※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

:人物考察

全作を通して主人公。
執行者でありながら、魔術的な才能をも保有する希少能力保有者。
好きだった人を自らの手で殺め、桜門崩壊を止めた。その悲しみと共に、存在を世界に知らしめた『朱の英雄』

あの日からと言うものの、より戦うことを嫌い、なぜ戦うのかと言う理由を探し続ける。
追われる身となった親友からの連絡が彼の意思を確立させるものとなった。
『鶴谷の計画が、再び世界を破壊する』
そして彼は、再びその剣を手にする。
一つとなってしまった剣『双影剣』が血の涙で濡れようとも。

:所有Device
Aiminift/Extended
Aiminiftの上位互換機。
双影剣のデータをも取り込み、Secondシリーズの最高峰とも言える完成度を誇る。
特性はA.M.Sの事前起動による最速展開、光の収束加速率の強化、エレメントコアバレットによる能力強化など、近代兵器と過去の遺産との融合と言える。

Phase/Reacterと同時期に開発されたため、モード移行システムが搭載される予定だったが、調整不良によりモード移行は使用不可のまま彼は戦いへ赴く。
能力:自立AIによる高速戦闘支援・事象を捻じ曲げる絶対命中


双影剣


登場人物へ戻る。