【斗え! ゲッソー仮面】


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


 時坂祥吾は、間が悪い。
 だが注意して欲しいのは、間が悪いのと運が悪い事や不幸な事とは似て非なることである、ということだ。
 間が悪いというのは、つまりは「タイミングが悪い」という事だ。それだけのことである。
 故に。
 福引で賞品あたっても、何らおかしくはない。
「おめでとうございまーす! 三等のリゾート海水浴チケットです!」
 当選したのは、最近開いたリゾート地の家族用チケットだった。
 超豪華……というほどでもないが、海水浴場の傍にあるホテルの宿泊チケットである。
 それを手に入れたのはあくまでも運であり、間が悪いとかどうかは全く関係ない。
 だから。

「まさか……そんな、ああ……ありえません、そんな……!!」

 世界が終わるような顔をしないでくれメフィ。
 そう時坂祥吾は思った。
 ……彼女と一緒にいる時に福引があたったというのも、ある意味では間が悪いのかもしれない。



【斗え! ゲッソー仮面】



「しかしすごいねお兄ちゃん、うっわー、楽しみぃ」
 自宅にて。
 一観はその話を聞いて大喜びする。
「これ、最近出来たあれじゃない、大型リゾートの」
「ああ。海もあるしプールもあるらしい」
「すごいよねー、楽しみだよねー!」
 一観はうれしそうにはしゃいでいる。
 その笑顔だけで、祥吾は報われた気がする。
「ではしっかり準備しないといけませんね」
 メフィが言う。
「えっと、私達も……その」
 コーラルがそれに続き、上目遣いで言ってくる。
「……何言ってんの、当然でしょ? ほらほらここに、家族って書いてあるし」
 その言葉に、コーラルはうれしそうに笑う。
「しかし海か……久しぶりだな」
「海といえば?」
「海といえば!」
「「そう!」」
 祥吾と一観の言葉が同調する。

 そう、海といえば――





♪どこの烏賊かは知らないけれど
 誰もがみんな知っている
 ゲッソー仮面のおじさんは(お兄さんと呼べいっ!!)
 正義の烏賊よ美味しいよ♪


 BGMが海に響く。
 刺すような真夏の日差し、灼熱の白い砂浜を蹴って白い覆面の戦士が跳躍する。
 海上特設リングの白いマットに降り立つは……

『母なる大海原が生んだ純白のイカすファイター! 謎の覆面レスラー、ゲッソー仮面だぁあああっ!!』

 クルーザーに乗って解説が叫ぶ。
 砂浜に集まった観客達がいっせいに応援の声を張り上げた。

「うおおおおおッ! おい一観、生だよ、生ゲソ仮面!」
「さすが迫力違うよね、お兄ちゃんッ!」
 時坂兄妹もまた、拳を振り上げて応援する。
 そう、海といえばプロレスだ!

「……」
 その光景をメフィとコーラルは黙ってみている。
 というか、ちょっと引いている。
(え? 普通海と言ったら……もっとこう)
 気合を入れた水着が台無しだと思った。
 というわけで二人の水着の詳しい描写は避ける。今はもっと描写すべきことがあるのだ。そう……
『対戦者ぁ! その真紅のボディは返り血かぁ!? 多くのヒーローを血に染めてきた真紅の悪魔!
 その八本足は全てを貫く! オクトパニッシャーだぁあ!!』
 水柱があがる。
 その中から飛び出してきたのは、蛸を象った仮面をつけた真紅の悪役レスラー。八本の蛸足の触手を持つそれは、処刑人の名を持

つ魔人である。

「ちょちょちょっと祥吾さんっ!?」
「ん、どうした」
「あれ、どう見てもラルヴァじゃないですか!?」
「何言ってんだお前」
 祥吾は呆れ顔で言う。
「ラルヴァがこんな所でプロレスしてるはずないじゃん。あれは悪役レスラーだよ」
「そうだよ、ここは双葉学園じゃないし」
(ええ~~~~~~~~っ!?)
 祥吾たちの瞳は、純真だった。


