Subversion


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Subversionのインストール

1. subversionのダウンロードとインストール

最新版をダウンロード & インストール

2. リポジトリの作成

リポジトリ用のディレクトリを作成

$ mkdir c:\svn\repos

リポジトリを作成

$ svnadmin create c:\svn\repos

3. サーバーの設定

リポジトリを作成したフォルダの中のsvnserve.confとpasswdをいじる。 authzは使い方がまだよく分からない。

svnserve.conf

anon-access = none
auth-access = write

password-db = passwd

passwd

ユーザー名 = パスワード

4. subversionをサービスに登録

sexe を使う。 (参考: http://nearmonologue.jugem.jp/?eid=86)

プログラム名 subversionのインストール先¥bin¥svnserve.exe
起動時オプション -d -r c:\svn (リポジトリ用の1つ上のディレクトリ)
サービス名 Subversion (分かりやすければ可)

リポジトリを複数作る場合に、リポジトリ用の1つ上のディレクトリを -r で指定すると後々便利。

5 sshでポートフォワーディング

ローカルの3690ポートをリモートの3690ポートへポートフォワーディング。
直接サーバーにアクセスできるなら不要。

6 ファイアウォールの設定

外部からアクセスできるようにする。


TortoiseSVNで使う


Eclipseで使う

1. subvsersiveをインストール

http://eclipsewiki.net/eclipse/?Subversive%A5%D7%A5%E9%A5%B0%A5%A4%A5%F3

2. リポジトリにインポート

http://www.atmarkit.co.jp/fjava/rensai3/eclipseplgn15/eclipseplgn15_2.html

・注 リポジトリURLには「svn://サーバー/リポジトリへのパス」を指定する。
ポートフォワーディングしているならサーバーはlocalhost。
サービスとして起動する際に -r でルートディレクトリを指定しているなら リポジトリへのパスはルートディレクトリからのパス (リポジトリの1つ上のディレクトリをルートにしておくとリポジトリ名だけで良くなる)を指定する。


Visual Studioで使う

AnkhSVN http://feedtailor.jp/oishi/2007/03/visual_studiosubversion_1.html


いろいろ参考


svn:ignoreについて

svn:ignoreはリポジトリと同期したときにバージョン管理していないファイルをaddしないようにするためのものであって、 modifiedを出さないようにするものではない。

なのですでにバージョン管理してしまっているファイルをignoreさせたかったら一旦リポジトリからdeleteし、 svn:ignoreを追加した上で新たにプロジェクトに追加する。


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|