【ミカとリカ 後編】


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 ミカとリカ 後編



 みかは高校生になっても、中村里香だけは特別な存在として扱ってきた。里香がやりたいと言ったことなら何でも協力してきた。みかがテニスクラブに顔を出していたのも、過去の出来事があったためである。それがみかにとっての大切な「日常」であった。
 だが先日あのようなことがあり、当然のことながら初等部のテニスクラブは無期限の活動停止となった。児童を監督していなかった顧問はクラブに所属していた児童たちの親に徹底的に叩かれ、学園側も重たい処分を下したという。
 そして中村里香も初等部児童に対する暴行により停学処分となった。学籍番号と氏名、そして「停学」の文字が大々的に掲げられた掲示板には、放課後になると大勢の学生が詰め寄り、早速事件について根も葉もない噂話を立てていた。
「停学」の文字だけを確認したあと、みかはため息混じりに人だかりから離れた。足早に学園から出て帰途につく。
「すぐに気づいてりゃあなぁ・・・・・・」
 里香がラルヴァを前に理性を失うのは、実は今に始まったことではなかった。双葉島では異能者とラルヴァとの戦闘が頻発するので、みか・里香のペアも例外なく戦闘に巻き込まれることがあった。
 そうなると大変であった。里香が暴走するのである。だからラルヴァ相手に力を使いすぎないよう、里香が残虐行為に走らないよう、みかが彼女の前に出て戦ってきた。いつも里香のそばについていたのは、実はそれが大きな理由であったりする。里香を止めてやれるブレーキの役割を担っていたのだ。彼女は非常に危険だった。
 しかし今回の事件はみかも予見できなかった。いつものように男子たちと遊ばずきちんと里香の隣にいるべきだったのだ。まさか、ラルヴァの子がクラブにやってくるなんて。
 雨雲は今にも層ごと落下してきて、不愉快な灰色の塊をこの島や学園の校舎や自分に叩きつけてきそうな気がした。時折雲の中身が白く閃いた。今朝もみきは雷を怖がってぐずってしまい、マンションからたたき出すのに一苦労してきた。
 みかは自分自身が激しく落ち込んでいることをわかっていた。だからクラスメートもむやみに詮索をしてこなかった。みかは彼らの優しさに感謝していた。
 あの見慣れた親友の笑顔が、どんな憂鬱も雨雲も押しのけて明かりを照らしてくれるあの笑顔が、今日の教室にはなかった。寂しかった。もう二度と見られないような気がして、なおさら。みかはそれまでの「日常」の尊さを痛感していた。「日常」は壊されるためにあるのかな。壊されたり変わってしまったりするから大事なのかな。そう悲しいことを思っていた。
「難しいネ」
 ふと、そんな言葉が口から滑り降りてきた。何が「難しい」のか、言った本人はよくわからない。とにかく物事は「難しい」。
 ただ笑っていればよかった、ただ遊んでいればよかった、ただ戦っていればよかった――そんな無邪気な時期は終わってしまったような気がしていた。今後は何かとこう「難しいこと」が悪意を持って自分たちに襲いかかる。邪魔をする。足を引っ張る。意地悪をしてくる。いつまでも子供でいられるわけはなく、どうしても嫌なことに目を向けなければならない。
 出血と黄色い吐しゃ物と、涙でぐしゃぐしゃになったタヌキの子の泣き顔を浮かべる。
みかはひどく哀しくなった。
「あたしたち、ちゃんと生きていけるのかな?」
 ――これからもずっと、一週間後も一ヵ月後も、一年後も。
 みかたち姉妹の暮らすマンションは遠い。毎日徒歩で三十分かけて登校している。島に移住してきたさい都合が着いたのがその部屋だけだったので、文句は言えない。でもそのとき赤子であった三女が「遠いから引っ越そうよぅ」と言い出したとき、「確かにそうかもな」と感じていたところであった。
「ちょっと待ちなさいよ」
 つまらない考え事に没頭していたところを呼び止められた。女性のものとは思えないぐらい低い声で、今にも雷や地震を詠唱してぶつけてくるような、そんな黒々しい怒りが混じっていた。振り向いたみかはその顔を見てはっとなった。
「・・・・・・あんたは」
 成人女性と変わらない体躯をしたタヌキがいたのである。みかと目が合ったとき、血走った眼球を露骨に向けて太い牙をむき出しにした。
「よくもウチの子を・・・・・・!」
「ちょっと待て。あたしじゃない。やったのは――」
「アンタにも同じことをしてやる」
 里香に暴行された子タヌキの母親だ。そう理解する間もなくタヌキは前傾姿勢で歩道を蹴って突っ込んできた。みかもとっさに猫耳と尻尾を解放させて瞳を翠に光らせる。
 タヌキの右フックを左腕でガードし、後ろに下がって距離を取った。しかし母タヌキは間断無く密着してきて意地でもみかを殴り倒す勢いで食らいついてきた。
「なんで、なんでウチの子をあんな目に!」
「だからあたしじゃねぇって! リカにはあたしがきつく言って――」
「殺してやる! 殺してやる! 殺してやるぅ!」
「くっそぅ、聞く耳持ちやしねぇ」
 母タヌキは狼を連想させる形相で殴りにかかってきた。年端の行かぬ娘をあんなひどい目に遭わされたのだから、みかにも彼女の気持ちは察することはできる。しかしだからといって大人しく殴られて大怪我をいただくわけにもいかない。ましてみかは無罪であり、このタヌキは標的を勘違いしているのである。
「手ぇ出せねぇなぁ・・・・・・」
 パンチを横に滑って回避したときの一拍というわずかな時間のうちに、みかは素早く下がってジャンプし、そのままブロック塀に着地。さらに黄色を表示している信号機に飛び移ると今度はバク転でくるくる民家の屋根に降りた。
 それから屋根伝いにみかは駆けていく。後方に視線を落とすと、地面を張って猛然と追尾してくる母タヌキの姿を確認した。ポケットから携帯電話を取り出し素早く番号を打った。
『・・・・・・もじもじぃ』
「あたしだ! みかお姉さまだ! 今どこにいる!」
 みきに電話をかけたのだ。放課後になってからまだ時間は経っていないので、この近辺にいると確信していたのだ。非常事態でもこうして冷静な行動ができるのが、姉妹のなかでもみかの優れている点である。しかし。
『おうぢぃ(おうち)』
「は、はぁ? お前学校どうしたんだよ!」
『どーしても我慢できなくてね、教室で泣いてたらね、そしたら春奈せんせーが早退していいよって言ってくれてねぇ・・・・・・』
「この弱虫! あたしゃ今戦闘中なんだよ! 援護に来てよ!」
『ええっ・・・・・・でもでもぉ』
 そのとき「ヒュン」という風を切る音がした。みかは前方の高層マンションの避雷針に雷が直撃したのを見る。ヤバいと思ったそのとき、とんでもない炸裂音に襲われる。さすがにみかも両方の猫耳を閉じて背筋をびくっとさせた。
『いやぁああああああ! いますっごいの来たぁ! やばいの来たぁ――っ! もういやぁあ、助けて姉ぇざぁあああん!』
「助けて欲しいのはこっちだってばぁ! お願いだから早く来てぇ!」
 みかの必死な懇願に対して返ってきたのは、「ツー、ツー」という電話が切れた無常な電子音である。空中を飛び回りつつ、少しの間ぽかんとしたまま何も言葉を発せなかった。
「ふ、ふ、ふざけんなぁあああああ!」
 絶叫する。とにかく発狂タヌキから逃亡するしかないみかは、通学路から離脱して海岸線に向かった。暗雲が一面に敷き詰められて轟きが聞える人工砂浜にやってきた。悪天候のせいか誰もいない。
「追い詰めたわよ」
 そして後からやってきたのは怒れる母タヌキである。みかはとうとう覚悟を決めた。
「もう仕方ねぇ。シビれるぐらい後悔させるよ!」
 そう鋭利な翠の視線を突き刺し、すごむ。好戦的な母タヌキはますます頭に血が上り、針山のような茶色の体毛を逆立てた。
「見くびらないことね」
 みかは気を引き締めて構えの姿勢をとり、猫耳もピンと伸ばして警戒に入った。だが相手の身体に変容が起こり、その過程を眺めている間にやがて彼女は警戒も忘れ、呆けた顔を見せるに至った。
「お前・・・・・・!」
「ふぅん、これがアンタが無意識のうちに恐れている『天敵』」
 ――いいや、そんなわけがあるはずない。あいつは今頃部屋で雷に怯えてビービー泣いているはずだ。今、この砂浜で、あたしの目の前で青い鞭を振り下ろして猫耳を付けているのが、「みき」であるはずがない・・・・・・!
 衝撃で微動もできないみかを前に、鞭を持った猫耳少女はにたりと歪んだ笑顔をして見せた。母タヌキは立浪みきに「化けて」みせたのである。
「アンタの妹? ま、なんでもいい」
 ご丁寧にもあのおっとりとした調子の声まで完璧にみきのそれであった。タヌキ族の恐るべき力に圧倒されていたところ、青い鞭の先端が額目掛けて飛んできた。
「アンタをボコボコにできればねぇ!」
「ぐうっ!」
 あっけに執られすぎていた。あと少しグラディウスを手にして防御するのが遅かったら、打ち所次第では死んでいた。みかは鞭の打撃に吹き飛ばされる。砂浜を転がって受身を取り、立ち上がる頃にはもう鞭が飛んできている。青いロープが破壊力の秘めたしなりとともに襲い掛かってきた。
 みかが回避に専念して横に飛び移るたび、もといた場所の砂がめくれ上がって派手に吹き飛んだ。本物のみきとは比べ物にならないぐらい積極的で、残虐な「立浪みき」であった。
「なるほど、アンタは近づかせなきゃ怖くない」
「近づきゃいいんだろ? あたしももう怒ったよ? みきをそんな風にして」
「近づいてから言いなさいよ」
 突然、グラディウスを握っている左腕が、クンと真上に引っ張られた。
 何事かと思い目を移すと、青いロープがしっかり手首に巻きついているのを見た。みかに激震が走る。グラディウスが手から零れ落ちる。
「そんな、見えなかった――」
「そぉれ!」
 次の瞬間、みかは体ごと前方に引き寄せられてしまった。わけのわからぬうちに鞭に巻き取られてしまう。何重にも巻きつけられた青いロープは、打ち破ろうとしてもみかでは力が足りなすぎてどうにもできない。
「ほぅら、近づかせてやったわ」
「くっ・・・・・・!」
 みきの顔が、彼女のするはずのない邪悪なものに染まっていた。みかはそれを見て尋常でない恐怖を抱いた。なぜか理解不能なぐらいみきを怖いと思ったのだ。
 すると頬に痛烈な打撃を受ける。殴られたのだ。母タヌキは左手の鞭でみかを縛り上げつつ、右腕を使って思う存分みかを殴りつけた。みかは離脱したくとも戒めが頑丈すぎて、ひたすら殴られるしかなかった。
「学校にこんな凶悪ラルヴァがいるなんて・・・・・・!」
 母タヌキはみかの白い猫耳を掴み上げ、乱暴に引っ張り上げる。あまりの痛みにみかはうめいた。まるでみきに暴行を受けているようで、今にも泣き出してしまいそうなぐらい苦痛であった。
「あたしはラルヴァなんかじゃないやい・・・・・・」
「殺してやる!」
 何度も頭部に打撃を食らっているうちに、意識が朦朧としてきた。このままでは本当に殺されてしまうかもしれなかった。虚ろな目をして真上を向いたとき、魔界に住む生き物のように蠢く雨雲の層を見る。そのときみかの両目に緑の光が戻った。左手にもう一度、グラディウスを具現させて握り締める。
「無駄ね。アンタの力は妹に効かないと見た。打ち破れないわ」
 ところがみかは手首の力だけで短剣を頭上に放り投げた。自分の顔に降ってきた刃物の柄を、口に咥えて受け止めたのである。くすんだ緑に鈍く輝く刃先が、天に向かって突き立てられた。
「な、何をする気?」
「ああひゃ、ふはひはは はほひゃーひ あほはへへへへ?」
 まるで何を言っているか理解できない。だがみかの表情は勝利を確信していた。対処法をすぐに見つけることができない母タヌキは、奇行に出たみかに数秒ほど時間を与えてしまった。そしてそれが命取りとなったのである。
 そのときみかは、ぐるぐると渦巻く暗雲がぱっと光ったのを見た。彼女も翠眼を魂源力の輝きで爆発させ、それに全力で応える。
「ひゅーふひぃーふぅ・はんはぁ――――――――――――――――――――ッ!」
 二人の周囲が白い光に埋め尽くされる。全てを理解した母タヌキも、「あ、アンタって人は!」と驚愕の声を発したがすでにもう遅い。
 人工砂浜のど真ん中にて、落雷が発生したのである。


 砂浜で二人の人物が血だらけで仰向けになっていた。大の字になっている猫耳少女はか細い声でこう言った。
「へへ・・・・・・どんなもんだい」
「・・・・・・ぎぎぎ・・・・・・ありえない・・・・・・!」
 母タヌキは落雷によるダメージで「変身」を解除し、もとの体毛に覆われたタヌキの体に戻っていた。彼女の「変身」は、相手が無意識的に恐れている敵に化けることができるという比較的強い部類のものであった。
「悪いけどあたしゃケンカにゃ負けたくねーんだ。何だってやる」
「娘を・・・・・・あんな目に遭わせておいて・・・・・・!」
「だからそりゃあたしじゃねぇって・・・・・・!」
 みかは精根尽きはててしまい、どうしたものかと顔を手で覆ってしまう。
 これまであらゆる修羅場をくぐってきたと自負しているみかでも、落雷は強烈すぎた。しばらく体力を回復させないといけない。
「何してるの、お母さん!」
 と、ここで子供の声が聞えてきた。母タヌキは驚いて上体を起こすと、自分の娘が石造りの階段を降りて砂浜を駆けてくるのを見る。彼女は娘の目を見ることができず、顔を逸らしてしまう。
「お母さんのばか! 復讐とかダメって言ったじゃない!」
 あれから一週間ほど経過していたので、ある程度顔面の怪我は落ち着いていたようだった。それでも抜け落ちた前歯は一生戻らないし、粉々にされた右腕も完治には時間を要することだろう。
「だって、こいつはあなたをそんなひどい目に」
「だからって乱暴はダメだよ。そんなことしても何にもならないんだよ・・・・・・!」
 小学生のタヌキ娘は傷だらけの母親に寄り添い涙を流した。それからみかを一目見てから、きちんとこう告げたのである。
「それに。私を殴ったのはこの人じゃないし・・・・・・」
「えっ・・・・・・?」
 本当に信じられないような目をされた。思わずみかは絶句する。
「何度も何度も言ったじゃないかぁ・・・・・・。もう、ひでぇよぉ・・・・・・。ぐすん」
 そう言ってから何気なく奥のほうを見たとき、みかの顔がひどく強張った。その視線は抱き合っているタヌキ親子の、さらに向こう側に定められている。事態の急変に気づかない二人は、まだお互いに泣きあっていた。
「そんな。お母さんったらバカみたい。こんな関係ない人を巻き込んで・・・・・・!」
「もう絶対に復讐とか逆襲とかしちゃ嫌だからね?」
「ああ、いったい誰があなたに乱暴を・・・・・・」
「私ですが、何か文句がおありでも?」
 親子は素早く声のしたほうを振り向いた。子タヌキが「あ・・・・・・あ・・・・・・」と尋常でない恐怖に支配され歯を鳴らしている。水色の長傘を手にした女がそこにいた。
 母親は理解した。このたった今現れた、髪をサイドポニーにまとめて微笑を浮かべている女が、暴行を受けた娘の仇だということに!
「リカ、お前・・・・・・」
 事件を起こした張本人の登場に、みかは驚愕している。中村里香は停学中で、なおかつ自宅謹慎の最中であるはずだ。
 傷だらけで散々たるみかの姿を一瞥してから、里香は心から嘆息してこう言った。
「何で本気出さないの? ミカなら簡単にブッ殺せるでしょ?」
「できるわけがないだろ・・・・・・! こいつらは悪いラルヴァじゃあ・・・・・・!」
「で、殺されかけたじゃない?」
「それはただ誤解があって・・・・・・」
「もういい。私が駆除する」
「おい」
 里香は子タヌキのほうを向き、ぎょろりと黒目を向けた。それに全身の体毛がよだつ思いをした学園児童のラルヴァが最期に言った言葉が、「やめて、殺さないで」であった。
 里香が傘の先端を子タヌキにかざすと、まるで紙風船のように軽々と高くはるか上空に浮き上がってしまった。母タヌキは自分の娘が漆黒の暗雲に張り付きながら、わたわたと両手両足を動かしているのを見ていた。
「やめろぉ、リカぁ――――――――――――――――――――ッ!」
「『グラヴィノーバ』。・・・・・・死ね」
 立浪みかが目にしたのは、実にあっけなく執行された断罪の瞬間である。
 空中に留まっていた子タヌキに強烈な「重力」が付加された。パラメータを馬鹿げた数値に書き換えられたかのような、とんでもない力に引き寄せられて子タヌキは砂浜に落下してくる。恐らくとっくに白目を剥いて気を失っていることだろう。
 墜落。轟音とともに砂浜がめくれ上がって、とんでもない砂の大津波が押し寄せてきた。みかはすぐに母タヌキを背中に庇って異能力の幕を貼り、そうすることで大量に押し寄せてきた砂の壁をやりすごすことができた。
 双葉島の人工砂浜にとんでもない規模の陥没が形成された。砂の波に混じって飛んできたか、子タヌキの右手が落ちていた。血液や肉片のこびりついた包帯や三角巾がきつく巻かれており、それらは衝撃に耐え切ったのである。
 それを見たとたん、母タヌキは世界の終わりに直面して絶叫を上げた。
「り、リカぁ・・・・・・! てめぇ、てめぇ・・・・・・!」
 みかがよろりと立ち上がる。今にも倒れこみそうなぐらいに力を消耗しきってはいたが、親友に対する怒りが彼女を奮い立たせた。
「何その顔? ラルヴァだから駆除しただけのことじゃない」
 憮然たる表情でみかにそう吐き捨てた。そう、里香は変わってしまった。体育館での事件を契機として、子供たちを導く心優しい親友は消滅した。みかは無言で号泣し、自分の心境を包み隠さず里香に対して露にする。
 それに里香もふっと苦笑いをしてみせた。それは哀しみの存分に含まれた微笑だった。
「テニスを教えてくれってね、そう言われたとき私の中で何かが切れちゃったんだ。何で私からテニスを奪った奴らが、私にテニスを教えろなんて言うのってね。何で私がテニスをできなくて奴らがテニスをできるのってね・・・・・・?」
「ふざけないで!」
 母タヌキが声を荒げる。それを耳にしたとたん、里香の顔に悪魔が舞い戻ってきた。ジロリと横目で彼女を睨む。
「そんなことで、たったそんなことで娘を殺したなんてぇ! あの子が何をしたって言うのよぉ!」
 里香は特に言い返すこともなく冷淡な態度で話を聞き流していた。彼女に母タヌキの話を聞く気など無いに決まっている。ただ戯言が終わるのを待っているだけなのだ。死刑はそれからでも遅くはないのだから。
 表情を全く変えない里香を前に、むしろ罵倒をしている母親のほうが深く傷ついていた。彼女は喉の底から、心の底からこみ上げてくる悲しみと一緒に、出せる限りの声の大きさでこう怒鳴ってみせた。
「どうしてこんなことするのよッ!」
「お前らがラルヴァだからだァァツ!」
 稲妻の轟きですら、寄せては返す荒波ですら、闇の力で無音にしてしまうぐらいの大音声であった。このもの静かで、今にも不気味な嵐のやってきそうな双葉島で、恐らく全域に彼女の凶悪な発言が行き届いたに違いない。
 みかもどうしてかこの暴言にひどく心が打ちのめされてしまい、両膝をついてその場に崩れ落ちてしまった。
「ラルヴァは百害あって一利無しの害虫よ! お前らのない世界が世界の理想なのよ! そんな世界だったら私はテニスをすることができた! 私は絶対にラルヴァの存在を許さない! いかなるラルヴァも存在することは許されない!」
 もう返す言葉も見つからない母タヌキに長傘が突きつけられた。執行のサインを目にした瞬間、みかは「やめろぉ・・・・・・。頼むからやめてくれぇ、リカぁ・・・・・・!」と、両手両膝を砂浜につき、涙ながらに呟いていた。
 あっという間に母タヌキは刎ねられた生首のごとく宙に放り出され、娘の辿った末路のように灰色の雨雲に磔にされ、宙ぶらりんとなる。
「死ね、異能者の敵め」
 茶色い毛玉はありえない力を加えられて遠く離れた海面へ突っ込んでいく。その力は骨格の関節が耐えられないぐらいで、肩、股間、そして首と次々に離合してばらばらになっていった。
 薄汚れた都会の海に高らかとしぶきが上がった。


「何で泣いてるの?」
「うるせぇ・・・・・・話しかけんな・・・・・」
「ラルヴァ駆除と何が違うの? 境目なんて有るようで無いようなもんじゃない」
 ま、私は学園に処分されるんでしょうけど? ――そう里香は自虐的に言った。
 雷と入れ替わりに大粒の雨が降ってきた。ボンと聞えてきたのは里香が傘を差した音である。
「ミカ、あんた、ラルヴァを殺されて悲しいの? それでも異能者なの?」
「・・・・・・」
 みかは無言を貫いた。島の住人に被害を及ぼしたラルヴァに関しては、彼女も率先して駆除・退治してきたのだ。明確な悪に対しては強い敵意を持って短剣を突き立ててきた。切り刻んできた。でもあの親子は殺されるべきではなかった。殺す理由などどこにもなかった。
「私たち、ここまでのようね。ばいばいミカ。またどっかでね」
 とても憮然とした不機嫌そうな声で、里香はそう言い残してこの場から去っていった。濡れた砂を踏みつけていく音が遠くなっていく。この瞬間、二人の友情が終わった。みかの尊い日常が終結した。
 ただ笑っていればよかった、ただ遊んでいればよかった、ただ戦っていればよかった――そんな無邪気な時期は終わった。今後は何かとこう「難しいこと」が悪意を持って自分たちに襲いかかる。邪魔をする。足を引っ張る。意地悪をしてくる。いつまでも子供でいられるわけはなく、どうしても嫌なことに目を向けなければならない。
 一人砂浜に取り残されたみかは、大雨に打たれながらひとしきり涙を流して・・・・・・立ち上がる。
 緑色の眼差しを混沌とした荒雲と荒波に向けて、気をしっかり持った。――それでもあたしは頑張らなきゃだめなんだ。島のみんなが、クラスの友達が、そしてみきやみくがいつまでも笑っていられるよう頑張らなきゃだめなんだ。大切な人のために戦う。それがあたしたち猫の血筋に生まれた異能者の役割なんだからね。嫌なことや難しいことに打ちのめされることもあるだろうね。もしかしたらリカと戦うこともあるだろうね。それはすごく嫌だけど、あたしはみんなが幸せな日常を送ってもらえるよう、頑張る。
 ――そう、立浪みかは誓いを立てた。一向に明ける気配の見られない梅雨時のなか、いかなる苦難や困難に対しても絶対に屈しない覚悟を確かなものにした。それは新しくて幸せな「日常」を掴み取るために戦うという、強固な意思表示でもある。
 そんな猫耳少女の決意を、六月の雨はさらにその勢いを強め、冷ややかに嗤い立てながら打ち続けていた。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。