周防 キョウジ/メタトロン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

周防 キョウジ 





基本情報
名前 周防(すおう) 京時(きょうじ) 幻時(げんじ) 周防 経時(けいじ)
学年・クラス 高等部2−A 左に同じ 左に同じ
性別 左に同じ 左に同じ
年齢 17 ? ?
身長 172 左に同じ 左に同じ
体重 55 左に同じ 左に同じ
性格 弱気、日和見主義 超強気、戦闘狂で幼い 慇懃無礼、温和だが冷徹な側面も
生い立ち 旧兵器開発局に拉致、破棄された後双葉学園に入学(一般) 京時から人格が分裂 左に同じ
基本口調・人称 僕、基本的に丁寧。二人称は君、〜さん 俺、べらんめぇ口調。二人称はテメエ 私、常に敬語。二人称は貴方
特記事項 ベース人格 戦闘時などの人格

キャラデータ情報
総合ポイント 27
レベル 7
物理攻防(近) 6
物理攻防(遠) 5
精神攻防 2
体力 5
学力 3
魅力 3
2
能力 永劫機メタトロンの召喚
特記事項 スペシャルキャラの特例適用

その他詳細な設定


かつてオメガサークル(その前身の兵器開発局)にそのアツィルトを見込まれて拉致(その際、家族は皆殺し)される。
だが、幾度の実験や改造を経ても異能が開花しなかった事や兵器開発局の解散のドサクサで破棄される。(その際彼のデータも紛失)
異能の開花への希望やセキュリティの緩さから双葉学園に一般入試ルートで入学(深層意識では仇であるオメガサークルの情報を掴みたいがためと、双葉区自体には馴染みがあったから)。大学学食や生協などでバイトをしながら生活している。
実験や改造などの過酷な経験から精神の『バランス』を失い、解離性同一性障害を患い人格が3つに枝分かれした。

第一人格:『京時』 一人称は「僕」
「現在」を担当する人格にしてスタンダードな人格。普段はこれ
日和見主義で争いごとを好まず、押しに弱い。弱気。目立ちたくない。
全てを忘れて平穏に生きたいと思っている。だがそれは怒りや憎しみといった感情を別人格に仮託しただけで、復讐心が全く消えていない事を自覚していない。
平穏に暮らしていたが、ある時メタトロンに出会い、己の内の消えない憎しみや復讐心を自覚し、彼女と契約。自分や家族の時を歪ませた者に復讐を遂げるべく戦いに身を投じて行く。

第二人格:『幻時』 一人称は「俺」
「過去」を担当する人格。京時の怒りや憎しみ、戦意などに応じて出現する人格。
京時が「過去」に受けた仕打ちに関する怨みや憎しみをこの人格に押し付けた為に、幻時は好戦的で暴力を振るう事になんのためらいもない。
また、「過去」を担当する事から他の人格に比べると幼い面があり、子供っぽい。

第三人格:『経時』 一人称は「私」
「未来」を担当する人格。出現条件は不明。
京時がイメージする「大人」をイメージした人格。比較的温和で理知的だが、「大人」らしい冷酷さや狡猾さを持っている。

装備


永劫機召喚用の翠玉(エメラルド製の時計)製の懐中時計

【永劫機メタトロン】
翡翠の懐中時計を核とする永劫機、『機械仕掛けの天使(クロックワークアンゲルス)』
 腰部に音叉式の時計が埋め込まれている。
 身体は女性らしいシルエットだが、両腕部が肥大化しており拳が非常に大きい。
 まるでゴリラのようだと評されるほど、身体と腕が『アンバランス』
 能力は『殴ったモノの時間を停滞させる事』これは無機物限定で有機生命体(植物なども含む)の時間は停滞させられない。
 時間停滞中のモノは外部の影響を一切受けず、その影響は停滞解除後にまとめて発生する。
 下級程度のラルヴァの時間は停滞させる事ができるが、メタトロンが全力で殴れば下級ラルヴァ程度は消し飛ぶので意味はない。
 基本的な戦術はその巨大な拳を使用した格闘(ただしボディは頑丈ではないうえに重量バランスが悪い為に威力はあるが格闘能力も高いとは言い難い)。
 また、モノの時間を停滞させ、その間に一方向に衝撃を加え蓄積し、停滞解除と同時に標的に凄まじいスピードでモノをぶつけるなどといった事もできるが、勿論この間隙だらけ。環境利用闘法なのでまわりに何もモノがなければこの能力は全くの無意味。
 一度に止められるモノは3個まで。時間は1分が限度。
 特長もあるが、弱点も多いという非常に『アンバランス』な永劫機。

 詠唱呪文はイギリスの詩人、アルフレッド・テニスンの『いかにして、どうして』より

 時に今日はなく
 永劫には未来はなく
 永遠には過去はない




メタトロン 

基本情報
名前 メタトロン
学年・クラス 永劫機
性別
年齢
身長 140(精神世界では165)
体重 33
性格 ドS。高慢だが、人生経験が無い為にアドリブに弱く、実はヘタレ
生い立ち 作られた
基本口調・人称 ワタシ、二人称はアンタ
特記事項 永劫機

その他詳細な設定


天使の王の名を持つ永劫機メタトロンの制御を行う人造生命体。
 白いゴシックファッションに天使のような小さい羽を背中に付けている。ポイントは胸に下げた大きなエメラルドをつけたペンダント。
 髪は白、肌も真っ白で赤い瞳を持つ(アルビノのイメージ)
 性格はひたすらにキツいドS。よく喋るしよく手足が出る。契約者に仕えるという意識がないどころか契約者は自分に仕えるものとすら考えている。だが人生経験の無さから押しやツッコミ、高圧的な態度、突発的なアクシデントに弱いというヘタレ属性を持っている。
 いい加減で大雑把なところがある。
 彼女が契約するのは『全ての時を喪失してでも叶えたい願いを持つ者』だけ。
 ただし、その望みの善悪は問わない。強い願いを持つ者とのみ契約する。
 彼女と契約したものは永劫機の召還に応じて時間を消費するが、それは契約者の外見には現れない。
 全ての時間を消費すると契約者はいきなり消える。
 契約の際の言葉「私が望むように、伴侶のように、召使のように、或いは奴隷のように仕えなさい」






登場作品


 登場作品のリンクを貼ってください。後から追加もしていってください



作者のコメント


 何か付け加えたいことや言いたいこと、キャラに対するこだわりがあればここに



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。