異能力者


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

異能力者


「異能力者」のA級設定

第七項  異能力者
異能力を持つ人間は、下記の四種に分類される
①その力を肉体の強化として発現させた身体強化系
②その力を精神の具現として発現させた超能力系
③その力をもって魔術を発現させた魔術師系
④その力を科学の分野に特化した能力として発現させた超科学系


「異能力者」のB級設定

 異能力者は四種類いるんだということを把握しておいてください
 なお、能力を持たない生徒・キャラは「一般人」と呼びます
 また「異能」の項目でも触れましたが、「大人の異能力者」は少数とされています

「異能力者」の四類型

 ①その力を肉体の強化として発現したガチムチ派
  →身体強化系の異能力
 ②その力を精神の具現として発現した超能力派
  →超能力系の異能力
 ③その力をもって魔術を発現させる魔術師派
  →魔術系の異能力
 ④その力を機械などで制御する超科学派
  →超科学系の異能力


作品ごとの傾向

 どの書き手も各自さまざまな工夫を凝らして異能力者を設定しています
 異能そのものを戦闘のメインに据えた異能力者もいれば、生身の人間としての戦闘力も高い異能力者も存在します
 また、「一般人」を主人公にした人気作品も存在します

D級設定の一例

  • 逢洲等華(風紀委員長。メインは剣術で、「確定予測」という超能力も併用する)
  • 時坂 祥吾(永劫機メフィストフェレスを召還・制御する超科学の異能力者)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。