※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


使用するボードによってルールが異なる部分や協会ルールの変更・大会オリジナルルールといった、
推移を再現する際に注意が必要な点についての補足説明。
基本的には日本モノポリー協会公式ページ内にある「日本モノポリー協会ルール*1」に準拠し、
それと異なる点についてのみ列記する予定。

使用ボードの変更に伴う記録ルールでの注意書き

・通貨単位・物件名

記録時にドル変更。

・物品税(Luxury Tax)

支払った金額を初回のみaction欄に記録する*2
表記が無い場合*3は一律$75で計算。

・オペラ等のカード

action欄に移動額を記載。特別な注意書き等は不要。

協会ルール変更への対応

・家競売時の建設価格

旧ルールでのゲームの場合は、記録の外・所感欄にて最初に説明する。
記録中関連する箇所には、etc欄に赤字で旧ルールであることを記載する。*4

+補足説明
家の競売において建てたい土地での定価以下で落札してしまった場合...
旧ルール 落札額で家を建設することが可能。*5
現行ルール 落札を保留してさらに競売を継続し、定価以上の金額で落札する必要がある。*6

・抵当物件を受け取った際の手数料支払い

旧ルールでのゲームの場合、記録の外・所感欄にて最初に説明する。
記録中関連する箇所には、etc欄に赤字で旧ルールであることを記載する。*7

+補足説明
抵当に入った権利書を他者から入手した場合、抵当価格の10%を手数料として...
旧ルール 銀行に支払わなければならない。手数料の二重払いが起こる可能性あり。*8
現行ルール 支払うことは不要。抵当から戻す際に支払う。*9

大会オリジナルルール

大会に共通するオリジナルルールの場合*10は大会概要の説明欄に、
単発で行われたルールについては所感の欄にその内容を記載する。

権利書の事前購入・事前配布といった短縮ルールの場合は、
ルール欄に概要・プレイヤー欄に入手した権利書を記載する*11