松下眞理


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

松下眞理 

「ようやく、私の能力も喜ばれるくらいのモノになったよ、美沙!」




【基本設定】


名前 松下 眞理(まつした まり)
学年・クラス 1-B(2016)
性別
年齢 16
身長 186㎝
体重 (無記入)
性格 穏和でおっとりとしているが、我が強い
生い立ち 不明。初等部から双葉学園にいる
基本口調・人称 美沙は呼び捨て。同輩と後輩の男子には『○○君』、同輩と後輩の女子には『○○ちゃん』、『○○さん』、先輩には『○○先輩』。その他の目上の人には称号で呼んだり、○○さんと呼ぶ
その他特記事項 2016年。当時のスタイルはB87・W62・H93。



【パラメータ】


総合ポイント:22


以下のデータは2016年のものである。

数値 パラメータ
レベル
物理攻防(近)
物理攻防(遠)
精神攻防
体力
学力
魅力
能力 魔術/力場賦与
特記事項 下記参照



その他詳細な設定


 眞理は初等部から双葉学園に通っていた生粋の双葉学園生徒。
 美沙とは中等部に進級した頃に知り合い、相互扶助の中で親友になった。ただ、眞理の能力の気味悪さから、友達は少なかった。


■魔術/力場賦与
 彼女の持つ能力は脳内でのイメージを力場に変えて賦与する能力で、最初は一時的の賦与だけだった。だが、洗練されていくと恒久的な賦与が可能になる。一時的な賦与は、5分程で切れる簡易的な物だった。
 『召喚』と『超科学』を除く、他の異能者が持つ能力をも見て理解した上(双葉学園で過ごしていた者は知っている)で、『弱点やコストを三倍増』の条件で賦与することが可能(この為に他の異能者から気味悪がられた)。

 眞理の能力の条件は、
 1・人間が苦もなく持って行使できる程の物品に限定。
 2・物品の本質の根本を壊さない。物品の本質を損なうことなく力を合理的に付与する。指輪や銃、ライターなどが相性良い。
 3・必ず消費される『コスト』が必要。『弾丸』や『燃料』を消費するものならばそれをコストに出来る。そうでない場合は、『疲労』によって補われるか、一時的に消費される『魂源力』によって補われる。銃やライター等が相性良い。
 4・恒久的に賦与された物品の賦与限界は『二つの有利効果(主力となる力場は一つだけ。その力を発揮するためだけの補助一つで二つ)』と『一つのコストもしくは副作用』。更に一つ有利な効果を賦与させると、一つの副作用を賦与させなくてはならない。『三つの有効効果(主力となる力場は一つだけ。残りはその力を発揮する為だけの補助二つ)』と『二つのコストもしくは副作用』が能力の限界。
 5・使用中は所有者が異能を行使することが出来ない(銃は射撃して着弾するまで)。ただし、同時に使用して初めて発揮される異能に関しては例外で発揮できる(例:討状之威の異能や、坂上撫子の一刀両断。ただし持つ物品は適していないとダメ)。
 6・他異能者の能力コピーは、『二つの有利効果』と『一つのコストもしくは副作用』を適用せず、必ず『弱点やコスト三倍増』にする。

 もし壊れた場合は部品をベースになった物を持ってきてそこから部品を取り出し(ニコイチ修理)、修理して三日待つと賦与したときと同じ状態にまで修復される。その間は物品の力を発揮することが出来ない。指輪等修理の難しい物品の場合は壊れた物を同じ場所に置き、箱に入れて三日経つと修復される。
 眞理は能力を洗練させる課程を含めて、500を越えた物品に賦与させている事が確認されている。


■所有特殊武器と作成された特殊武器の一部

 ・眞理のショックソード (サーベル)
 所有者は眞理本人。ユニークサーベル。
 サーベルに帯電させ、切れ味を増した眞理の護身用近接武器。触るくらいなら大丈夫だが、斬りつけられると電撃効果を追加で与えることが出来る。異能に対するコストは『疲労』。

 ・ファイアランス (S&W M29 .44マグナム)
 所有者は星崎美沙。
 真紅に輝いており銃身に『Fire Lance』と刻まれ、銃身自体も軽くなっている。 目標に命中すると命中した部分から炎の追加攻撃を加え、耐久度が無くなった物はそのまま燃えてしまう。
 銃の異能に対するコストは『.44マグナム弾』。

 ・ヴァージン・チェイサー (S&W M19 コンバットマグナム)
 所有者は討状之威。
 純白に輝き、『Virgin Chaser』と刻まれているユニークM19。標的を認知した上で射撃するとUターンはしないが、弾道が曲がって標的に命中させる事が出来るために曲射が可能。
 銃の異能に対するコストは『357マグナム弾薬』か『.38スペシャル弾』。




登場作品




作者のコメント






ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。