北神 静馬


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前:北神 静馬(きたがみ しずま)
学年:高校二年
年齢:享年17(1981年生まれ)
性別:男
身長:180㎝
体重:70㎏

性格:本人はムードメーカーを気取ってはいるが、人からは軽薄に見えがちなのが玉に瑕。
面倒見がよく特に年下からの受けがいい。何かにつけて熱くなりやすいタイプだが、
最後の最後まで冷静さは失わないのは経験の賜物。
生立ち:ごく普通に学生生活を送っていたが、深夜の学校に忘れ物を取りに忍び込んだ際に学校の怪談的魔物と遭遇、
これをグーでブン殴った際に能力に開花。対魔業のため時を同じく学校を訪れた藤神門女史 *1 との出会いを契機に *2
能力者達の一団に加わり、後の世に言うMembers in 1999の一人となる。
太平洋上に出現した超弩級母艦型未確認生命体『エンブリオ』の攻略作戦に参加、その際消息不明となる。
(記録上は嵐の際に高波に飲まれ消息不明ということにされ、2019年時点で既に法的に死亡したことになっている)
Mi99各個の私物と記憶以外での彼の能力者としての記録は、僅かにしか残っていない。

人称・口調:オレ、オマエ・あんた、~さん が基本。基本的に砕けた口調

特記事項:Mi99メンバーであるグリアノール老の主催する私塾での勉学により、語学を初めとして、国際交流に役立つ
さまざまな知識を獲得している。

能力
異能の力を込めた己の素手で未知生命体 *3 を絶命させることで、その未知生命体を結晶・物質化し
特殊能力を封印した装備品とする能力。武装として使用しない際にはメダルとして保管される。
能力により装備品へ変換された未知生命体は『携行具』か『装身具』のいずれかとなるが、静馬当人には
発動後の獲得拒否権も携行具・装身具のどちらになるかの決定権もない。
携行具に変化した場合は手持ちの携行具、装身具に変化した場合は手持ちの装身具が失われることになる。
攻撃的能力があるので携行具、防御的能力があるので装身具、と一概に言えるものではなく、取捨選択も不可能なため
静馬自身にも能力を使用するかしないかの決断力と運と度胸が必要となる。
携行具と装身具の両方を一度に装備することはできるが、特殊能力を同時に発現させることは不可能。

未知生命体の能力は人間の発現しうる能力とは体系そのものが異なる場合が多く、さまざまな可能性を秘めている。
だがヒトとは異なる存在と常に触れ合いその力を操るにあたっては、相当の能力と鍛錬、精神修養を要する。

その他
英国貴族にして異能者支援の第一人者でもあり、Mi99メンバーとして彼と親交のあったフィルリオーネ・テンペスター子爵を
(名目上の)主人とする勲爵士シズマ・ノーディオなる出自不明の青年と静馬との関係が取りざたされることがあるが、
テンペスター子爵もノーディオ氏自身も、その件については口を閉ざしている。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。