難波 那美


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

難波 那美 

「私は静かに目立たず学園生活を送りたいの!」


基本情報
名前 難波 那美(なんば なみ)
学年・クラス 高等部 3年生 3-5
性別
年齢 18
身長 173㎝
体重 58㎏
性格 面倒くさがりでサボリ魔。
実技訓練には積極的に関与しないが要領がいい。
研究所暮らしが長いからか、ラルヴァに対する知識がそれなりにある
生い立ち 1999年の中央高速道路での2体のラルヴァの戦闘に巻き込まれ天涯孤独の身になる。
その際に自身も左腕の肘から先を失い、生死の境を彷徨うがラルヴァによって左腕を再構成され、一命を取り留めた。
現在は研究所で後見人である我妻 啓子博士と生活している
基本口調・人称 ~でしょ? ~だし ~君 ~さん ~先生 敬語は特定の相手にしか使わない
特記事項 学園都市のラルヴァ研究所で生活をしている為部活や委員会には所属していない。
黒髪のポニーテールだが毛先が白い。
左腕の肘から先の色が違うため、夏でも長袖のブラウスを着ている



キャラデータ情報
総合ポイント 26
レベル 10
物理攻防(近)
物理攻防(遠)
精神攻防
体力
学力
魅力
能力 荒神の手(ゴッドハンド) 対象を握りつぶす異能力

その他詳細な設定


 左腕がラルヴァな為、強力なラルヴァ用センサーやラルヴァをオートで追跡する能力などに引っかかることがある。
左腕のラルヴァの名前は「ミナ」、もともとの名前はぜんぜん違うらしいが気に入っているようだ。
ラルヴァと完全に同調すると左腕に輝く刺青のような痣が浮かび上がり、この状態では人間の反応が消え、センサー上ではラルヴァの反応だけが出る。



登場作品


荒神の手




作者のコメント


 死ななければ何をして下さっても結構です。
こんなキャラですが双葉学園に在籍させてあげてください。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。