【それゆけ委員長!】


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


 前時代的な巨大な木製の扉の前に男がふたり、立っていた。黒いスーツにサングラス、ネクタイも黒なら、磨きこまれた革靴も黒光りしている。怪しいという形容詞が似合う格好というのは、これ以上ないだろう。
 その怪しげな二人組みの内のひとりが、木戸にある叩き金でノックをする。暫く待ってみたが、中からの返事は無い。もう一度ノックする。先ほどよりも叩く力が幾分大きい。
 男がもう一度ノックしようとした時、鍵を外すような音が中から聞こえる。蝶番が軋む音を立てながらゆっくりと扉が開いていく。
「遅れて申し訳ございません。何分、イタズラが多いものですから……。それで、どちら様でしょうか?」
 扉の隙間から怪訝な表情で二人の男を見つめる少女がいた。おそらく、この屋敷の使用人のひとりなのだろう、黒を基調とした飾り気のない服にエプロンを付けていた。歳の頃は十六、七といったところか。
「ええ、ご主人に用があって参りました。探偵社の者、と言えば分かって頂けますでしょう」
「探偵社さん? ですか?」
「ええ、ピンカートン探偵社のものです。ご主人に“大事な用”がありまして」
「まあ、それは大変! それではどうぞ中へ。客間でお待ちいただけますか? 旦那様は私がお呼びしますので……」
「いえ、結構ですよ」
 その言葉が終わる間もなく、男は、彼女の胸にナイフを突き刺していた。力を失ったように男の方へ倒れこんでいく。
 だが、それを受け止めようともせず、男達は屋敷の中へ躊躇無く踏み込んでいく。
「ヤツを探すぞ。お前は一階を探せ。俺は上を探す」
「はい」
「あ、あの……、忘れ物ですけど」
『――っ!?』
 男たちの後ろから声がする。ふたりが同時に振り返ると、そこには、先ほどまで、自分の胸に刺さっていたナイフを手に持った少女が、何事も無かったように佇んでいた。
「ですから、このナイフをお忘れになってますよ。それとも、旦那様にお会いになるということで、私にお預けになったのですか? まあ、なんてことかしら、私としたことが。そんなお気遣いは必要ありませんのに。あら? あのその胸から出された拳銃も預けて頂けるということかしら?」
 男たちは、躊躇無くトリガーを引く。そして、その弾丸は、彼女の身体、特に致命的な部分を何箇所も打ち抜いていた。心臓はもちろん、眉間までも。だが……。
「そういったものを持ち出されるのは、さすがに私としましても困るのですけれど……」
 何事も無かったようにツカツカと玄関近くの傘立てへと歩いていく。
「こいつ化物か?」
「おい、おい、能力者がいるなんて聞いてないぞっ!?」
 黒づくめの男たちが急に緊張をあらわにする。常人の人間が、能力者に勝てるはずがないからだ。まして、目の前の女は、9ミリパラベラム弾もものともしない化物。どうやっても太刀打ちできるはずもない。
 一方、彼女は、男たちの緊張感とは裏腹に、のんびりまったり、傘立ての中から、几帳面に巻いてある傘を一本取り出していた。
「失礼ですね、私は化物でも、能力者でもありません。こう見えても、ただのハウスメイドです」
 彼女が、傘の柄の部分をゆっくりと引っ張り上げると、そこには鈍い輝きをした刀身が現れていた。
「ただし、旦那様に害成す者には容赦はいたしません。よろしいですか?」
 後ろ手で、大きな扉をバタンと閉める。
 男たちは、自分達が追い込む側から追い込まれる側へに移っていることに気が付き、この屋敷にわずか二人で進入したとこを心底後悔していた。