『ゲストの灰児さん、この戦いはどうなるでしょうね?』
『そもそも何で私がこんな所にいるのか聞きたいんだけど』
『はい、実に見事な試合の予測でした、さすがは専門家! さて彼の予想通りに試合は進むのか』
『いや私はプロレス専門家じゃなくてだな、というか』
『さあ、ゴングです! 試合開始ィっ!』
「ぅぉりゃあああああっ!」
 ゲッソー仮面が走る。
 左足を軸にした回し蹴り。しかしオクトバニッシャーの触手によってからめ取られ、そのままリングロープへと投げつけられる。
「くっ!」
 オクトバニッシャーは、ロープの反動で跳ね飛ばされたゲッソー仮面へと走り、ラリアットを叩き込む。
 それも、腕で首へ、そして触手で頭、胸、腹、足へと……その触手を活かした、四段ラリアット攻撃――!
『出たぁ! いきなりオクトバニッシャーの伝家の宝刀、タコアシギロチンだぁーッ!』
「ぐはっ」
 マットにたたきつけられるゲッソー仮面。
 仰向けに倒れたゲッソー仮面をオクトバニッシャーは蹴り上げてうつぶせにし、そしてその無防備な背中に向かい、
『あ――――っと、まさかこれはぁ!?』
 触手を絡みつかせ、ドリルへと変える!
『タコドリルだぁーっ! これは危険、これはやばいッ!』
 唸りを上げたタコドリルが、ゲッソー仮面の背中を直撃する!
「ぐあああああああああああああっ!!」


「ひどい、フォールすればいいのにあんな……!」
 一観が悲鳴を上げる。
「大丈夫だ、まだ試合はこれからだ、ゲッソー仮面はこの程度じゃ負けないって」
 そういいながらも、祥吾の拳は不安を押し潰すように握り締められている。
「いやあの、プロレスじゃないでしょこれ、ドリルですよドリル!? というかあれどう見ても」
「ごめんなさい、私もどう見ても……」
 メフィとコーラルが言う。だが、
「悪役レスラーならドリルぐらい使うだろ」
 祥吾は一言でその質問を却下した。
 確かに、悪役レスラーに凶器攻撃はセオリーである。
 それがフォークだったりバットだったりするなら、触手ドリルだって何らおかしくない。プロレスは非情なのだ。


「とどめだあっ!」
 オクトバニッシャーがドリルを振り上げる。
 その一瞬の隙を縫い、転がってドリル攻撃から脱したゲッソー仮面は、そのまま背筋をバネにしてドリルを蹴り上げた。
「ぬうっ!」
「お前の攻撃パターンは知っている、とどめを刺す時に……大振りになる事はな!」
「おのれ、ゲッソー仮面め! 小癪な真似を……」
 歯軋りをするオクトバニッシャーに対して、ゲッソー仮面は指を振って笑う。
「違うな。そういう場合は、イカした真似を、って言うんだぜ?」
「ほざけぇえええっ!!」
 叫ぶオクトバニッシャー。
 その背中から八本の触手が襲い掛かる!
 だが――
「あイカわらずの触手攻撃か。だが――それならお前は俺には勝てない! なぜなら――」
 ゲッソー仮面も走る。そして……
「イカの足は――十本だからだ!」
 ゲッソー仮面の背中からもまた触手が走る。
 それはタコ足をかいくぐり、オクトバニッシャーの顔面に叩き込まれる。
「ぐはあっ!」


「ええええええええええ!? いやちょっ、あっちもラルヴァ!?」
 メフィが驚愕の声をあげる。だが、
「だからレスラーだって、メフィさん」
「レスラーなあれぐらい普通だろ」
 平然と観戦する二人にメフィはただただ首を振る。


「くそ、貴様ァッ!」
「そろそろ……ケリをつけようぜ!」
 右手から墨が噴出される。
 それが渦を巻き、螺旋状のドリルのようにオクトパニッシャーの眼前に突きつけられる。
「っ!!」
 渦を巻く隅がオクトパニッシャーの動きを拘束する。
 そして、ゲッソー仮面は跳躍し、ドロップキックを叩き込む!
 これこそがゲッソー仮面の必殺技――

