略語


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


A

ACK (ACKnowledgement)

確認応答

AODV (Ad hoc On-Demand Distance Vector)

http://dailyblog.justblog.jp/blog/2007/11/aodv_3eff.html#more


B

BER (Bet Error Rate)

BO (Back-Off)

CSMAでDIFS経過してもチャネルがアイドルだったときに、 実際に送信を開始する前に待つ時間(ランダム)
http://www.isc.kyutech.ac.jp/kouhou/kouho16/wireless/2-3.html


C

CBR (Constant Bit Rate)

CR (Corrective Retrospection)

おそらく造語
Collective Retrospection(集団回顧)とかけてる?

CSMA (Carrier Sensing Multiple Access)

http://www.katayama.nuee.nagoya-u.ac.jp/~okada/works/packet/node5.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/CSMA/CD
http://ja.wikipedia.org/wiki/CSMA/CA

CST (Carrier Sensing Threshold)

CTS (Clear to Send)

受信準備完


D

DIFS (DCF Inter-Frame Space)

送信時にチャネルがアイドル状態とみなすための監視時間
http://www.isc.kyutech.ac.jp/kouhou/kouho16/wireless/2-3.html

DPSK (Differential Phase Shift Keying)

差動位相偏移変調
http://e-words.jp/w/DPSK.html


E

EIFS (Extended Inter-Frame Space)

無線チャネルの使用状況がビジーで、かつビジーの原因となったフレームが エラーと検出された場合には、DIFSの代わりにEIFSが使用される
http://sun.qee.jp/mtech/modules/xfsection/article.php?articleid=86

L

LS (Lazy Event Scheduling)

おそらく造語

LSCR (Lazy Event Scheduling with Corrective Retrospection)

おそらく造語


I

IEEE 802.11 DCF (Distributed Coordination Function)

自立分散制御
CSMA/CA を使用
http://www.isc.kyutech.ac.jp/kouhou/kouho16/wireless/2-3.html

IEEE 802.11 standard

MAC層でCSMAを使う
http://ja.wikipedia.org/wiki/IEEE_802.11

IFS (Inter-Frame Space)

送信を禁止するフレーム間隔


P

PDF (Probability Density Function)

確率密度関数

PDR (Packet Delivery Ratio)

PER (Packet Error Rate)


R

RTS (Request To Send)

送信要求


S

SINR (Signal to Interference plus Noise Ratio)

Interference: 干渉


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|