【続 虹の架け橋 エピローグ】


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  エピローグのようなもの ~二十五年後~


 二十五もの年数の間に、世界中で色々なことが起こった。双葉島でも、私の把握しきれないぐらいの、たくさんの出来事があったことだろう。
 それぐらい目もくらみそうなぐらい高いハードルを、私は立った今、ひょいと飛び越えて帰ってきた。
 私の本来、生きている時空へと戻ってきたのだ。
 目を開けると、そこは研究所。
 超科学関係の機材が、理路整然と並べられている。膨大な量の書類も、きちんと片付けられている。それだけ、ここの主が真面目な性格をしているという証拠だろう。
 でも、そんなしっかりした彼女も、だらしなく机の上に突っ伏して眠っていた。
「郁美さん」
「……はう?」
「郁美さんったら」
「……はう! あ、あかりちゃん?」
 彼女はずり落ちかけていた眼鏡をもとに戻すと、まじまじと私の顔を見る。そしてすぐに涙ぐんでしまった。
「馬鹿ぁ。何で勝手に使っちゃったの?」
「ごめんなさい」
 私は申し訳なさそうにうつむいた。
 この泣き虫の研究者は中里郁美といい、ママの古くからの友達だ。私も小さい頃からこの研究所に出入りしていて、もしかしたら、ママやパパより一緒にいた時間が長い人物だと思う。
「どうして過去に行ったの?」
「……だって」
 郁美さんは「タイムマシンの発明」を異能にしている、超科学者の中でも有名な人物だ。
 といっても、この時代でもタイムマシンは未だに開発段階にあり、五十年を超えるタイムトラベルは、私の知る限りでは、まだ実現していない。
 今回、私は郁美さんの作った試作品で、二十五年前に旅立った。あの赤いリボンが、実はタイムマシンなのである。
「何もしなかったよね? 正体、バラしてないよね?」
 郁美さんは私の両肩を持ち、大変取り乱した様子できいてきた。
 心がずきんと痛む。
 過去の人間に干渉するのは、良いことではない。もしもあのとき、太陽や虹子に正体をバラしていたら、少なからず今の時空に影響を及ぼしたことだろう。それはつまり「罪」である。
「うん、何もなかったよ?」
 本当は虹子も太陽も生命の危機に陥ったのだが、正直に言えなかった。素直に「ごめんなさい」ができないと、パパや郁美さんに何度も叱られてきたのに。
「よかった」
 郁美さんはほっとする。
 こちこちと、時計の針が進む音が聞こえる。
 私は不意に悲しくなってきた。また、あの太陽と虹子に会いたくなってきたのだ。
 本当は、虹子と太陽に真実を打ち明けたかった。二人にとって、自分は非常に近しい存在であることを、声を大にして言いたかったのだ。
 それをずっと我慢して、ぐっとこらえて、私は二人の前で笑顔を見せていた……。
 郁美さんも、申し訳なさそうな表情で、カレンダーを一目見てからこう言う。
「その、やっぱ寂しかったんだよね? 今日はあかりちゃんの」
「お誕生日だもぉん!」
 私は怒鳴った。
「みんなみんなあかりに優しくしてくれたのに! おじいちゃんもおばあちゃんも、うさぎおばちゃんも! ……昔のママもパパも!」
「あかりちゃん……」
「どうしてこっちじゃ一人ぼっちなの? もうやだ、こんなの!」
 郁美さんは、無言で私をぎゅっと抱きしめる。私はわんわん泣きながら、喚く。
「パパ、ママ、早く帰ってきて……!」
 もう我慢の限界だった。
 私のママは、いつもお仕事で海外にいる。学生時代、いろんな国でレインボーロードを見せていたとき、多数の外国人と繋がりを持ったらしい。その経験から、今でも国際関係の仕事をしている。だから、あまり日本に帰ってこない。会えない。
 私のパパは、とあるプロ野球球団のピッチャーをしている。本拠地が関西なのであまりこっちの自宅に帰ってこない。ストッパー一筋で、デビュー当初は誰も打ち返せないような直球を誇ったが、歳を重ねて衰え、左肩の故障も重なり、ここ数年、抑えきれない試合が多かった。「がっかりクローザー今日もダメ」。今朝のスポーツ紙の見出し。
 そんな私の孤独を埋めてくれたのが、郁美さんだった。ママと特別仲のいい彼女が気をよくして引き受けてくれたのが、一人娘である私の面倒見だ。
 所詮、私なんてそんな扱いなのだ……。
「こんなことなら、ずっと過去にいればよかった……」
「あかりちゃん」
 郁美さんは、少しばかりきつめの声で言う。
「そんなこと言ったらパパとママが悲しむ。二度と言わないで」
「でも、パパもママも私のことなんて」
「ちょっと、表でようか」
 郁美さんは優しい微笑みを向けた。


