※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

緑化ビジネス


環境ビジネスの大きな構造

①技術系環境ビジネス(22兆円(9割))
  • エコシステム修復ビジネス
 緑化・植林事業/ビオトープ/多自然型河川修復/人工なぎさ/土壌改良/農地改善/里山の回復
②人文系環境ビジネス(1兆6千億)
  • 環境コンサルティング
 環境マネジメントシステム(ISO14000s認証取得支援を含む)構築支援/省エネ推進(ESCO)/エコホテル推進/汚染土壌(工場)不動産評価/環境ビジネス創出支援/環境装置リース/排出権取引制度/リスクマネジメント
  • 環境影響評価
 環境アセスメント/環境調査・分析・評価
  • 情報関連
 環境情報システム/環境学習および人材派遣/環境関連情報出版/エコツアー/環境広告/環境報告書/環境会計


他国の成功例

  • スウェーデンについて調べてみる

中堅・中小企業における環境ビジネス参入

  • 海外から製品・商品およびサービスを輸入販売
  • 従来の業態の延長として技術開発
  • 脱サラ(大手企業の場合は社内ベンチャー、分社化)して得意分野を活かしての製品およびサービス開発
  • 長年の研究を環境技術へ発展
  • 大手の下請け企業から業態を変化させ新分野へ進出などが挙げられます。

そのうち成功した事例は、以下が共通項

  • 環境産業の動機・目的をはっきりさせる
  • 技術開発と事業開発も行なう・・・技術とシステム、事業とシステム
  • マーケティングリサーチ・・・市場のニーズを把握する
  • 事業をリサイクル化 よりも リサイクルを事業化 すべき
  • 適地技術及び事業
  • 共同研究・・・技術情報の共有&販売チャンネルの共有(シナジー効果)


リンク

  

wiki内部検索




更新履歴


取得中です。
 

メニュー


1.ビジネスモデル
 ①環境ビジネス
  -キーワード(環ビ)
 ②農業ビジネス
2.アイデア
 ①アイデア全般
3.打ち合わせ議事録
 ①第1回議事録
 ②第2回議事録
 ③第3回議事録
4.メモ
 ①三上
 ②渡沢

使い方