「スパイラルインク・スクィッドハンマー!!」

 超高速でのドロップキックがオクトバニッシャーを貫く。
 マットに着地したゲッソー仮面の背後で、
「ぐ……ぅぉああああ!!」
 オクトパニッシャーが爆発四散した。

『決まったァ~~~~! ゲッソー仮面の必殺技ァ!! イカすぜぇ!!』

 ゲッソー仮面は指を天に突きつけて、勝利宣言をする。

「――カウントは、いらねぇな!」


 開場は勝利に沸く。
 それを見て、時坂兄妹もまたガッツポーズをとり、声援を送る。
 そしてメフィ達は、
(ええええええええええ!?)
 その光景に唖然としていた。
(今爆発しましたよね!? なんかすごいジャンプで飛んでキックしましたよね!? 相手が爆死しましたよ!? 異能者かラルヴァじゃ

ないと無理ですよね!?)
 メフィはそれを祥吾に告げる。いくらなんでもこれはおかしい。
「祥吾さん、あれどう見ても……」
 だが……
「何言ってんだ、お前。あれ見ろよ」
「え?」
 海からざばりと姿を現し、控え室に移動しているオクトバニッシャーの姿が。
「え、あれさっき爆発して……」
「プロレスだからな」
「ええええええええ!?」
 まあ確かにプロレスは入場の時の花火といい、火薬を使ったパフォーマンスはよくあるものである。
 だから必殺技を喰らって爆発四散するぐらい、基本なのだ。
「プロレスラーさんってすごいよね、お兄ちゃん」
「ああ、全くだよ」
「いやいやいやいやいやいやいや!」
 現実を直視しないメフィであった。




「すごかったよね、昼の」
「う、うん……」
 一観とコーラルは夜の砂浜を散歩していた。
「本当に……プロレス……好きなんですね」
「うん、大好きだよ。一家そろってプロレスファンだし」
「そうなんですか……」
「うん!」
 笑顔で頷く一観。
 その時、二人の耳に足音が聞こえた。
 振り向くと、
「へへへ、おじょ~ちゃんたち、こんな夜になにしてんの?」
「ナンパまちかな~? おにいちゃんたちとイイコトしようよ~」
 目の妙に離れた顔の、二人の男が笑っていた。



