「宅急便です。」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

連絡のとれなくなったゼミ生宅を訪ねる際に用いられる、魔法の言葉。
どれほど外界との接触を遠ざけているゼミ生にも玄関を開けさせることができる。

しかし間違って頂きたくないのは、この言葉が決して
「騙してやろう。」とか、「罠にかけよう。」といったよこしまな考えではなく、
「また一緒にゼミ活動をしたい!」という真摯な想いから発せられるという事である。

だから、万が一あなたが玄関を開けて見た顔が、
これ以上ないほど楽しそうに歪んでいたとしても、それはご愛嬌である。

(文責:中村)