世界観


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

世界観


「世界観」のA級設定

第一項  世界観
この世界には「異能力者」と「ラルヴァ」が存在しており、これらの存在は世間一般には隠されている
異能力者の育成や研究、ラルヴァの調査や退治を目的とした機関が存在し、作中では「双葉学園」がそれにあたる


「世界観」のB級設定について

 「世界観」に関してはA級設定でほとんど完成されており、作者全員を縛るような細かい設定は無いものだと思われます


作品ごとの傾向

 どの作品にもほとんど必ず「ラルヴァ」「異能者」が登場しているような世界観となっています
 ラルヴァと異能者の存在ついては、一般社会にはほとんど知られていないというような言い方ですが
 これも作者の解釈によって分かれているので秘密具合の加減はそれぞれにお任せします

【D級設定の一例】

  • 普通にラルヴァがたびたび一般人を攻撃している作品がある
  • 一般人といっても、国の要人といった一部の人間にはラルヴァの存在を知られている
  • 一般人が異能者を双葉学園という施設に隔離した、というD設定もあったりする
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。