第18話 春祭

あらすじ

 ある朝、川浜沢木美里を誘いに部屋へ行くと、長谷川さんが美里の膝枕でスヤスヤ眠っていた。
 3日前。沢木が登校すると、入口で謎の覆面達が人数をカウントしている。バイト先に休みの連絡をする生徒もいる。
 そしてN1実験農場でエコ野菜の栽培法の授業を受けていると、突然農志会から「春祭」の開始を告げるアナウンスが入る。
 美里と川浜の説明を受け、学校の独自通貨「校票」を買う沢木と及川。3日は外に出られないことを知り驚いている。
 門には謎の集団が。
 配られた紙風船を頭に付け、春祭を楽しむ沢木達。学生の出店に混じって、樹教授も出店しているのを発見する。
 及川を上手く追いやり、樹教授は意味深に話を切り出す。
 農志会側も夜中から何か攻撃?を開始するようだ。
 教授の話を聞いた男どもは研究室に戻っても悩んでいる。

登場キャラクター

セリフ集

「何も出来ず朝を迎えた俺を笑ってくれ……」
 -美里薫
「いやいやえらかったぞ それは女の形をした爆弾だからな」
 -川浜拓馬
「ヒゲとデブとチビよ 私はさえない男に福音を授ける者だ」
 -樹慶蔵

感想

  • 今回は話の入りのインパクトが凄まじいですね。 -- 管理人
    名前:
    コメント: