アニキ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

後輩想いで、何かと面倒見がいいことから福冨君(木ゼミ二代ゼミ幹)についたニックネーム。

 「巣立って行った先輩方にも兄貴肌で弟分思いの人や、決して兄貴肌ではないが、それ以上にも後輩思いかもしれない人達がいた。」(「ゼミにおける先輩・後輩感」『創』十号)福冨君自身が語っていることから推測して、兄貴肌の先輩に可愛がられ、鍛えられることで、自ら後輩を持ち先輩となったとき、図らずもアニキとしての資質が花開いたのではないだろうか。