天蓋地竜


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【名称】   :天蓋地竜(ドームドドレイク)
【カテゴリー】:ビースト
【ランク】  :中級B-1
【初出作品】 :ROND
【他登場作品】:【海の底からの呼び声】(ただし冬眠中)/【怪物記 第七話中編】/ほか複数言及のみあり
【備考】   :差し渡し40メートルもある巨大な甲羅を背負った双頭(甲羅の左右からひとつずつ頭を出している)、
        六脚、四尾の地竜。基本的には人畜無害ながら、その巨体自体が移動するだけで破壊の申し子と化す
        普段は地中に潜っているが、まれに日常へ出てくる。人間の言葉は解さないようだが極めて判断力が高く、
        周囲に脅威となる存在があれば金属水素弾丸を吐いて破壊する
        全世界で5体ほど個体が確認されており、前回の出現はパナマ運河近郊
        運河を守るために米国三軍が全面攻撃をしかけ、対地ミサイル98発を発射するも着弾したのはマーベリック
        がわずか4発のみ、その上ほとんどダメージは与えられなかった。逆に米軍はF–18を9機、F–35を4機
        A–10を5機、AH–65Dを12機、AH–1Wを8機失う大損害を受けた
        最終的にはズムウォルト級の電磁艦砲弾道射撃で撃退したが、殺害には至っていない
        死亡を確認されたことがない極めて珍しいラルヴァ
        もっとも、米軍の高官は「運河まで10マイルの最終防衛ラインを突破されていたなら戦略衛星テンペストを
        使用していた。テンペストのレーザーであれば100%殺害可能だった」とうそぶいている


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。