有葉 千乃


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

有葉 千乃 

「女装はね、女の子じゃなくて、男の子がするもんだよ。だから、ちっともおかしくないんだよ!」


基本情報
名前 有葉千乃(あるは ちの)
学年・クラス 高等部二年H組
性別 おとこの娘
年齢 17歳
身長 約130cm
体重 不明
性格 明朗快活、天真爛漫。ただし、ちょっと残念
小さいものは大概かわいいと思えるアバウトな美的センス
生い立ち
基本口調・人称 ~ですよ、~です、~だよ 一人称は私
基本的に他者に対してはさんづけだが、親しい人物には
愛称をつけて呼ぶ
特記事項 一見するとトロそうだが、運動神経、スタミナは
異常に高いレベル(訂正)。ただしよく転ぶ

能力


 あらゆる生き物の精神、思考をコントロールできる能力。発動するには、対象に接触することと、愛称を付けてやる必要がある。完全にコントロール可能な生物は常時一体のみ。完全支配下にある場合は、精神感応状態にあるため、苦痛から幸福感まで共有する。そのため、戦闘時においての従属させた生物の死は、即命の危険に繋がる。

その他詳細な設定


 女装している理由は不明(恐らく娘が欲しかった父の趣味の影響であるらしい)
 これまた理由は不明だが、周囲もそれを普通のものとして受け入れている
 背が低いコンプレックスのためか、やたらとお姉さんぶる(お兄さんだけど)
 幼馴染でクラスメイトの春部里衣がいつも傍らにおり、過剰なまでの保護欲を有葉に向ける

 母親は有葉千佳(あるは ちか)
 おっとりとした性格だが、時に厳しく冷徹になることも
 彼女も息子同様に能力者であり
 単純な肉体強化系で、人ならざる超人的な活動が可能となるチート能力者
 単純故に強力だが、本来持つべき能力に比例した肉体的強度を持たないため
 最大限に発動させると引き換えに自らの肉体にも筋組織の破壊や骨折をもたらす
 地方の名家(という名のヤ○○)である有葉家に暗殺者として潜入した現千乃の父を
 肉体の損傷を省みず撃退したことで彼と出会い一方的に好かれることになり今に至る

 そのレベルキャップとなるのが父親(名前不明)
 身長163cmのイタリア系アメリカ人
 能力は若さのやり取り
 接触によって強引に奪うことはもちろん、キーとなるアイテムを相手に与えることで若さを与えることも可能
 その能力を使い、敵対者やアウトローから若さを奪うことで永遠とも思える時代を気ままに生きてきた
 無限とも思える時間の中で得た豊富な知識や修練によって人として身体能力は限界まで高められているらしい
 こっちもやっぱりチート
 なお、彼がわざわざ自分が老齢化することを厭わず千佳を若いままにしているのは
 能力の発露が不十分な幼年期で成長をストップすることで彼女が能力で自壊することを防ぐためであり
 おそらく千乃も成長による能力の強化を恐れてキーアイテムであるブレスレットを渡し成長を妨げていると類推される




登場作品


 ・【召屋正行のささやかな日常はこうして壊れた】 そのいち そのに そのさん



作者のコメント


 この世界の片隅にでも存在させて頂けたら幸いです
 初期とはすっかりキャラが変わってしまったのでちょっと修正
 ゴメンナサイ
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。