GURPS ウィル・フォルティッスィムス > キャラクター作成にかかわるルールの変更点

はじめに


 このページはGURPS ウィル・フォルティッスィムスのキャラクター作成における、ベーシックからのルール上の変更点を記載しております。
 こちらに記載してない点に関しては、ベーシックに準じて判断してください。



目次



推奨作成CP


 あなたたちはどのような冒険をしたいですか?

 歴史に名を残す英雄たちが、巨大な悪竜と戦い姫君を救い出す物語でしょうか?
 腐敗した王国に立ち向かい、国を正す物語でしょうか?
 あるいは、下町の酒場にたむろし、ゴブリンや山賊を相手に小銭を稼ぐごろつき同然の冒険者の物語でしょうか?

 どのような物語であれ、それにふさわしいCPというものが存在します。以下に、GURPS ウィル・フォルティッスィムスのパワーレベルごとの推奨作成CPをまとめてみました。
 ゲームマスターは、これを参考に、皆がつむぎたい物語のパワーに合わせたCPを決定してください。


  • 25~50CP
  (PC非推奨) 健全な一般人。
 どこにでもいる農民が魔物に遭遇し逃げ出すシナリオ、などでもない限りは推奨できない。

  • 50~100CP
  (PC非推奨) 一般的な衛兵など。
 一般人よりはすぐれた存在ですが、人々の記憶に名を残すほどではありません。

  • 100~150CP
 才能のある、あるいは熟練の冒険者。
 あなたは優れた腕を持つ戦士であり、あるいは魔法使いです。あなたの名声は世に広まるほどではありませんが、あなたがホームにしている場所であれば多くの人があなたを知っています。あるいは、歴史に刻まれる大きな事件に関わり、その名を残すことになるでしょう。
 しかしながら、あなたの力は一般人には手の届かないところにありますが、それでも常人の範疇にとどまっております。

  • 150~200CP
 英雄。または偉人。
 あなたはすでに、英雄として人々に認知されています。あるいはされていないかもしれませんが、それは英雄にふさわしい事件に巡り合ったことがないだけです。
 あなたの周りで歴史に刻まれるような事件が起きれば、遠からずあなたは関わることになります。――あなた以外にこの事件を解決できる存在が近場にいることは完全なる奇跡です!
 あなたは英雄と呼ばれるにふさわしい実力を持っていますが、あくまで常人の範疇です。あなたの得意な分野においては、他の追随を許さないでしょうけれども、反面苦手な分野では一般人より劣ることもあるでしょう。このパワーレベルにふさわしい冒険譚は、単独で街を滅ぼす巨竜に立ち向かったり、単身で軍勢と戦う物語ではなく、軍のリーダーとして指揮を執り、あるいはその最前線で武勲を上げる騎士の物語です。

  • 250CP以上
 超人。
 あなたの能力は、一般人と隔絶しています。人々がいかに努力しても届かない極みに上り詰め、更なる上の世界を目指すことができるでしょう。恐らく、この時代において、単騎であなたと同格の実力を持つ存在は、人類には存在しえません。
 あなたが歴史に刻まれる大事件に関わらないことは想定できません。――よほどうまく「無能な自分」を演じ続けるか、隠者として森に隠れ住む必要があるでしょう!
 悪の巨竜や魔王を退治する勇者、あるいは個人の武力で悪の帝国を打ち滅ぼす英雄の物語を紡ぐのであれば、このランクの能力が必要です。


能力値に必要なCP


 GURPS ウィル・フォルティッスィムスにおいては、能力値の購入に必要なCPを従来のものとは変更します。
 ST(筋力)、およびHT(生命力)は一律±10CP、DX(敏捷)、およびIQ(知力)は一律±20CPです。この変更により、通常ベーシックにおける100CP総統のキャラクターを作るのであれば、125CP程度にするべきでしょう。

例)あなたはSTを8まで下げることにしました。基本は10なので、2を減らして20CPを得ることができました。さらに、IQを13に伸ばします。あなたはこのために60CPも消費しなくてはなりません!


副能力値の変更点


 GURPS ウィル・フォルティッスィムスにおいて、HP、および疲労点の基準を変更します。
 HPはST(筋力)を基準とし、疲労点はHT(生命力)を基準とするのです。これは、単に「莫大な魔力を保有する魔術師は常にマッチョになる」という構図が嫌だったためです。仕方がないね。


能力値の上限


 GURPS ウィル・フォルティッスィムスにおいては、能力値の上限を20と定義します。ただし、これは常人の上限であり、種族などの特徴で修正される分はその範疇外となります。
 上限ではありませんが、常人の能力値に関して言及しておくと、13を超える能力値は、それだけで賞賛の対象となります。また、15を超える能力値の保有者はめったにいません。作成に制限をかける意図ではありませんが、ロールプレイなどに利用してください。

能力値の下限


 ベーシックにおいては、能力値の下限が8とされておりますが、GURPS ウィル・フォルティッスィムスにおいては、種族の選択による修正を加味したうえでの基準値より、さらに2下を下限とします。もし、3以上下げる場合、そのことにより得られるCPのすべてが、不利な特徴を取れる限界に含まれるものとしてください。


身長と体重


 GURPSにおいて、身長と体重はSTの影響を大きく受けます。これは純粋に、力は筋肉量に比例するということを示しており、そのコンセプトはこのウィル・フィルティッスィムスにおいても踏襲されます。
 基本的にはGURPS完訳版20ページサイドバーにある体力から身長と体重を求める表を利用し、その常識の範疇で自由に決めるとよいでしょう。GURPS ウィル・フィルティッスィムスは古代・中世的文明レベルでありますが、身長の計算は現代と同じ基準でよいとします。
 多少のずれはありですが、極端にSTとかけ離れた身長・体重は設定しないでください。それはGURPS ウィル・フィルティッスィムスのコンセプトに外れます。GURPS ウィル・フィルティッスィムスの世界においては、見た目からは想像できないほどの力を保有する、というのは明確に有利な特徴として設定されております(詳しくは追加特徴の項目を見てください)。


技能に使用できるCPと年齢


 GURPS3版においては、これは年齢の倍までと規定されております。GURPS ウィル・フィルティッスィムスにおいてもそのまま適用されますが、寿命の違う異種族を選択する場合、人間換算の年齢ではなく、実年齢で計算してください。
 GURPSにおけるCPはゲーム上における有利不利によって定められます。長い月日を生きることができる、ということは、技能に使えるCPを人間換算してしまうと数十年スパンで時代が移るキャンペーンでもない限り何ら有利な特徴ではなくなってしまうためです。