※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

先の大戦
 『最後の審判』と呼ばれる、世界を巻き込んだ執行者とイヴォルスの戦争を指す。若き日の鶴谷国重や野田康治の父が参戦している。
結果的に大国『アナトリア』は滅び、今現在は四大都市『桜木』『エスパダ』『ニーベルング』『エスト』によって世界の均衡が保たれている。
 Mirage1の時点でこの戦争から15年経過している。