C++ > STL > string


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヘッダファイル

#include <string>

代入

=を使うとstring、C文字列、char を代入できる。

string dest;
string src;
char *c_str = "hoge";
char c;
 
dest = src;
dest = c_str;
dest = c;

assignは=と少し使い勝手が違う。

string dest;
string src;
char *c_str = "hoge";
char c;
 
// C文字列を代入
dest.assign(c_str);
 
// C文字列の先頭から n 文字代入
dest.assign(c_str, n);
 
// pos 文字目から n 文字代入 (省略時: pos=0、n=str.size())
dest.assign(src, pos, n);
 
// n 個の char を代入
dest.assign(n, c);
 
// InputIteratorで初期化
dest.assign(itr_first, itr_last);

追加

 += を使うと楽。

string dest;
string src;
char *c_str = "hoge";
char c;
 
dest += src;
dest += c_str;
dest += c;

appendは+=と使い勝手が違う。

string dest;
string src;
char *c_str = "hoge";
char c;
 
// pos 文字目から n 文字追加 (省略時: pos=0、n=src.size())
dest.append(src, pos, n);
 
// C文字列を追加
dest.append(c_str);
 
// C文字列を先頭から n 文字追加
dest.append(c_str, n);
 
// n 個のcharを追加
dest.append(n, c);
 
// InputIteratorから追加
dest.append(itr_first, itr_end);

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|