※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


抵当基本

抵当関連の記号は全て 「m」 *1 で統一する(Mortage[抵当]の略)

・抵当からの出し入れ

抵当に入れる時は 「##-m」 (##は抵当に入れる物件。マス目でもカラーグループでも)と、
抵当から戻す時は 「m-##」 と記録する。
※例:
(1) B:ボードウォーク(39)を抵当に入れる
(2) C:グリーン3枚を抵当から戻す
Player ・・・ Action
(1) B ・・・ 39-m
(2) C ・・・ m-Gr*3

何か抵当に入れてその資金で別の権利書を抵当から戻す(通称せんべい返し)は、
「##-m-$$」とまとめて記録する。
※例:
D:ショートライン鉄道(35)を裏にして、$10追加してリーディング鉄道(05)を表
Player ・・・ Action
D ・・・ 35-m-05
*2

抵当物件の交渉

抵当に入れたまま交渉で扱う場合、「##m」と記入して抵当に入っていることを明記する。
カラーグループの場合も同様。
カラーグループの一部だけ抵当に入っている時は、抵当物件を括弧書きで追記する。 *3
(どこが抵当になるかはっきりしない時と、当該カラーグループの全物件が抵当の場合は略式で記入) *4
※例:
A<B「 2枚裏の4鉄 を出しますので裏オレンジ3枚下さい」
Player ・・・ Action
A<B ・・・ RR*4(2m) = Or3m
※記述ミス修正。×RR(2m)→○RR*4(2m) 2015/02/11