「どこ行くの、郁美さん」
「お散歩だよ」
 郁美さんはなかなか、本当の目的を教えてくれない。
 ほんのり潮を含んだ風の香りは、昔も今もまったく変わらない。二十五年経った今でも、双葉島はそれほど変化が無いようだ。それなりに進歩したテクノロジーが、随所に反映されているだけで。
「そろそろかな?」
 郁美さんは時計を見る。ここは街の中心部だ。時刻は夜九時半、そろそろ華やかで賑やかなひと時も終わろうとするころだ。
「何があるの?」
 と、郁美さんに問いかけたそのとき。
 私たちを、大型液晶の明かりが照らしたのである。街頭モニターは、「スポーツニュース」という文字を表示していた。
『二点リードの九回、朝倉が登場』
「パパ」と、私は呟いた。二軍暮らしが長かったため、パパは日焼けをしている。
『昨日1アウトも取れずに降板しましたが、今日は三人でピシャリ! 嬉しい今シーズン初セーブを記録し、現役通算百セーブまであと九となりました』
「ふーん、やっと結果が出せたのね、あのがっかりクローザー」
 わざとひどいことを言ってやる。素直に喜んでやるのは、なんだか悔しいから。
「まだよ、あかりちゃん。大事なのはこれからよ」
「?」
 そういわれてモニターに目を戻すと、ヒーローインタビューの様子が映し出された。どういうわけか、うちのパパがお立ち台に上がったようだ。きっと故障上がりのお情けだろうと、ひねくれたことを思った。
『話は変わりますが朝倉選手、今シーズン終了後、メジャーリーグ挑戦という話が出てますが』
 私は目線を落とした。パパは数年前から、しきりに夢を語っていたから。
『自分の中ではね、もう諦めてます』
 私は驚愕して、モニターの中の、汗まみれのパパを見る。
『ずっと野球一筋だったけど、今シーズンで引退することにします』
 球場に悲鳴が上がる。
 当然だろう、デビュー当時は何度も読売巨人に立ちはだかってコテンパンにした、ファンの記憶に残る左腕が。
 長年肩の故障に悩まされ、三年間一軍登板の無かった老いぼれリリーフエースが。
 よりにもよって、その場で現役引退を表明したのだから。
『家族を大切にしてやりたいなって思ったんです。一人でリハビリしてるとね、東京に置いてきた娘も寂しいんだなって』
「何を言ってるの? どうしちゃったのよ、パパ……!」
「もう、左肩が上がらないんだって」
 言葉を失った。
 パパは物心ついたときから「左肩が痛い」とこぼしていた。それがなかったら、きっと球界で屈指の剛腕になれたはずだ。
 野球のできないパパなんて、パパじゃない。頑固一徹な本人が、一番そう思っていると思う。これからどうするつもりなんだろう。
 私は両膝をつき、薄暗いアスファルトの上に涙を落とした。頭のなかがぐちゃぐちゃで、混乱していて、落ち着かない。
 でも、パパはとっても爽やかに笑っていた。汗がキラキラ輝いていた。
 それを見たら、不思議と気持ちが落ち着いた。
『では、娘さんにぜひ一言お願いします』
『あかり、誕生日おめでとう!』
 パパの目いっぱいの笑顔が、大きく映し出された。
 怒号のような歓声が球場を揺らす。
 ファンによる、応援歌の合唱が響く。
 黄色いメガホンが上下する。
「バカ。やっぱりうちのパパはバカだよ……!」
 本当は泣きたいぐらい嬉しいのに、罵らずにはいられない。
 私の性格はパパに似たのだから、素直になることができないのだ。


