふふふふっ」
 小さな白き神獣はぴょんぴょん、夢中になって理緒のエノコログサに触れようと宙を舞う。


 びゃっこたんはトラである。
 猫ではない。断じて猫などではない。
 しつこく繰り返すが、上級ラルヴァが双葉学園の飼い猫であるわけがないのだ。



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。