 双葉学園高等部二年C組は、転校生がやってくるという話題で、賑わっていた。
「やっぱり、女の子で、おっぱいが大きい子がいいなあ」
「友達になれるといいなー」
「クラスの風紀を乱さなければ問題ないわ」
「もう、俺が面倒な目に合わなければそれでいいよ……」 
「どんな能力なのか、調べてみたいよねー」
 様々な思惑が錯綜する中、いよいよ、始業のチャイムが鳴る。
 僅かの隙もなく、扉が開き、担任である字元数正が教室に入ってきた。ひとりの女生徒を連れて……。
 その女生徒の姿に教室がざわめく。それはそうだ。彼女は、メイドの格好をしていたからだ。
「な、な、な、なんで、そんな格好をしてるんですっ!? 先生、なんで、その子は制服を着ていないんですか?」
 人一倍規則にうるさい、クラス委員長の笹島が声を荒げる。
「というわけで、彼女が転校生の、あとは自分で紹介できるな?」
「ご紹介が遅れましてもうしわけありません。私、瑠杜賀羽宇《るとがはう》と申します。本日から、この学び舎で、皆様と一緒に過ごすことに相成りました。よろしくお願い致します」
 ペコリと頭下げる瑠杜賀。
「そーいう問題じゃないでしょ!? 先生、どうしてこの子、いや、瑠杜賀さんは制服を着てないんですかっ?」
 困ったような表情で応える字元。
「そういう仕様だからだ」
「はぁ!? それじゃ意味が分からないでしょ、先生」
「そう言われましても、私、この服しか着れませんので……」
 教室中の誰もが、ブチッと血管の切れる音を聞く。
「今すぐにとは言いません。24時間以内に何とかしなさいっ! 瑠杜賀さん!! 制服に関しては私が上と掛け合って何とかしますからっ」
「本当ですかー? 有難う御座いますー!!」
 小躍りして喜ぶ瑠杜賀。
 そんな喜ぶメイドさんとは裏腹に、笹島は、また、厄介なクラスメイトが増えたことに、自分が委員長になったことを絶望的なまでに後悔していた。
 そして昼休み。笹島の強引な交渉のお陰で、無償で、瑠杜賀の制服は配布されることになっていた。その制服を持ち、彼女の前に立つ。
「これが、貴方の制服よ。さっさとこれに着替えてらっしゃい」
 そう言って、笹島は双葉学園指定の制服を瑠杜賀の机の上に置く。
 だが、それを摘んだり、引っ張ったりするだけで、不思議な表情をする瑠杜賀。
「だから、これに着替えなさいって言ってるでしょ?」
 イラっとする笹島。
「着替える? ですか?」
「そう」
 その言葉に、まるで、宇宙誕生の謎が解明した科学者のような完璧な笑みを浮かべると、そそくさと、そこで着替えを始めようとする。
「うおーっ!!」
 男性陣のどよめきで教室が満たされる。
「な、な、なにやってるのよーっ!!」
「いえ、だから着替えですけど」
「そんなのは更衣室でしなさい。もう、こっちよ」
 そう言って、彼女を教室から連れ出していく。
「くそ、もう少しで、見れたものを、あんの堅物委員長め」
 そういいながら、拍手は目の前で繰り広げられたメイドさんの着替えシーンを脳内に焼き付けることに躍起になっていた。


「さあ、ここなら大丈夫よ。存分に着替えなさい。というか、貴方には羞恥心ってものがないのかしら?」
「羞恥心、ですか?」
 無造作に服を脱ぎなら、笹島の質問の意図が分からない様子で、質問を質問で返す。
「いや、いいのよ。この学園には色々とおかしな人たちがいるわけだし。多少の常識が欠如している人だって、いてもおかしくないわね……。あら、何か落ちたわよ?」
 そう言って、手に取ろうとするのだが。
「あ、ゴメンなさい。それ、私の“腕”です」
 ポロリと落とす。
「い、え、あ、お、はあ……? な、なにこれーっ!?」
 その瞬間、高等部どころか、学園中に笹島の悲鳴がこだました。


 続く





ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。