 それから、私は郁美さんと一緒に運動公園へ向かった。
 二十五年前のその人と別れた場所であるのは、偶然だろうか。だから、私は対面を直前にして、すごく緊張していた。
 ベンチに腰かけて、待ち合わせの人物を待つ。虹子と一緒にお話しした時のベンチだ。ところどころ欠けて、剥がれ落ちているが、ペンキは綺麗に塗り替えられている。
 やがて、私服姿をした、大柄の男が姿を現した。
「あかり、久しぶり!」
「パパ!」
 私は大きなパパの体に飛びついた。
 試合はテンポよく終了していたらしく、あの後新幹線に乗って帰ってきたそうだ。明日は試合が無いので、つかの間の休息だ。
「わざわざ帰ってこなくてもいいのに。あさって試合でしょ?」
 色んな人に自慢したいぐらい、大好きなパパ。
『あかりはパパのお嫁さんだから絶対他の男には渡さない』
 ……そう真顔で言ったりする点に目を瞑れば。
「迷惑かけたな、郁美」
「どーせ、いつものことだもん」
「またそうやってむくれる。そういえばまだ独身だっけ? 結婚しないの?」
「『大きなお世話』です」
 郁美さんはほっぺたを膨らませた。
 私は知っている。郁美さんの初恋の人が、パパだってこと。
 パパは今年限りで野球を辞めたあと、おじいちゃんのお店を継ぐことにしたようだ。実はかなり昔から決めていた「男同士のお約束」だったらしい。
 つまり、私たちは来年、おじいちゃんの家にみんなで住むことになったのだ。それを聞いたとき、私は飛び上がって喜んだ。
「それじゃあ、これからずっとずっと、パパやおじいちゃんおばあちゃんと一緒なんだね!」
「あかり、一人足りなくないか?」
 そう、パパがにやにやしながらきいてきたのである。
「どういうこと?」
 私がそうききかえしたときだ。後ろから、誰かが息を切らしつつ、走ってきたのだ。トラベル・ケースを転がす音も続いてくる。
「あかりちゃんっ」
 振り向いてその姿を見たとき、私は信じられなかった。
 だって、ママは今頃ドイツにいるはずで、どうして……?
「遅かったじゃねえか、虹子」
「乗り換え間違えちゃった、てへ」
「よくそんなんであちこち回れんな」
 パパが呆れ顔でそう言う。
「どうしたの、ママ……?」
 きっと私一人だけが、呆然としていたことだろう。年に数回会えるかもわからないママが、今日のような、なんでもない日に帰ってきてくれるなんて、夢にも思わない。
 ママはきょとんとして小首を傾げてから、「ふふっ」と可愛らしく笑う。
「何でもないじゃないでしょ。今日は――」


 あなたのお誕生日でしょ?


 私は大泣きをして、スーツ姿のママに抱きついた。「よかったね」と郁美さんが言う。私は幸せすぎて、死んでしまいそうなぐらいだ。
 と、ここでパパは背中に隠し持っていた箱を見せた。双葉島でも屈指の名店である、スイーツショップ・タナカのバースデーケーキだ。
「お誕生日おめでと、あかり」
「もう、パパのばかぁ」
 私は反省をした。パパもママも、私のことを見捨てていなかったんだ。だから、何も過去を目指す必要はなかったんだ。
 ママも今年限りで今の仕事を辞め、これからは双葉学園で教師を目指すそうだ。つまり、これから私はずっとずっと、ママやパパと一緒だということ。寂しくて辛い日常は、やっとのことで終わりを告げたのだ。
「ん、どうした虹子、そのマーク」
「マタニティマークって言うんだって。駅でもらってきたよっ」
「なるほど、鞄に付けときゃわかるもんな?」
 二人が何の話をしているのか、私にはさっぱりわからない。でも、二人の笑顔からして、それは私たちにとって、とってもハッピーなことに違いない。
「ママっ」
 ママがパパと話しているところを、私は割り込む。ママはすごく優しい笑顔をして、私のほうを向いてくれた。
「なに、あかりちゃん」
「明日さ、またみんなで公園に来ようよ!」
「公園で何するの、あかりちゃん?」
 そう郁美さんが素朴にきいた。
「あのねママ、パパ」
 ちょっぴり打ち明けるのは恥ずかしかったが、私には、すぐにでも二人を前にしてやりたいことがある。勇気を振り絞って言った。

「あかり、二人に見せたいものがあるんだ」


 終わり


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。