※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

緑化ビジネス
■背景
2001年4月施行のグリーン購入法では国の機関はグリーン購入に取り組むことが義務、
地方自治体は努力義務、事業者や国民にも一般的責務があると定めらた。
これらが社会的モラルとして一般企業にも浸透し、
屋外・壁面緑化の補助金も充実している。

■緑化メリット
①不動産価値を高める。
例1:緑化空間がることで賃貸家賃の1万前後の家賃増額を受け入れられるという心理がある。
  それにより緑化コストを5,6年で回収できる。
例2:ミッドタ

②デパートなどの滞留時間の増加に伴う売り上げ増加

③ガーデニング派、エコライフ派、スタイリッシュ派


■現状
安かろう、悪かろうが横行し、価格競争に陥っているため、量から質への脱却が求められている。
2000年から2005年に整備された屋上緑化の面積は123.7ha


■今後の展望
価格競争から脱却し、イニシャルコストもランニングコストも
品質に見合った適正な価格に設定する必要がある。

景気が悪くなると緑化の資金がまず削られるため、
投資額に見合う付加価値を明確に提供してく必要がある。
(居住性向上、省エネ効果増大、環境・CSRへの意識が高い企業としてのブランドイメージなど)

環境意識をアピールするため、屋上緑化よりもより目に入りやすい壁面緑化の需要が増えている。

市場規模
 2000年:1兆5千億
 2010年:1兆5.6千億
 2020年:1兆6.3千億


■アイデア
商品のパッケージ化
無料で配置してからという心理学を使う。
ニートと緑

■その他
  • 緑化ビジネス専業会社 インテリアスケープ
  • キューブ型緑化ユニット アネックス

  • 環境ビジネスの展望
  

wiki内部検索




更新履歴


取得中です。
 

メニュー


1.ビジネスモデル
 ①環境ビジネス
  -キーワード(環ビ)
 ②農業ビジネス
2.アイデア
 ①アイデア全般
3.打ち合わせ議事録
 ①第1回議事録
 ②第2回議事録
 ③第3回議事録
4.メモ
 ①三上
 ②渡沢

使い方