第11話 たたかう善玉菌

あらすじ

 野菜ドロボーの犯人として掲示板に張り出される沢木。これですっかり有名人になったようだ。
 沢木は畜産の授業で飲んだ牛乳でお腹をこわしたらしく、樹先生研究室長谷川に相談するよう勧められる。ついでに及川も長谷川を手伝うよう頼まれる。蛍と美里川浜は教授に連れ立って、先にホルヌッセンへ行った。
 研究室に行った2人はホルヌッセンが何か気になりながらも、まずは沢木の腹痛を相談する。長谷川は自分の飲んでいたカルピスを飲めと勧め、ラクレットを準備しながら乳酸菌について語り出す。
 菌に抵抗を示す沢木だが、ここには発酵モノしかないと怒られ、しまいには菌からも説得されて、仕方なくヨーグルトを食べた。
 長谷川は及川にチーズとレンネットの話をするが、及川は相変わらず除菌グッズにハマっているようだ。結果、除菌のデメリットを説教される。
 準備が出来たのでホルヌッセンへ。放牧場ではホルヌッセン同好会がホルヌッセンを楽しんでいた。
 3人は試合を見ながらラクレットを作る。昼食パーティだ。
 試合が終わり、沢木は教授に同好会の会長である、畜産科の長峰くんを紹介された。彼と握手した手を見ると、大腸菌が。オリエンテェーションでの食中毒の原因は畜産でなく、長峰くんだったのかもしれない。及川に除菌ティッシュをねだるが、さっき長谷川に説教されたので、全部置いて来ていた…。

登場キャラクター

セリフ集

「ホルヌッセンって何ですか?」
 -沢木&蛍&及川
「何言ってんの 乳酸菌なめんじゃないわよ」
 -長谷川遥
「除菌よりうまく菌と付き合って 体を健康で丈夫にすることを考えた方が早くない?」
 -長谷川遥
「畜産が悪いんじゃないな……」
 -沢木直保

感想

  • ラクレット食べてみたいですねー。 それにしても長峰くんは恐るべし。 -- 管理人
    名前:
    コメント: