【小池の畔で】


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。







 極楽島《ごくらくじま》実篤《さねあつ》は恋多き男である。
 長身で筋肉質の体格はまるでファッションモデルのようで、日本人離れした彫りの深い顔にはクマのような髭が生えている。それがまた彼のワイルドさを印象付けていて、これまでに何人もの女性と彼は付き合いを繰り返していた。
 しかし女運は非常に悪く、その付き合ってきた女性全員に結婚詐欺や美人局を受けたのだ。騙され金を巻き上げられ、そのためせっかくの父親の遺産も底を尽きかけている。
 そして十回目の結婚詐欺にあったその日、彼は傷心のまましんしんと雪の降る街を歩いていた。周囲は幸せそうなカップルが歩いていて、実篤は、自分はどうして女性に騙され続けるのだろうかと苦悶する。
 彼自身は自覚がないのだろうが、実篤は恋した相手には盲目になり、信じ切ってしまう傾向にある。野性的な容姿とは相反したお人好しの性格が災いし、詐欺師から見ればネギを背負った鴨のように見えるのだろう。
 身を切るような凍てついた空気の中、実篤は凍えそうな心と懐を温めるためにトレンチコートの襟を寄せて歩いていた。
 恋人に騙され、父親の遺産がなくなってきた今、自分がやるべきことは仕事しかない。実篤はコートの内ポケットからカメラを取り出し、双葉区の自然公園の中へと入っていく。
 実篤はカメラマンである。ただし彼の被写体は人間ではなくラルヴァだ。彼はラルヴァ専門のカメラマンであった。
 ラルヴァ研究の資料のために、実篤はラルヴァを撮り続けた。特に目撃例の少ない希少なラルヴァを撮影すれば報酬も高くなる。ラルヴァ出現の頻度が高いこの辺りの公園へとやってくれば飯のタネにありつけるというわけである。
 人気の無い公園でファインダーを覗いていると、灰色の雪雲と、氷の張っている小池が目に入った。今日は夜中まで雪は降り、どんどん気温が下がるらしい。風邪をひかないように、なるべく早く帰宅した方がいいかもしれないと実篤は思った。
 ふっとカメラを目線から外すと、いつの間にかそこには一人の女が立っていた。小池の周りにある柵に背をもたれさせて、文庫本を読んでいる。
 実篤は一目で恋に落ちた。
 女はこの世のものとは思えないほどに美しい。日本人ではないのか、長く伸びたブロンドの髪と、降りゆく雪と同じような真っ白な肌。そして血のように真っ赤な瞳が特徴的だ。どれをとっても人間離れした美しさをしている。
 いや――彼女は人間ではない。ラルヴァカメラマンとしての勘が、実篤にそう告げている。その証拠にこんなにも寒いのに、女は白息一つ吐いていなかったのだ。
「…………なに? さっきから私のことをじろじろと見て」
 つんっと張りつめた空気に澄んだ声が響く。女は実篤に気づき、目をこっちに向けた。その拍子に彼女の口から、輝くような犬歯が見える。彼女の足元には影すらもなかった。実篤には彼女の正体に察しがついた。
「あんた、吸血鬼か」
「だったらなんだっていうのよ。私は別に悪さしていないわ」
「いや、すまない。別に俺はバンパイヤハンターでも、双葉学園の戦士でもない。あんたに危害を加えるつもりはないよ」
「そう。ならあっちに行っていてちょうだい」
 吸血鬼はぷいっと顔を背けて読書に戻った。こんな寒空の下で読書なんて体に悪いと思ったが、もとより体温の無い吸血鬼には関係がないのだろう。
 こうして邪見に扱われれば、たいていの男は引き下がるが、実篤は違った。イタリアに留学したこともあってか、彼の気質は恋愛に対して積極的で、非常に情熱的である。
「お嬢さん。俺のカメラのモデルになってくれないか?」
「はぁ?」
 吸血鬼は心底嫌そうな顔をしたが、さっきまで傷心状態だった間抜け顔から、精悍な顔つきに戻っている実篤を見て眉を上げた。
「へえ。よく見るとあなた結構かっこいいじゃない。それに、髭のせいでそうは見えないけどまだ若いわね?」
「ああ。これでもまだ二十八だ」
「そうなんだ。意外だわ」
 吸血鬼は実篤に関心を持ったようで、彼の顔に手を触れた。彼女の手は背筋の凍るような、ぞっとする冷たさである。しかし今の実篤にはそれが心地よかった。
「俺はラルヴァ専門のカメラマンなんだ。あんたを撮らせてくれ」
「ふうん。別に吸血鬼なんて珍しいラルヴァじゃないじゃない。私に頼まなくたっていくらでも他にいるでしょう」
「いや、俺はきみ以上に美しい吸血鬼を知らない。俺はもっとも美しいものを撮りたいんだ」
「あら褒め上手ね。いいわよ。私だってこれでも貴族だもの。ケチ臭いことは言わないわ。綺麗に撮ってくれるならいくらでもどうぞ。写真なんて撮られたことないから、少し緊張するのだけれど」
「ありがとう。じゃあ俺と、少しだけでいいからデートしてくれないか」
「デート?」
 不審そうに吸血鬼は実篤を睨む。
「ああ。俺はできるだけ被写体の自然な姿を撮りたいんだ。ごく普通に笑っている、きみを俺は撮りたい」
「ほんと、ナンパ上手ねあなたは」
 吸血鬼はくすっと笑い、実篤の手を取り、雪の積もった道を歩き始めた。
「それじゃあ、デートに行きましょう」






 吸血鬼の名前はシャロンと言った。
 二人は、本当の恋人のように街をぶらりと歩いて行く。
 ゲームセンターでUFOキャッチャーをプレイし、一万円をすって怒っているシャロンを撮り、氷点下の中、おいしそうにジェラートを食べてクリームを口につけているシャロンを撮り、そして実篤のジョークに笑顔を向けるシャロンを撮った。
 冷え切っていた実篤の心は、幸せに満たされてだんだんと暖かくなっていく。やがて夜も更けていき、辺りは暗くなり、雪も強くなっていった。
 どちらからでもなく、二人の足は自然と初めに出会った小池の畔《ほとり》へと向かっていく。
「今日は楽しかったわサネアツ。人間とのデートがこんなにも楽しいだなんて知らなかったわ。いいえ、あなただったから楽しかったのかしらね」
 実篤の腕に自分の腕をからめたまま、シャロンはそう言った。美しい彼女にそんなことを言われ、実篤は気恥ずかしくてシャロンの顔をまともに見られなかった。
「俺の方こそ、楽しかったよ。今日は本当にありがとうシャロン」
「ねえサネアツ。最後に一枚、ここで撮ってくれないかしら」
 シャロンは数歩実篤から距離を取って、撮影しやすい位置へと移動した。その背景には凍って夜の闇を反映している小池がある。
「ああ。撮らせてもらうよ……」
 実篤は一時代前のレトロなカメラを構えた。これは昔父親が趣味で収集したものを、彼が遺産として受け取ったのだ。デジタルなカメラよりも実篤はこれを気に入っていた。
 実篤はファインダー越しに美しいシャロンを見た。雪が降り注ぎ、彼女の白い肌に吸い込まれていくようである。
 実篤はこの最後の一枚を惜しむように、少しばかり間をおいてからシャッターを押した。吸血鬼に強い光は毒のためフラッシュは炊かない。フラッシュがなくても彼女の美しさは夜の闇の中でも十分に輝いている。
「撮れたよ」
「これで一日限りのモデルもお仕舞ね」
 シャロンはゆっくりと距離を詰めて、実篤に身を寄せる。数時間前に出会ったばかりだというのに、実篤はシャロンのことを本当に愛してしまっていた。
 彼女とこのまま別れたくない。離れたくない。心臓を掴まれたかのように、彼の心は恋によって締め付けられる。
 出会った時間なんて関係ない。恋の種が育つのに、時間はいらない。
 シャロンこそ実篤の理想であった。彼女こそが自分の運命の人だと、心からそう思い始めていた。
「ねえサネアツ。キスを、しましょう」
 シャロンは彼にぴとっと体をくっつけながら、上目使いでそう言った。実篤は嬉しかった。きっと彼女も自分と同じ気持ちなのだ。
 実篤は彼女の腰に手を回し、さらに強くシャロンを抱き寄せる。
「恥ずかしいから、少しだけ目を瞑っていて」
 そう言ってシャロンは実篤の顔に、自分の唇を近づける。実篤は言われるまま、目を瞑り、彼女の口づけを待った。
 しかし、彼女の柔らかな唇の感触がしたのは、自分の唇ではなく彼の首元であった。
「――うっ」
 その直後、まるで針を刺したような激痛が首筋に走り、やがて痛みは快楽へと変わっていき、全身の力が抜けるような感じがした。
 実篤が最後の力を振り絞り、瞼をわずかに開けると、うすぼんやりと口元から血を流しているシャロンの顔が目に映った。そしてそのまま彼は気を失った。





 次に目が覚めた時は病院のベッドであった。
「うう……俺はいったいなんでこんなところに」
 どれくらい眠ったのか、酷く頭痛がし、体全体がだるい。なぜ自分がこんなところにいるのかわからずに、担当の医師に聞いてみたところ、
「大量の血液を失って雪の中倒れているところを近所の人が見つけたんですよ。あと少しでも発見される時間が遅ければあなた死んでいましたよ」
 生きていてよかったですねと医師はそう言った。
 首筋に痛みを感じ、手鏡で見てみると、そこには噛み傷があるのがわかる。間違いない。自分はシャロンに噛まれ、血を吸われたのだ。おかげで実篤は死の淵を彷徨うことになり、治療費もかさばってしまったのである。 
 事情聴取に来た学園側の話によると、シャロンは学園から指名手配されている極悪な女吸血鬼《ドラキュリア》だったのだという。戦闘能力の無い彼女は、女吸血鬼の異能である『魅了《チャーム》』を用い、出会った男を自分の虜にして、若い男たちの血を吸っているのだという。これまでに犠牲者は百人にも上るらしく、学園側も彼女を追いかけているようだ。
 実篤はまたも女性に騙された。
 しかし実篤の心は、雪雲の去った空のように晴れ渡っている。吸血鬼が血を吸うことは生きることに必要なことだ。実篤は彼女を責める気にはなれなかった。
 それにシャロンは致死量まで血を飲まず、自分を生かしてくれたのである。
 デートの時、彼女が見せたたくさんの表情は偽物ではないはずだ。
 実篤は病院を退院した後、自分の家でシャロンとの思い出の写真を現像しようとした。写真は真実を写し出す。写真に映し出された彼女の笑顔だけは、自分に向けられたものだと信じたい。それを確認するために実篤は現像された写真を手に取った。
「あっ」
 しかし、あの日撮った写真には何も写っていなかった。いや、背景だけはそこにしっかりと映っているのだが、シャロンの姿はどこにもない。最後に撮った一枚も、はにかむシャロンの顔はなく、ただ凍った小池とその畔が映っているだけである。
 実篤は失念していた。
 吸血鬼が写真に写らないことを……



 了


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。