安達 凛


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

安達 凛

「だから、わたしの自慢の弟に任せるの」


基本情報
名前 安達 凛(あだち りん)
学年・クラス 高等部3年G組クラス委員
性別
年齢 18
身長 151cm
体重 その質問、失礼だよね?
性格 底なしに明るい
生い立ち 八歳の頃に一家で双葉区に居を移す。異能の発現は12歳
基本口調・人称 一人称:わたし、二人称:~(名前)くん、~ちゃん
基本的に、誰が相手でも明るく楽しい口調
特記事項 成長は12歳でストップしている。
カテゴリーE種異能者



キャラデータ情報
総合ポイント 29
レベル
物理攻防(近)
物理攻防(遠)
精神攻防
体力
学力
魅力
能力 『若返り』、下記参照
特記事項 スペシャルキャラポイント適応

その他詳細な設定


キャラ設定
 ピンクのリボンで括った栗毛のツインテールに、灰色の瞳を持つ、見た目小学生
 永劫機開発者の両親(父は後に兵器開発局勤務)を持つが、自身の興味はむしろ指導者とかそっち側。
 弟の久を毎朝マウントポジションで揺すり起こす、弟くん大好き娘。時にカゲキなアピールも。
 底なしに明るい美少女であり、いろんな意味で将来が嘱望されるが身体は成長しない。
 両親の頭脳はちゃんと受け継いでいるらしく、体力、学力ともに優秀(異能者を除く)、家事も万能だが
 異能がまったくの役立たずであり、それに加えてビースト系ラルヴァが苦手。
 クラス委員を務めており、クラス内での人望は厚い。
 高等部修了後は、双葉学園大学部の法学部へ進学が決まっている




異能設定 
 『若返り』、睡眠時間に応じて自身の身体年齢が若返るというもの。旧分類でカテゴリーE
 若返る=むしろ小さくなるであり、その詳細が分からなかったときは
 よく眠るせいでどんどん小さくなっていった。今は睡眠時間を削って背を伸ばしている。
 この異能は、ただ若返るだけでなく『自分に与えられた時間を補給する』という側面もある。
 それゆえ、永劫機が必要し、決して増えない筈の『時間』を睡眠時に補給することが可能であり、
 ロスヴァイセの初起動時に自分の『時間』を喰わせ、その後熟睡したお陰でその特性が発覚
 過剰な成長痛こそあるものの、そのような場合は数ヶ月の成長を一晩でしてしまう事もある。
 プロフィールの身長は1話終了時点のものであり、それまで身長は149cmだった。
 ロスヴァイセの詠唱をターンAターンにした張本人

 なお、この異能記述は『彼女の異能』の一面的なものに過ぎず、その本質は未だ解明されていない。





登場作品


作者のコメント

病的なまでのブラコンです
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。