 祥吾とメフィは、それに気づく。
「祥吾さん、あれ……」
「な、一観たちが襲われてる?」
 祥吾は持っていたジュースのカップを握り潰し、駆け出そうとして――
 その祥吾と、メフィの肩にぼん、と置かれる手があった。
「?」
 それは二人の、たくましい青年だった。
「俺たちに任せろ」
「君達は此処で待ってろ」
 そう言って、一観たちの所に歩いていく青年二人。
 祥吾は、その後姿に――背中に既視感を覚える。
「まさか……」
 そして二人は駆け出し、
「変身!」
 一瞬で、その姿を変えた。
 純白の覆面レスラー、ゲッソー仮面。
 真紅の覆面レスラー、オクトバニッシャー。
(ええええええええ!?)
 メフィはその姿をみて驚愕する。
「祥吾さん、今あれ、変身しましたよ!?」
「そりゃ覆面レスラーだし変身するだろ」
「えええええええええええええええええええええええええ!?」
 そのメフィの驚愕をよそに、二人はドロップキックを男達に叩き付ける。
「ぐわっ!」
 直撃を受け、海に叩きつけられる二人。
「大丈夫か、君達」
「え……? ゲッソー仮面!?」
「さあ、彼らの所に行くんだ。ここは俺たちが引き受ける!」
 ゲッソー仮面とオクトバニッシャーは、一観とコーラルを安全な場所へと逃がし、そして海を凝視する。
 立ち上がってくる男二人。彼らは憎悪の視線をゲッソー仮面たちに向ける。
「貴様ら……よくも邪魔を!」
「邪悪なレスラー協会、インスマンス団の連中だな!」
「ちぃっ、女の子をナンパして我らのラウンドガールに洗脳・改造しようとした計画をかぎつけたかっ!」
「そんな計画は知らん!」
「なんだとぉっ!! ならば何故我らの邪魔をしたっ!」
「そんな事は知らん!」
 指を指して言ってのける。
「邪悪を阻み、正義の為に戦うのはプロレスラーの宿命だ!」
「ちいい! それに貴様……馬鹿な! 貴様は悪役のはず! 何故そいつに力を貸す!」
 男は、オクトバニッシャーに向かって叫ぶ。
「愚問だな。俺は悪役であって、貴様らのような悪党ではない!!
 そして、一度リングを離れたら……!」
「拳を交えた仲間と仲間!」
「拳は一つに重なって!」
「邪悪を討てと唸りを上げる!!」
「俺は真紅の処刑執行人! オクトバニッシャー!!」
「俺はイカした正義の戦士! ゲッソー仮面!!」
 二人の背後で、赤と白の爆発が起きた。
「おのれぇえええっ!!」
 インスマンス団の邪悪レスラーは、肩車の状態になる。
「合っ! 体! これぞ巨大レスラー、デビルマグーロ!!」
「くっ……!」
 その巨体に気圧されるゲッソー仮面。
「ひるむなゲッソー仮面!」
「判っている、ただでかくなっただけなど……!」
「甘いな、ただでかくなつただけと思うか……分離ィ!」
「何ぃっ!?」
 上半身と下半身が分離し、二人のレスラーへとなった。
 そしてそれらは、飛び掛りラリアット攻撃をしてくる。
「ぐっ!」
「はははははは、油断したな!」
 そしてそのままグラウンド技に持ち込んでくる。
「しまっ……」
 そう、ここでゲッソー仮面たちは重大なミスを犯した。
 それは、ここが砂浜だということだ。
「正統派レスラーなきさまらではリングの戦いに慣れているため、砂浜では思う存分に戦えまい! ましてや寝技から脱出など!」
「このまま砂の中に引きずり込んでくれる! ギョベ~ッベッベッベ!」
 彼らの言うとおりだった。砂に脚を取られ、これでは思うままに戦えない。
 だが……
「ぐぼっ!」
 絞められた苦痛ゆえか、黒い墨を口から盛大に吐き出す。
「ふははははは、どうした! もはや形無しだな……むうっ!?」
 そこで気づく。
 墨を盛大に吐き出した。
 それによって、砂浜は濡れ、硬くなる。
「まさか貴様、これを狙って……!」
「その通り! ましてや墨は固まれば、ガチガチになるのさ!」
 一気に絞め技から脱出するゲッソー仮面。オクトバニッシャーもまた同じである。
 そして……
「アルティメット・オクトパスホールド!」
 オクトバニッシャーはそのまま、八本の触手を使い、必殺ホールドをガキィ、と決める。
「アーンド……!」
 ゲッソー仮面が跳躍する。
「スクィッドパイルドライバー!」
 十本の触手で捕らえ、空中に持ち上げる。
「フィニッシュ!!」
 空中から流星のように叩きつけられ、二体の悪党レスラー、デビルマグーロは大爆発を起こした。




「すげぇ……!」
「本当、かっこいいよね!」
 感激する時坂兄妹。
 もはやメフィは、突っ込む気力すら失せていた。
(私が間違ってる……?)
 間違っているとか正しいとか、そんな事は関係ない。
 何故なら――真夏の海のプロレス、それはそれだけで十分なのだ!






 だが、彼らは知らない。
 その一部始終を、ホテル最上階から見下ろしていた視線を。
「全く、不出来なものだな」
「はい、お嬢様」
 和風の豪奢な部屋。そこから全てを見下ろすのは――敷神楽鶴祁。
「和の心が欠落している。やはり任せてはおけぬ。
 敷神楽グループ、プロレス部門の力を見せてやれ」
「了解いたしました、お嬢様」










ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。