鬼神蜻蛉《キシンヤンマ》


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【名称】   :鬼神蜻蛉《キシンヤンマ》
【カテゴリー】:カテゴリービースト
【ランク】  :下級B-3
【初出作品】 :【鉄の心は揺るがない】
【他登場作品】:ROND
【備考】   :トンボのラルヴァ。作品上では蜻蛉(とんぼ)と記載されているが本来は蜻蜓(やんま)の字を用いる。
        縄張り意識が高く攻撃的な性格で人を襲うといった過去の事例はいくつか挙げられている。
        二対の翅を持ちある程度の緩急をつけながら飛翔する事が可能。
        小動物などを捕獲する際には前足で対象を捕らえ、大顎を用いて食事を行う。
        本来は山岳部に生息しており人目に触れる事は無かったが、
        土地開発の波に押され幾つかの固体が人里で目撃されるケースが増えた。
        トンボとしては累代速度が遅く、長命である事と比例して体長は大きくなる。

        近縁種に神蜻蛉《カミヤンマ》がいるがこちらは比較的温厚で人を襲う事はなく、
        生き物を捕食するといった前例が無い為、近縁種としながらもまったく違う食物連鎖の枠にあるのでは、
        といった学説もある。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。