きちんとした文章を書こう


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

きちんとした文章を書こう!


 せっかくの執筆スレなので、みんなが何かを身につけられればイイナと思い立ち上げました
 どうせなら有意義な「遊び場」を目指そうぜ的な試みです


 ※中学時代の「国語便覧」を参考にしています。追記・訂正・つっこみ自由です


執筆に必要な文法知識



①「文章」とは

 それだけで一つの完結した意味のまとまりを表す。最も大きな「ことばの単位」

②「段落」とは

 長い文章の中での、まとまった内容を表す一区切りのこと
 段落の始めは行を改めて、一字さげて書き出すのが普通

③「文」とは

 一つのまとまった意味を、終わりまで言い表した一続きのことばを文という
 原則として言い切りになり、「句点(。)」が付く
 感嘆符(!)や疑問符(?)を使うこともある

さらに「文節」「単語」へと細かくできますが、割愛します




まず失敗しない文章の書き方


 ふつうにメモ帳とかwordとかで書く場合を対象にしています
 こういうのは好みの問題もありますが、とりあえず手元の資料の通りに解説していきます

①題名

 題名は、一ページ目の第二行に、上から三・四文字あけて書く

②書き出し

 本文は、一行あけて書き始める
 当然のことですが、最初の一字分をあけてニ文字目から書き始めてください
 「  」で始める場合は一文字あけなくてもいいです

③改行

 段落ごとに行をかえて、最初の一文字をあけて書き始めてください
 「  」で始める場合は一文字あけなくてもいいです
 段落が大きく切れる場合、一行あけてもよい

④符号

 ―― や ・・・・・・ は二字分を使ってください
 ― とか ・・・・・・・・・ じゃダメです。ここは間違えやすいポイントなので覚えてください
 「?」「!」の後ろは一文字あけてください。でも、「がおー! 」とはしないので注意してください

 (例) 誤「変態!変態!変態!」   正「変態! 変態! 変態!」

⑤引用

 短い場合は「  」でくくって示す
 長文や詩歌の引用は、行を改め、引用文全体を二字分ほど下げて書くとよい



符号の使い方


 これも個人の好みで使い方分かれますが、原則的な使い方を並べていきます


①(  )  かっこ

 注記・省略に用いる

②「  」  かぎ

 ・会話・語句の引用を示すとき
 ・特に注意を求めようとする語句をはさむとき

③『  』  ふたえかぎ

 ・引用文の中に、さらに引用部分が含まれるとき
 ・書名などを示すとき

④ ――  中線(ダッシュ)

 ・挿入句を示す場合(前と後ろに入れてください)
 ・(  )の代わりや、「つまり」の意に用います

⑤・・・・・・  点線

 ・文の省略や語句の省略(あとを想像させる)
 ・会話のとぎれ・無言を表す

⑥ - =  つなぎ線

 - 外国語・地名が二語以上になるとき
 = 外国の人名を現すとき

⑦ ?  疑問符

 問いの表現。しり上がりの抑揚を示す

⑧ !  感嘆符

 感動・命令・呼びかけ表現。強い語調を示す

⑨ ・  中黒

 単語を同列に併記する場合の区切りを示す
  例)注記・省略に用いる

 肩書きや役職と名前との間・外国の人名を表すとき
  例)醒徒会長・藤神門御鈴 春奈・C・クラウディウス

 縦書き時はハイフン(‐)・ダッシュ(――)・コロン(:)や小数点の代わりとして使用する場合もある

会話文の終わりに句点は必要か?


 「  」でくくられた会話文の終わりに句点(。)は必要ありません

 「噴水でも作ってみようかと思います。」 とはなりません
 「噴水でも作ってみようかと思います」 となります

 しかし会話文の終わりに句点を付ける事は、間違いではありません
 句点を付けるよう習ってきた人だっていると思われます

 しかし、「双葉学園」やライトノベル執筆においては、「  」でくくられた会話文の終わりに句点は必要ありません
 普通の小説や書籍を見てみてもほとんどがそうであると思われます


その他いろいろ


 初心者がよくやることとして「!」をたくさん並べたがることがあります
「!!!!!!」
 というのは原則やってはいけません。一つだけにしましょう

 ※ただし組み文字という例外的な使い方が存在しその場合は「!!」や「!?」といった使い方も間違いではなりません
  その場合は「!」や「?」は必ず半角を使いましょう





















ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。