ポケモン初代(青)安価プレイ@wiki

にせもんが教えてくれたこと


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

721 名前:にせもん ◆8HdYpQBrEo[] 投稿日:2008/08/12(火) 22:36:42.93 ID:L/n2VCo0
http://uproda.2ch-library.com/src/lib045570.jpg
( ´ω`)ゆうすけにはもう少しやさしくしてくれお
( ´ω`)鬼畜安価は俺にだけにしてくれお
( ´ω`)俺はゆうすけと一緒にチャンピオンになりたいんだお

という発言をし、見事に>>1を復活させた男が居た――
その名を――にせもん


そんな彼にインタビューを申し込むと、多忙な中快く応じてくれた。


①ゆうすけの第一印象は?
にせもん「M」

②緑を始めようと思ったきっかけは?
にせもん「これは・・・ちょっと考えさせてくれ・・」

そう言って何か思い出すように、遠くを眺めたにせもん。
彼のその表情に、記者は深い彼の感情を読み取った。

にせもん「俺が子供の頃の話だ。
俺は友達がいなくていつも一人だったんだ。
その時にゆうすけが話しかけてくれたんだ。
俺はしゃべったことがほとんどなかったから何を言っていいかわからなかった。
でも楽しかった事だけは確かだ。
それ以来毎日のように遊んだんだよな。
そいつは何でもできる子であったけれど俺はゲームくらいしかとりえがなかった。
で、当時流行っていたポケットモンスターを一緒にやることになったんだ。
最初のうちはまったりと純粋にゲームを楽しんでいたけれど、
俺がどっちがはやくクリアできるか勝負しようぜって言ったんだ。

そう、万能男を負かしてやりたかったんだ。

俺は死に物狂いでやった。でもあいつは強かった。

けれど、俺の方が先にクリアできそうだったんだ。
俺は心の底から喜んださ。

でも何かおかしいことに気づいたんだ。
このままだと大切な何かを失ってしまうんじゃないかと。

そして、助け合ってクリアしたんだ。

時を経て、このスタプラのスレを見つけたんだ

運命的なものを感じたのかな?衝動的に実況を始めたんだ
「便乗野郎氏ね」とか「もうこの手のスレはいらねーんだよ」とか言われた時でも
俺は続けられた。

童心にもどって俺はやったんだ。
嘘乙と言われても仕方ないけれど、
これがスタプラと一緒にチャンピオンになりたい理由だったんだ。」

彼の幼少時代の思い出が、今回の行動に関係していたんですね。

③あなたにも鬼畜安価が来たときはどう思った?
にせもん「腹立ったけど今じゃ良い思い出だぜ」

ゆうすけよりも心が広いですね!

④一番きつかった安価は?
にせもん「ポリゴンGET」

⑤ずばり、M?
にせもん「当然だ」

⑥一番好きなポケモンは?
にせもん「戦略的に活躍したゴースト(ながとゆき)」

⑦一番好きなジムリーダーは?
にせもん「タケシ様」

⑧ポケモン内で一番好きな場所は?
にせもん「自分の家」

⑨あなたの嫁は?
にせもん「ながとゆき」

⑩ゆうすけに好きな鬼畜行為をするとしたら何をしたい?
にせもん「金銀やれ」

これは皆の意見ですね。そして出張が終わるまで保って欲しいです。

⑪ゆうすけはあなたにとってどのような存在?
にせもん「かけがえのない友達」

彼のこの発言に底知れない愛情を感じ、記者は少し目頭が熱くなった。

⑫次のポケモンを作るとしたら?(プラチナの次は?)
にせもん「海とか宇宙じゃね?オーシャンとギャラクシー」

⑬ゆうすけに一言!
にせもん「おっぱい!」


最後まで>>1への愛を語っていたにせもん。

そしてにせもんは、旅立つ。

そんなにせもんのために、この男が動いた――


887 名前:スタープラチナ ◆CdLYkywJus [] 投稿日:2008/08/13(水) 02:18:34.53 ID:YZYIrqyH0
ちょっとみんなにお願いがある。
にせもんの時間がある内に、一緒にリーグを制覇してチャンピオンになりたいんだ。
だからカイリュウの安価を後回しにして、ベストメンバーで四天王に望ませてくれないだろうか